TOP >> 世界の深層 >>

石油地政学史② 新型燃料「石油」の登場 - 第一次世界大戦のゲームチェンジ

更新日:石油地政学史② 新型燃料「石油」の登場 - 第一次世界大戦のゲームチェンジ

石油を支配すれば、諸国を支配できる。ヘンリー・キッシンジャー


石油地政学史第1回では、衰退して行くシーパワー大英帝国が、興隆しつつあるランドパワー独露をいかに分断し、戦わせ、第一次世界大戦へ誘い込んだかを取り扱った。

第2回となる本稿では、「第一次世界大戦で 新型燃料 石油が果たした 決定的な役割」について言及する。

  • 本稿の前提となる地政学ハートランド」については別項をご覧頂きたい。
  • 本シリーズでは、ハートランドを巡る近現代史をウィリアム・イングドール氏著書*の助けを借りて早足で振り返ってみた。
  • 本シリーズの一貫したキーワードは「石油」「金融」「ハートランド

*ウィリアム・イングドール氏の著書 - 「ロックフェラーの完全支配 石油・戦争編」。中国で大学の教科書に採用。

目次
石油地政学史② 新型燃料「石油」の登場 - 第一次世界大戦のゲームチェンジ

石炭・鯨油が全盛時代 - 新型燃料「石油」

マシュー・ペリー提督

1853年にマシュー・ペリーが浦賀に来航した理由。その一つは、鯨油を確保する基地を日本国に求めていたからという。

鯨油はローソク、機械油、洗剤などの原料として 米国の近代化を支えた貴重な資源。一方、石油はまだまだ エネルギーとして頼られてはいなかった。

ロックフェラーがスタンダード石油を設立

19世紀の石油事情は、アメリカのペンシルバニア、ロシアのバクーなど 特定地域の岩から滲み出るだけ。黒い汚泥に商業価値があるとの認識は まだなかった。

1870年に米国のジョン・D・ロックフェラースタンダード石油社を設立したが、当時の石油が果たした役割は まだランプの燃料に過ぎなかった。

稀だった石油の重要性に気付く人

カール・ベンツが開発したガソリンエンジン自動車
カールベンツが開発したベンツ・パテント・モトールヴァーゲン


  • 1885年、ドイツのカール・ベンツが ガソリンエンジンで走る自動車の試運転に成功。翌年には特許を取得したが、「馬のない馬車」として奇妙がられていた。
  • 前回記事でも少し登場したが、英国のフィッシャー提督も石油の重要性を察知。カスピ海で石油を燃料にしたロシアの蒸気船を目撃していたのだ。

石炭船と石油船の比較

フィッシャー提督は 重くかさばる石炭でなく、次世代型燃料である石油を利用することで、英海軍の覇権を維持できると考えた。

石油の優位性は明らかだった。

  • 石炭船の排煙は10km先から見えるが、ディーゼルエンジン戦艦からは目立った煙は出ない 
  • 石油船のエンジン重量 = 石炭船の1/3
  • 石油船の燃料重量 = 石炭船の1/4
  • 石油船の行動半径 = 石炭船の最大4倍


第一次世界大戦 開戦前夜 - 1912年の石油事情

1912年の石油事情 - 第一次世界大戦開戦前夜


石炭がまだ大きな役割を果たしていたとは言え、存在感を増しつつあった新型燃料 石油。

そして米国が石油市場の63%を占めていたという点は、世界の行方をやがて米国が握ることを示唆していた。

事実 ドイツの石油市場を、米スタンダード石油系が91%も占めていた意味は大きい。


第一次世界大戦 - 石油の台頭

1914年、第一次世界大戦が開始すると、各国の燃料は石炭から石油へと急激な転換。戦争末期には、イギリス海軍の艦船は4割が石油火力に。

フランス陸軍の変化を例にあげてみるが、トラック、飛行機の保有数量がわずか4年間で600倍以上に急増。石油消費量がどれだけ劇的な変化をしたか想像に難くない。

1914年1918年
トラック110台70,000台
飛行機132機12,000機

フランス軍は 米国へ石油供給を要請

1917年には フランス軍の石油供給が危機に。そこで仏首相クレマンソーは 米大統領ウィルソンに、石油を緊急要請。

石油は明日の戦闘のためには、血液と同じくらい必需品だ。仏クレマンソー首相から
米ウィルソン大統領へ宛てた書簡

フランスの要請に応えたのは、ロックフェラーのスタンダード石油だった。

ドイツ軍の敗因 - 石油供給の断絶

第一次世界大戦におけるドイツ軍の敗因 - 石油供給の断絶

一方、ドイツ軍も石油危機に直面。ロシアのバクー油田を英国が抑え、ドイツの石油供給が断絶。

ドイツの敗戦

石油供給断絶のわずか数週間後、以前には優勢だったはずのドイツは講和を求めることになった。

連合国を勝利に導いたのは石油の洪水だった。英外相カーゾン侯爵

勝利の血液だ。ドイツは鉄と石炭で優位にあると自信を持ちすぎて、我々が優位にあることを十分に計算に入れてなかった。仏元老院議員アンリ・ベランジェ


第一次世界大戦の終了 - 石油時代の到来

英国勝利と米国の台頭

1914年に開戦した第一次世界大戦が 1918年に終了する頃には、石油の重要性を各国が深く認識するようになっていた。

アメリカ台頭の予感

米国が世界に占める石油生産量から、その存在感を増すことは明白。

しかし 米国が世界覇権を握ることになる重要なカギは、石油以外にもう一つあった。英国は第一次世界大戦を始める前に、重要な秘密兵器を確保していたのだ。

それは第一次世界大戦で「英国が勝利したもう一つの決定的な要因」でもあったが、石油地政学史第3回のテーマとなる「金融」だ。



石油地政学史①「石油戦争前夜」 - 英国グローバリズム崩壊〜1914年第1次世界大戦21世紀におけるロシア・ウクライナ危機の正体を知るには、石油という観点も大きなカギとなる。石油を支配すれば

地政学の基礎用語まとめ(ハートランド、リムランド、グレートゲーム 等) - GHQが日本に禁じた学問とは?なぜウクライナ危機は発生したのか? アメリカが日本に軍事基地を置く真の目的は? 地政学は国家安全保障上 戦争ビジネス①金融編 - 「死の銀行家」が戦争を扇動・拡大・長期化!? 戦争はなぜ起こるか?戦争はなぜ起こるのか?中央銀行、通貨発行権、金融ビジネスというタブーから迫ると国際金融資本がネオコン

この記事のまとめ

石油地政学史② 新型燃料「石油」の登場 - 第一次世界大戦のゲームチェンジ
  • 19世紀、新型燃料石油の重要性はまだ認識されていなかった
  • 第一次世界大戦 開戦前の石油シェアは 米国が63%
  • 第一次世界大戦の開戦で、世界は石油の重要性を強く認識
  • 世界最強の陸軍を誇るドイツは、石油供給に支障をきたしたことで敗北へ
ルーク18
ルーク18

三世代家族推進運動の提唱者
「幸せな家庭こそ、最強の国防」が持論。
家庭を幸せに導くアプローチを、様々な観点から世に問う。

環太平洋諸国を巡った青春時代
各国で訪れた孤児院が人生の転機

夢は 世界平和!