TOP >> 世界の深層 >>

死の商人ザハロフ - 両建て作戦で大儲けしたグローバリスト

更新日:死の商人ザハロフ - 両建て作戦で大儲けしたグローバリスト

第一次世界大戦における カリスマ的死の商人 バジル・ザハロフ。連合国とドイツの双方に武器を大量販売し、戦火拡大と長期化に成功。

映画007に登場する悪役ブロフェルドのモデルにもなったザハロフ。その破天荒な人生は、戦争のリアルな姿を知る上で 非常に興味深い。

目次

ザハロフ:破天荒なプロフィール

死の商人バジル・ザハロフ
「神秘の男」バジル・ザハロフ wikipediaより


本名ザカリアス・バジレイオス・ザハリアス
生死1849〜1936年
国籍オスマン帝国、ギリシャ、フランス
職業武器商人、慈善家


6歳で売春宿の客引きを始めたというザハロフ。青年期までは放火、強盗、殺人、横領、詐欺、売春宿経営など犯罪のグランドスラムを達成。

絵に描いたような不良、いや極悪人だ。強烈なキャラクターゆえ、多くの映画・小説・漫画に登場。

007悪のボスと白いペルシャ猫

黒幕のボスが 膝上に白いペルシャ猫を抱いて登場するキャラクターは、007の悪役ブロフェルドが元祖。そのモデルがザハロフとされる。

謎の男

やましい過去の多いザハロフ自身が 経歴を隠したこともあり、通称「ヨーロッパ謎の男」。

不明な点が多く、出生年は1849、50、51年のいつかも正確にはわからない。

生粋のグローバリスト

出生地もオデッサ、コンスタンチノープルなど諸説ある。出自の噂もロシア人、ロシア系ギリシャ人、ユダヤ系など様々。教育はパリ、ロンドンなどで受けた。

こうした複雑な出自の影響で、ザハロフはコスモポリタン(デラシネ:根無し草)であった。つまり、今で言うグローバリスト

アイデンティティが定まらない一方、金のためなら いずれの国家権力とでも交渉できる才覚を得たとも言えるだろう。

欧州指導者たちとの太いパイプ

  • イギリス
    - ロイド・ジョージ首相
  • フランス
    - クレマンソー首相
  • ギリシャ
    - エレフテリオス・ヴェニゼロフ首相
  • オスマン帝国
    - アブデュル・ハミド2世(スルタン)

日本との関わり

ザハロフは日露戦争でも両国に武器を販売。

  • 日本はザハロフのヴィッカース社へ、軍艦三笠の製造を発注。日本海海戦の旗艦として、ロシアバルチック艦隊撃破に貢献。
  • ヴィッカース社は、第2次世界大戦で活躍した軍艦金剛も受注。

ザハロフ:武器商人になる

戦争と子供

当初、売春宿の経営者であったザハロフ。貿易商である叔父の仕事を手伝っていたが、横領が発覚。ロンドンで裁判に問われ、逃げるように再びアテネへ。

武器商人へ転職

当時24歳のザハロフ。そこで後に第36代ギリシャ首相となる スコロウディスと運命的な出会いを果たす。

天才的な外交センスを評価されたザハロフは、スコロウディスの推薦で 武器商社ノルデンフェルト社に入社。

早速 商才を発揮し、当時はまだ珍しかった潜水艦をギリシャに販売。さらには、そのギリシャと対立していたオスマン帝国への販売にも成功。

詐欺行為でのし上がる

ザハロフが次に目をつけたのは、世界初の自動式機関銃であるマキシム機関銃。早速、発明者であるハイラム・マキシム本人に接近。

ところが、マキシム機関銃のデモンストレーションは 何度も失敗。ザハロフの工作だった。

マキシム機関銃が売れなくなり、弱ったところにつけ込む作戦だ。目論見通り、ノルデンフェルト社とマキシム社の合併に成功。

ザハロフは 世界中にマキシム機関銃を売りまくった。

M&Aでヴィッカース社へ

さらに同社は、巨大軍事企業ヴィッカース社*に買収された。ヴィッカース社の大株主はロスチャイルド銀行**

倫理観を持たない天才ビジネスマンが、よりによってロスチャイルド銀行傘下の武器商社へ。ヨーロッパ人にとっては悪夢のような出会い。

* 現在はGE、BAE、ゼネラルダイナミクス等に買収合併済。

** N・M・ロスチャイルド&サンズ銀行が、ヴィッカース・サンズ&マキシム社設立時の新株を発行。

戦争ビジネス①金融編 - 「死の銀行家」が戦争を扇動・拡大・長期化!? 戦争はなぜ起こるか?戦争はなぜ起こるのか?中央銀行、通貨発行権、金融ビジネスというタブーから迫ると国際金融資本がネオコン

