TOP >> 社会情勢・世の中 >> 共産主義

今さら聞けないウイグル問題① - 21世紀のホロコーストて本当?

更新日:今さら聞けないウイグル問題① - 21世紀のホロコーストて本当?

ウイグル人の弾圧問題を 耳にしたことがある方は 多いだろう。

「なんだか中国では、少数民族がいじめられているらしいぞ」

「ウイグルには美人さんが多いらしいよ」


これくらいの認識は、筆者を含めた周辺でも一般教養程度にある。

しかし、実際のところはよく知られていない。

同じイスラム教を信仰する中東諸国が、ウイグル人への弾圧を 黙認しているのも 不思議だ。

以下に 概要をまとめてみた。

目次
今さら聞けないウイグル問題① - 21世紀のホロコーストて本当?

ウイグル人とは?

地理:新疆・ウイグル自治区(東トルキスタン)
人口:約1000万人*
言語:ウイグル語(テュルク系諸語)
宗教:イスラム教スンニ派

*ウイグル人口の正確な情報調査は困難で、約2000万人という意見があることも併記しておきます。


(ブログ「台湾は日本の生命線」より)


新疆ウイグル自治区は 中央アジアに位置するため、多様な民族の血が混ざり ハーフ系の美男美女がとても多いことで有名。一般的に、性格は豪放で人懐こく、家族の結びつきも強い。


(秘境の旅写真館より)

どんな弾圧があるの?

最低でも46回に及ぶ核実験

核実験

ウイグル人には告知なし、無断で核実験。使用された核爆発は広島原爆1370発分。異常なガン発生率、奇形児などの甚大な被害が報告されている。

モスクの破壊

敬虔なイスラム教徒である ウイグル人。心の拠り所モスクは、次々と破壊。

ウイグルモスク
美しいモスクは 人類全体の遺産

100万人が思想教育施設(強制収容所)へ

ウイグル人の再教育を名目に、「強制収容所」では洗脳教育が24時間、100万人規模で行われている。「教育内容」はあまりにも凄惨で、倫理に反するためここでは書けない。

ウイグルー強制収容所
(BBCより)

生きたまま臓器売買

ウイグル人から生きたまま、麻酔も使わずに取り出している。当の執刀医エンバー・トーティ氏が、2013年 亡命先のスコットランドで 告発している。


(The Epoch Timesより)


2017年、当局が健康診断と称して、DNA登録を指示。今やウイグルのカシュガル空港には、臓器運搬専用のレーンが設置。共産党の高官や、海外富裕層に販売しているという。


(SAPIOより)

参考:「Bloody Harvest」デービット・キルガー カナダ元国会議員

今の市内は?

監視カメラがビッシリ

テロ阻止を名目に、街中には監視カメラで 死角が一切できないよう設置。監視カメラにはSONY、SHARPの技術が使用されているという。2019年、米国政府は 中国への監視カメラ禁輸措置を発動した。

中国のデジタル技術博覧会で、顔認証技術を適用され、スクリーンに映しだされた訪問客ら=8日、福建省福州市(ロイター)(産経新聞 ロイターより)

孤児が溢れている

ある日突然、両親や親戚が職業訓練所(強制収容所)に連行されることで、幼い子供たちが孤児になっている。幼い子供たちは人身売買、臓器売買のターゲット。

ウイグルー孤児
(BBCより)

経済的差別

ウイグル人は、新疆ウイグル自治区(東トルキスタン)こそ彼らの故郷であるにも関わらず、就職差別に遭う。やむを得ず 当局の一員となって、同胞を監視することもある。心はズタズタだろう。

File:Kashgar Street.jpg
(wikipediaより)

当局員が「家族」としてやって来る

強制収容所へ親や、伴侶が連行されている間に、当局職員が「家族」として同居する。母、娘しかいない女世帯でも、男性職員が同じ部屋で寝るという。

ウイグル族家族の家に中国共産党政府職員がホームステイしている(Human Rights Watch)
(Human Rights Watchより)

「民族浄化」強制結婚

ウイグル人の若い男性は、よく拘束される。正体不明の注射や 薬を飲まされるが、それが交配能力を奪うもの だということは知られている。だが拒否する権利は事実上ない。


一方、美人で知られるウイグル人の若い女性たちは、経済的貧困と「家族の安全のため」、移住してきた漢人と結婚することを余儀なくされている。

ウイグルー強制結婚1

留学生は家族を使って脅迫される

世界に散らばるウイグル人は、家族から帰国を迫られる。通信の背後には共産党員。帰国して、空港で拘束されるウイグル人は 後を絶たない。

ウイグルー千葉在住
(abema.TVより)


国際社会の反応は?

チャイナマネーで各国は萎縮

別記事にある通り、同じイスラム教を信じる国家が中国の肩を持っている。「一帯一路」政策で、多数の国々が経済的誘惑を受け、中国に服従。


サウジアラビアのサルマン国王 (newsweek ロイターより)

日本の人権派は沈黙

日本の学校教育ほど「人権教育」に熱心な国はなく、TV、新聞では政治家、運動家、コメンテーターが、人権を口にしない日はない。にも関わらず、その誰もが ウイグルの人権弾圧には全く触れない。国民も 関心が非常に低い。

日本の 中華系出身 女性政治家(wikipediaより)

サッカー ドイツ代表 エジル選手の声明

エジル
(メスト・エジル HPより)

2019年12月 トルコ系移民出身である エジル選手(アーセナル所属)は、Twitterにトルコ語で胸の内を表明した。しかし 所属する英国プレミアリーグ・アーセナルは、中国の反発を恐れ沈黙。

