TOP >> 家庭円満・家族愛・育児 >> 夫婦関係

夫婦のラブラブ度チェック(診断テスト)&関係改善の方法5パターン

夫婦のラブラブ度チェック(診断テスト)&関係改善の方法5パターン
夫婦のラブラブ度チェック(診断テスト)と、夫婦関係を改善・修復する方法をご紹介します。設問に答えていくことで 夫婦の幸せ度が丸わかりに。

さて「夫婦」というのは 実に山あり谷ありです。幸せを感じたかと思えば 逆に一番のストレス源となり、仮面夫婦や別居・離婚に陥るケースすらも…。

日本では今や 三組に一組が離婚するという非常事態。最も身近な「人生のパートナー」だからこそ、"夫婦の関係性" を改善するのは努力が必要です。


冷え切った夫婦関係であっても「客観的に捉え専門的に対処」することで、修復を図ることが可能。

  • せっかく結婚したのだから、幸せな結婚生活を送りたい。
  • いつまでも円満な夫婦でいたい。

そのために、本稿では まず「夫婦のラブラブ度」診断チェックを通し、夫婦の現状を5段階で評価。

その後、それぞれの段階に合った夫婦関係の改善策を提示し、より上のステージを目指すアドバイスを行います。


夫婦関係の診断テスト(ラブラブ or 仮面夫婦?)

では早速、夫婦関係の診断テストをやってみましょう。

選択肢の中から ご自身に最も当てはまるものを選んでください。

夫婦喧嘩について

夫婦喧嘩では感情的になることが多く、キツイ言葉の応酬になる。
夫婦喧嘩をしても感情的にならず、冷静に話そうとする。
そもそも、夫婦喧嘩をほとんどしない。

夫婦喧嘩からの仲直りについて

夫婦喧嘩をした場合、どちらかが謝るのではなく、時間が経ってうやむやになるのを待つことが多い。
夫婦喧嘩の仲直りは、一方 もしくは 双方が謝罪することが多い。
そもそも、夫婦喧嘩をほとんどしない。

夫婦の愛情表現(ハグ、キス、「愛してるよ」など)について

相手への愛情表現は ほぼしないし、恥ずかしくてできない。
夫婦関係が良好な時には、たまに愛情表現をする。
相手への愛情表現を頻繁にする。

夫婦間のセックス頻度について

セックスレスである。(一ヶ月以上 性交渉が無い)
セックスレス予備軍である。(月に1回~2回程度)
月に3回以上セックスをする。
特別な事情(病気、単身赴任 など)のため、セックスができない。

夫婦間の秘密について

相手への秘密はほぼ無い。
相手へのささいな秘密が1〜2つぐらいはある。
相手には伝えていないこと / 相手が知らないこと が多い。

相手(配偶者)の欠点について

相手の欠点を思い浮かべると、嫌な気持ちになる。
相手の欠点に対して、特に何も感じない。
相手の欠点を微笑ましく感じることも多い。

夫婦間の意思疎通について

相手は自分の気持ちを分かっていない、と感じる。
お互い、それなりに相手の気持ちを理解しあっている。
人生における目標を、夫婦間で共有している。

相手(配偶者)への気持ちについて

相手のことが嫌い。できるだけ顔を会わせたくない。
相手のことが 好きでも嫌いでもない。
相手のことが好き。一緒にいると楽しく、リラックスできる。

夫婦間での思い出について

相手とは、悪い思い出のほうが多い。
相手とは、良い思い出のほうが多い。
どちらとも言えない。

その他

以下に当てはまるもの全てに、チェックを入れてください。

自分たち夫婦はなぜか運が良いと感じる。
相手の意見が自分とは食い違っても、落ち着いて話を聴ける。また、相手の意見の方を受け入れることがよくある。
夫婦関係の愚痴を、第三者に聞いてほしいと強く思う。
お互いに「満足できる性生活」について、正直に話し合うことができる。
相手からの意見やアドバイスは、自分にとって非常に有益だと思う。
相手がいることで活力が湧き、力を得ることが多く、反対に力を削がれることはほとんどない。

診断結果はこちら

あなたはです。※ 診断は100%の正確さを保証するものではありません。


夫婦関係の5段階評価について

「夫婦関係の診断チェック」はいかがでしたでしょうか?

