TOP >> 社会情勢・世の中 >>

赤ちゃん(新生児)をフリマアプリに出品したシングルマザー!? 「正しい性教育・結婚観」について

更新日:赤ちゃん(新生児)をフリマアプリに出品したシングルマザー!? 「正しい性教育・結婚観」について

先日 韓国で発生した、「シングルマザーが、自分の赤ちゃん(新生児)をフリマアプリへ出品」という衝撃事件。

進んだ性教育とは裏腹に、性の乱れを感じさせられるニュースでした。

「正しい性教育・結婚観」とは何か? 今一度考察してみることにします。

目次
赤ちゃん(新生児)をフリマアプリに出品したシングルマザー!? 「正しい性教育・結婚観」について

赤ちゃん(新生児)を出品 → 逮捕までの流れ

生後3日目の新生児が、「養子」という名目でフリマアプリに20万ウォン(約1万8千円)で出品。

約12分間にわたってサイト上に掲載され、その間に閲覧者から運営へ抗議が殺到。

直後に逮捕された人物は、済州島に住む実の母親(27歳・未婚のシングルマザー)でした…。

事件を起こした経緯

出産直前に妊娠に気づいたという女性。産後すぐに「養子に出したい」と病院や該当機関に相談したといいます。

しかし「7日間の猶予期間を与えるので、よく考えてみるように」と諭され、その言葉に腹が立ち 衝動的に出品した、とのこと。

現在は母子ともに保護され「公共の産後病院」に滞在中です。


この衝撃事件は、オンライン・ママコミュニティを通して あっという間に韓国全土へ拡散。

とくに(新生児をフリマ出品した)母親に対する責任追及の声が、高まっている状況です。


・・・しかし私は、母親だけを非難することに違和感を覚えます。

本当に彼女一人の責任なのでしょうか?

STOP育児放棄! 事件の原因と再発防止

  • 何が原因で起きた事件なのか
  • 再発防止をするにはどうすべきか

という点について、筆者の率直な思いを3つ挙げてみます。

① 女性が自身の「女性性」を取り戻すこと

事件を起こした女性が「臨月まで妊娠に気づかなかった」という点から、女性自身が自らのカラダと向き合う姿勢が必要だと感じました。

現代女性は自身のカラダに対してあまりにも無頓着・無関心。普段と異なる違和感を すぐに察知していたならば、別の対処法を考える事ができたかもしれません。

若いうちから自らのカラダと向き合い、違和感を見逃さない努力が必要でしょう。


参考記事:

『オニババ化する女たち』のネタバレ(あらすじ)と感想 - 女性のオス化で母性が消える!?2004年ベストセラーの「オニババ化する女たち」のレビュー記事です。あらすじ(ネタバレ)と感想を

② 性パートナーを選ぶ際は慎重に

この事件には父親が登場しません。つまり 責任感のある男性が性パートナーではなかった可能性が 極めて高いと推測できます。

性行為というのは、子供ができる可能性を秘めているもの。本来ならば その行為が許されるのは「命に対する責任」をとれる年齢、「成人」していることが第一条件です。


そして、事件を起こした母親は27歳。思春期の少女ではなく立派な大人でした。

しかし「妊娠したことを言えないような男がパートナーだった」のです。

この事実からも分かるように、特に女性は「性パートナー」を安易に選んではいけません。

その理由は、無責任な男性から「女性自身の健康と人生」を守るためなのです。


参考記事:

女性にヒステリーが多いのは「子宮の病気」が原因!? 治療法などを解説なぜごく普通の女性たちがオニババ化(ヒステリー)してしまうのか? その原因は

③ 妊娠・出産を社会全体の責任として捉える

事件に対するネット上の書き込みを見ていると、ほとんどの人が「淫らで無知な女性個人の過ち」として非難をしています。

本当に女性個人の問題なのでしょうか? 子供は決して女性一人では作れません。

男性側にも責任があり、このように愚かな行為をする女性に育てた 学校教育や社会全体にも責任がある と筆者は考えます。

家庭内での「正しい性教育」が必要

フェミニズム論者たちは、この事件を通して さらに教育現場での過激な性教育*を促進し、未婚女性(既婚女性含む)の地位向上を訴えることでしょう。

昨今 韓国で争点となっている、中絶手術の合法化*も進めてくるに違いありません。


* 過激な性教育 - セックスと避妊の方法、性病予防の知識を重視した性教育

* 中絶手術 - 現在韓国では、限定的に合法(基本的には違法)


しかし避妊教育の促進や中絶の合法化が、こうした問題の解決に繋がるでしょうか?

むしろ、尊重されるべき命や夫婦の愛情、子供たちが安心して育つことのできる「家庭の価値」を無視した、「肉欲中心の性」を浸透させるだけのように思えてなりません。


現代社会において必要なのは、家庭内で行う正しい性教育です。

以下のリンク先では、天才集団として名高いユダヤ人たちが行っている、「家庭内 性教育」の様子をご紹介しています。ぜひご覧ください。

性のタブー視はNG! ユダヤ教徒から学ぶ「家庭内での性教育」が必要な理由とは?ユダヤ人の親が子どもに継承し続けてきた本当の「性教育」について

不幸中の幸い

事件を起こした20代シングルマザーの行動を、同じ母親として客観的に分析するならば…


予期せず出産を迎える

人生が狂ったと感じる

産後のホルモンバランスの乱れ

子供を出品という突発的な行動に


はじめての出産・育児は、まともな家庭(夫婦がそろっており、経済的・精神的支援がある)であっても「戦争状態・パニックの連続」です。

何の準備もなく母親になってしまったならば、児童虐待や自殺などを考えても おかしくありません。

一歩間違えば 悲惨な結末を迎えていた可能性を思えば、早く保護されて幸いだったともいえます。


  • 事件にあった赤ちゃんが、温かい家庭に迎え入れられ、すくすくと育つこと
  • 事件を起こした母親が、女性としても人間としても、さらに成長してくれること

を、願ってやみません。

【お知らせ】Amazonで電子書籍を販売中です。

ユダヤ式英才教育ユナママ
ユダヤ式英才教育ユナママ

東京都出身、在韓歴21年目の日本人。家族構成は、夫(韓国人)と3人の子供たち。韓国の大学を卒業後、米国語学留学。USCPA(米国公認会計士)試験に合格し、英語・韓国語・日本語を生かして韓国大手会計法人にて勤務。米国滞在時より世界の経済を牛耳るユダヤ人には興味があった。第2子を出産後、本格的にユダヤ式英才教育を学びたいと思い、韓国ハブルータ教育協会にて、父母教育&読書討論指導過程を修了。現在は、韓国人&在韓日本人ママ向けに、ハブルータ読書討論コーチ・父母教育講師として活動中。

〇 メッセージ 〇
「我が家に最適な育児法とは?」という悩みを数年間 抱き続け、様々な教育方法を学んでいた2014年に「ユダヤ式家庭教育法」に出合いました。それ以来、育児の指針となったユダヤ式教育と、学力だけでなく豊かな人間性を育てることができる「ハブルータ」の虜に。
(ハブルータ:ユダヤ式1対1質問討論学習法 & 読書討論法)

この素晴らしい教育法を広めるべく、この度 インターネット上でも執筆させていただく事となりました。ぜひ一人でも多くの親子が、幸せで豊かな人生を送るお手伝いができれば幸いです。