「コーランが焼かれ、モスクが閉鎖され、イスラム神学校が閉校させられ、聖職者たちが次から次へと殺され、兄弟たちが強制的に収容施設へ送られている。それなのにイスラム教徒たちは沈黙している。」

米国が声を挙げた

トランプ, 代表取締役社長, アメリカ, フラグ, ユニオン ジャック, ドナルド・トランプ, 共和党

トランプ共和党政権は、中国への対決姿勢を明確にしている。ウイグル弾圧も糾弾。2020年5月14日、「ウイグル人権法案」を上院で可決。

中国との経済関係精算(デカップリング)

アメリカ, 中国, 戦争, アメリカ合衆国, ディスカッション, スキャンダル, 国, パンデミック, 通貨


トランプ大統領が就任してから、米中貿易戦争が世界の注目を集めている。

中国への経済依存が解消されることで、遠慮なく 正義を貫くことができる。

弾圧の理由は?


(AFPより)


では、そんな歌と踊りと酒を愛するウイグル人が、なぜ弾圧をされるのか?

主な理由は、次の3つとされる。


  1. 経済 ---- 天然資源
  2. 世界戦略 ---- 一帯一路
  3. 国内事情 ---- ISテロ防止・少数民族支配

① 経済的理由 - 新疆・ウイグル自治区には膨大な天然資源がある。

1980年代後半に、新疆ウイグル自治区には莫大な量の油田、天然ガスなどが発見された。現在、石油、石炭、天然ガスは中国全体のそれぞれ約30〜40%。中国巨大マネーの重要な柱。


(ブログ 心の時空より)

② 国際戦略 -「一帯一路」構想の拠点

習近平共産党政権が掲げる一帯一路は、現代版「植民地政策」と揶揄される。各国をチャイナマネーで借金漬けにさせて、支配下におくいわゆる「債務の罠」がその実態。最終目的は世界征服。


新疆ウイグル自治区 首府ウルムチは、地政学上 一帯一路の重要な中心軸。
(NHK HPより)

③ 国内政治 - ISなどのテロを警戒

兵士, ミリタリー, アメリカ, 武器, 戦争, 戦う, 防衛, 電源, 操作コマンド, 軍
訓練するアメリカ兵


ISテロ対策が名目では、国際社会も反論が難しくなる。2014年には習近平暗殺未遂と疑われる事例もあった。中国政府は「再教育」を施すことで、「治療」していると弁明。だが中央アジアには、元々 多様な民族と宗教が 互いを兄弟として、尊重しながら共生してきた豊かな歴史があった。


実際には イスラム教の神アラーを崇拝すると、カリスマが失われて困る共産党。また、他の少数民族への 見せしめともされている。

私たちにできることは?

画像1


日本の勇気ある漫画家 清水ともみさんによる作品、「その國の名を誰も言わない」 をご覧になってほしい。


「私たちは歌と踊りを愛する穏やかな民族だった。ただ情報にうとかった。初めは友好的だったのに、気が付いたらこうなっていた。」

「私たちがこのまま全滅しても、決してそれが終わりじゃない。」


皆さんの心は、何と言っているだろうか?

この作品を、ぜひ皆さんの大切な方々に 拡散してほしい。


しかも実は、次に日本国が狙われているのを ご存知だろうか?

ウイグルだけでなく、もう私たちの問題でもある。

画像
沖縄におけるデモ行進での衝突(シーサー平和運動より)


同胞であるイスラム諸国を始め、国際社会に見捨てられているウイグル。せめて同じ時代に生きる人類の兄弟として、私たちはこの現状を家族、友人、知人に伝える必要があるのではないだろうか。


  1. ウイグル問題をまず自分が知ること
  2. 友人・知人・社会に知らせること

私たち一人ひとりの力は、わずかかもしれない。

しかし、小さな石を 一つだけ投げてみてほしい。

その波紋が集まれば、何かが動くかもしれない。

東トルキスタンのお話_c0385678_14052291.jpg
(平成・美しい日本を守る会ブログより)


■ ウイグル問題シリーズ:

今さら聞けないウイグル問題② - どんな弾圧があるの?

今さら聞けないウイグル問題③ - 今の市内は?

今さら聞けないウイグル問題④ - 国際社会の反応は?

今さら聞けないウイグル問題⑤ - 弾圧の理由は?


※ チンギスハンについて触れている箇所がございましたが、歴史的評価がまだ定まらないこともあり、今回の記事中ではいったん該当箇所を削除してあります。ご了承ください。 (2020.6.5)

※ 冒頭の画像を、よりメッセージ性の強いものに変更しました。 (2020.6.6)

この記事のまとめ

今さら聞けないウイグル問題① - 21世紀のホロコーストて本当?

◾️どんな弾圧があるの?

 核実験46回
 思想教育施設
 モスク破壊
 臓器売買ーDNA登録
 出産制限工作
 家族を人質

◾️今の市内は?

 監視カメラがビッシリ
 孤児が溢れている
 経済的差別
 同胞を監視
 民族浄化結婚

◾️国際社会の反応は?

 経済支配で各国は萎縮
 日本の人権派は沈黙
 サッカードイツ代表エジル選手が声明を出した
 米国政府が声を挙げた
 米中デカップリングが進行中

◾️弾圧の理由は?

 経済ー新疆・ウイグル自治区に眠る豊富な天然資源
 国際戦略ー「一帯一路」構想の拠点
 国内政治ーISなどのテロを警戒

◾️私たちにできることは?

 ウイグル問題をまず自分が知ること
 友人・知人・社会に知らせること