冒頭でもご紹介したとおり、このテストは夫婦関係の現状を5段階で評価してくれます。

  1. 敵対夫婦
  2. 冷戦夫婦
  3. 均衡夫婦
  4. 良好夫婦
  5. シナジー夫婦

数字が大きいほど 夫婦関係がより親密(ラブラブ)。


以下に、夫婦関係における各段階の概要を解説します。

自分に該当する内容だけではなく 他の段階についても読むことで、これから配偶者との関係をどのように改善したいのか? をイメージするのに役立つでしょう。


1.敵対夫婦

「敵対夫婦」は、基本的な信頼関係さえも崩れてしまっている危機的状態です。夫婦関係を改善するには、お互いに適切な努力が必要。

「敵対夫婦」の特徴は、我慢せずに暴言を吐いてしまうこと。本来信頼すべき相手に対して、不信感や敵対感情を抱いてしまっているため、相手の行動全てに腹が立ち、衝突しがちです。

一緒にいるだけで強いストレスを感じ、相手が帰宅する時間帯(または相手がいる家に帰る)には体調不良を起こすことも。つまり夫(妻)の「顔も見たくない」「足音も聞きたくない」という心理状態に陥っています。


夫婦喧嘩では、大抵激しい言い争いになることが多く、言葉の暴力やDVがエスカレート。相手に対する不満から悪態をつく回数が増え「負のスパイラル(悪循環)」に陥っていきます。

また愚痴を聞いてくれる人が現れると、夫(妻)への不満が爆発し、愚痴りまくってしまいます。

就寝時も別室で寝ることが多く、高い確率でセックスレス。夫婦としての機能を何一つ果たしていません。

まずは、夫婦間の基本的な信頼感を回復し、悪循環から抜け出すことが大切です。


■「敵対夫婦」を抜け出す具体的なアドバイスはこちら



2.冷戦夫婦

「冷戦夫婦」は、夫婦間の基本的信頼感が弱まってきており、相手に対して呆れたり諦めている状態です。

一見平穏に見える夫婦関係が 実は冷めきっており、温め直す対策が必須。

「冷戦夫婦」の特徴は、互いに自制心があること。ゆえに、敵対夫婦のような戦争状態にはなりません。しかし、マイナス要素が積み上がり始めているため危険です。


例えば、夫の冗談に対して妻が「は?」…とシラケるなど。素直に笑う気持ちになれません。

夫(妻)に対して多くの不満を抱えており、大抵は我慢してため込んでいます。真面目な話し合いや口論を意識的に避けている状況です(夫婦喧嘩が嫌)。

そのため、夫婦関係に強いストレスを感じており、一人になることでストレス解消を試みます。「あなたはあなたの勝手にしてください。その代わり私も好きにさせてください。」という調子。


夫(妻)に対する愛情表現はほぼ皆無、しても稀です。相手への好感度が薄れはじめているため、とうぜん性生活の頻度も低下(月に一回~二回のセックスレス予備軍)。

セックスでも、相手に対して多くの不満を抱えています。


■「冷戦夫婦」への具体的なアドバイスはこちら


「敵対夫婦」と「冷戦夫婦」の違い

「敵対夫婦」と「冷戦夫婦」の境界は明確ではなく、その中間にいる夫婦も多いはずです。

一応の目安としては、下記を参考にしてください。

夫婦喧嘩

お互いにブレーキをかけない(どこまでも暴言がエスカレートする)のが「敵対夫婦」、ブレーキをかけているけれど 完全には止まらないのが「冷戦夫婦」。

ストレス

頭痛など 体調に影響するほど溜まっているのが「敵対夫婦」、そこまで深刻ではないのが「冷戦夫婦」。

性生活

完全なセックスレスになっているのが「敵対夫婦」、セックスレス予備軍になっているのが「冷戦夫婦」



3.均衡夫婦

「均衡夫婦」は、基本的な信頼関係が存在し、相手への不満と好感が両方存在している状態です。互いに相手を怒らせないよう気遣いながら生活しています。

「均衡夫婦」は、「敵対夫婦」や「冷戦夫婦」とは異なり、問題解決のために夫婦間での話し合いが可能。

ただし、簡単な問題(不満)については話し合えても、相手と衝突しそうな難しい問題に関しては我慢しがち。ゆえに、大きなストレスを抱えてしまっているケースも。


夫婦喧嘩では、できるだけ平静さを保ちエスカレートするのを避けます。大抵は どちらかが謝る形で仲直りしますが、本当の気持ちを伝えきれていないため 夫婦関係に「しこり」が残ることも多々。