英国のロスチャイルド人脈

エドワード7世


当時の英国王エドワード7世の側には、しっかりとロスチャイルド家が控えていた。

  • エドワード7世
    - ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世、ロシア皇帝ニコライの叔父
  • ローズベリー首相
    - ハンナ・デ・ロスチャイルドの夫
  • ナサニエル・ロスチャイルド
    - 初代ロスチャイルド男爵、エドワード7世の同級生・親友
  • アーネスト・カッセル卿
    - エドワード7世の財政顧問・親友、ヴィッカース・サンズ&マキシム社買収設立、ロスチャイルド傘下ゴールドシュミット商会最高幹部


『ザ・ロスチャイルド』林千勝氏 決意の出版! 近現代史200年が覆えった!混迷極める世界で今何が起きているのか?近現代史研究家 林千勝氏がついに決意の出版!国際金融資本200年の歴史が今

ザハロフ:死のカルテル結成

いよいよザハロフによる魔の手が、ヨーロッパ各国の指導者たちに及び始めた。

妻を使い、英国首相をハニートラップ

英首相ロイド・ジョージ
英首相ロイドジョージ(wikipediaより)


まず ザハロフは自身の妻を使い、英国首相ロイド・ジョージをハニートラップの餌食に。

早速、ロスチャイルド銀行が英国公債を買う条件として、その50%を武器購入に充てることを約束させた。

ザハロフにかかれば、真面目な政治家や官僚たちを 次々ハニートラップにかけるのはお手のもの。ロイド・ジョージは生涯 ザハロフの言いなりであったという。

民主主義システムは、政治家を金と女で籠絡させれば支配できることが、この事例からよくわかる。

ヴィッカース社は欧州第4位の軍需企業に

その後もザハロフは 欧州各国へ武器販売の契約を いくつも取り付け、ヴィッカース社を世界第4位の巨大軍需企業に成長させた。

ただし欠陥品、粗悪品を売りつけることも 多かったと言う。

死のカルテル

ザハロフの暗躍で ヨーロッパの武器商社が、敵味方の区別なく資本関係を締結。国境を超えた情報、商品の融通をしあえる体制が整った。

死のカルテル結成

  • 英 - ヴィッカース&マキシム社
  • 仏 - シュナイダー社
  • 露 - プチコフ社
  • 独 - クルップ社
  • 墺 - スコダ社


ザハロフ工作① 第1次世界大戦を演出

第一次世界大戦関係図


ザハロフが武器商人たちと死のカルテルを結成させたことで、あとは大戦争を起こせば大儲けする準備が完了。

プロパガンダ開始

ヨーロッパ中で戦争を煽るプロパガンダが開始。戦争世論が形成され、各国の軍拡予算が議会を通過。

  • ドイツ
    → ロシア、フランスの軍備拡張を誇大報道
  • ロシア・フランス
    → ドイツの軍備拡張を誇大報道
フェイクニュースの事例と対策・見分け方 -『偽旗作戦』ナイラ証言・湾岸戦争・フランス革命・911テロ15才少女ナイラの涙でアメリカは湾岸戦争へ突入を決断した。しかしそのナイラ証言は全部ウソだったことをご存知だろうか?いわゆる「偽旗作戦」は人類を