「相手に受け止めてもらっていない」「相手を受け止めきれていない」と感じやすいのも均衡夫婦の特徴です。

愛情表現においては、相手の機嫌次第でハグやスキンシップをする日もあります。セックスレスではなく、性生活にはある程度満足。


■「均衡夫婦」への具体的なアドバイスはこちら


4.良好夫婦

「良好夫婦」は、基本的な信頼関係が成り立っており、夫(妻)に対する好感度が高い状態です。

特に、結婚後5年以上が経ち子育てをしているにも関らず「良好夫婦」と診断されたカップルは、非常に優秀。


良好夫婦の特徴は、お互いの欠点に対して寛容であることです。

例えば、夫(妻)の態度に一瞬イラッとしても、すぐにクスッと笑ってしまう可愛らしさを感じます。

夫婦一緒にいることが楽しくリラックスできる時間なため、一緒に出掛けることも多く、よく笑います。「良好夫婦」は基本的に相手のことが大好きです。

たとえ夫(妻)が自分とは異なる意見を持っていても 冷静に話を聞くことができ、快く受け入れることができます。


お互いに相手を喜ばせることで 自分も気分よく生活する知恵を持っています。

夫婦喧嘩の頻度は低く、仮に喧嘩をしたとしても、しこりが残るような事はありません。

むしろ「喧嘩(真剣な話し合い)をした事で、かえってお互いの本音を確認でき、逆に絆が深まった」という経験が多数。


愛情表現は頻繁で、子供たちがいる前でも自然にできます。性生活についても、お互いの気持ちを正直に相談することができるため、満足度が高め。


■「良好夫婦」がさらにステップアップするためのアドバイスはこちら



5.シナジー夫婦

「シナジー夫婦」とは、「良好夫婦」の好循環が さらに高まった状態。夫婦として文句のつけようがない一体感を持っており、抜群の相乗効果で運気が上昇していきます。

「シナジー夫婦」は 基本的な信頼関係が強いことは言うまでもありませんが、お互いに人生の多くの部分に関して しっかりと話し合い共感しています。

「同じ夢を持っている」もしくは「互いの夢が異なる場合でも、相手の夢を全力で応援できる」夫婦。子育てや人生プランについて よく相談できており、夫婦で一緒に目標を果たそうとします。


また、相手を心から尊敬し、相手の考えやアイデアが 自分や家族を素晴らしい方向へ導いてくれると感じています。

「シナジー夫婦」にとって夫(妻)は、最高のアドバイザー。

家庭生活だけでなく 仕事や人付き合いにおいても、自分では気づかない部分を教えてくれる夫(妻)に対し、自ずと感謝の気持ちが生じます。


■「シナジー夫婦」へのアドバイス

・・・はありません。文句のつけようがない完璧な夫婦です! もしよろしければ下記を参考にしてください。

この記事のまとめ

夫婦のラブラブ度チェック(診断テスト)&関係改善の方法5パターン
  1. 敵対夫婦
    夫婦間の基本的な信頼関係すら崩れている状態。暴言・DVがエスカレート、相手の顔も見たくない、ストレスによる体調悪化、長期セックスレス、など。
  2. 冷戦夫婦
    夫婦間の信頼感が弱まっている状態。仮面夫婦、相手への呆れ・諦め、セックスレス予備軍、など。
  3. 均衡夫婦
    夫婦間に基本的な信頼関係が存在し、相手への不満と好感が両立している状態。たまの愛情表現や性生活があり、夫婦間での冷静な話し合いも可能。しかし我慢しがちなため「しこり」が残ることも。
  4. 良好夫婦
    夫(妻)に対する好感度が高い状態。お互いの欠点に対して寛容。愛情表現が頻繁。性生活の満足度が高め。
  5. シナジー夫婦
    お互いへの尊敬・感謝の気持ちと愛情にあふれている。人生の目標を夫婦で共有。自分の夫(妻)が世界最高のアドバイザー。


世界中にラブラブ夫婦がいっぱいになりますように(祈)

夫婦関係改善・修復のお役に立てましたら幸いです。