開戦後もプロパガンダを加速

第一次世界大戦の開戦に成功してからも 手を緩めない。

フランスのパリ・ユニオン銀行の大株主であったザハロフ。エクセルシオール紙を買収。戦火をさらに煽るプロパガンダ。

各国に工作 → 戦火拡大

私が戦争を起こしたのは、両側に武器を売れるようにするためだったザハロフ


中立国ギリシャの国王はドイツ皇帝の義理の弟。それを退位工作で追い込み、ギリシャを戦争に誘導。

一方、トルコでは銀行を買収。ヴィッカース社の子会社も設立。ザハロフは隣国同士であるギリシャ、トルコ双方に武器を販売。


ザハロフ工作② 戦争の泥沼化・長期化

ザハロフの第一次世界大戦工作


  • ドイツ側の軍事会議にも潜入
  • 連合国側の和平会議にも必ず出席し、豊富な情報で和平案を封殺


双方の戦略がザハロフには筒抜け。和平を握り潰すのは容易かった。またザハロフは、長期戦で厭戦気分が出るたびに新聞を利用し、主戦論で鼓舞。

善良な国民の愛国心ですら 戦争ビジネスに利用。

ザハロフ邸で国家元首が会談

各国の指導者たちは、死の商人ザハロフのコントロール下。ザハロフは戦争そのものを管理。

連合国側の三巨頭はザハロフ邸で会談したという。

  • 米 - ウィルソン大統領
  • 英 - ロイド・ジョージ首相
  • 仏 - クレマンソー首相

ドイツ側にも影響力

ザハロフは武器商人仲間であるドイツ・クルップの親友であったのはもちろん、ナチスの資金調達も援助したという。

両建て作戦

まず左翼からはじめて、それでもし必要とあれば、右翼に働きかける。梯子を昇らせてくれた恩人を梯子から突き落とすことも、時には必要だということを忘れるな。バジル・ザハロフ


今でいうグローバリストであったザハロフ。特定の国家への愛情は持たない。冷酷に両者の戦争を煽り、管理した。

ディープステートの戦略①『両建て作戦』 - ネオコンも共産主義もDeepStateが産みの親?ディープステートの手口①『両建て作戦』について解説。左右に武器を販売。なんと東西冷戦ですら彼らの茶番

ザハロフ工作③ 絶対に攻撃されない兵器工場

第一次世界大戦で絶対に攻撃されなかった兵器工場


林千勝氏によれば、ザハロフは「交戦国が互いに兵器を供給しあうメカニズム」を構築。

例えば、ドイツ、フランスの国境付近に位置するロレーヌ地方の大兵器工場。双方から争奪の的であったにも関わらず、一発たりとも被弾しなかった。

ドイツ占領中はドイツ軍に、フランス占領中はフランス軍に兵器を無事に供給したという。

独仏で共有?した製錬所

第一次世界大戦で絶対に攻撃されなかった製鉄工場


同じく独仏国境近くにあった製鉄所。戦争の行方を決定する重要な工場であったが、なぜかフランスは開戦とともに放棄。ドイツ軍に手渡した。

交戦中であるにも関わらず、ザハロフの仲介で独仏両国がこの製鉄所の譲渡協定を締結。同工場はドイツ・クルップ社の大砲となる鉄を製造。終戦まで無傷だった。

第一次世界大戦中のドイツ・フランス間には、この類のエピソードがいくつもあるという。

第1次世界大戦の結果

従来の戦争では戦火そのものよりも、病死するパターンが多かった。第1次世界大戦では、兵器の大幅な進化により、死者数1600万人に及ぶ悲惨な結末。

  • 欧州各国の指導者たちは当初数ヶ月で終戦するつもりが、4年かかった。
  • 各国の兵器会社はいずれも記録的な利益を獲得。莫大な配当を実施。
  • ヴィッカース社は世界一の軍事企業に成長。

各国がザハロフに授与した勲章

ギリシャの救世主勲章
救世主勲章(ギリシャ)


欧州大戦の父」ザハロフには31ヵ国から298の勲章*。英国ではバス勲章とともに「サー」の称号も授与。ザハロフ卿の誕生。

  • フランス - レジオンドヌール勲章
  • イギリス - 大英帝国勲章
  • ギリシャ - 救世主勲章


ギリシャの勲章名には、読者諸氏から多くのツッコミが入ることだろう。

未だに開戦の原因不明

第1次世界大戦の正確な原因は現在でも不明。一般的には、オーストリア皇太子暗殺が挙げられる。しかし当時において実際のところ、要人暗殺は珍しいことではなかった。

世界が戦争したのに、原因不明という謎。

一体何のため、誰のための戦争だったのか?

こういう時は、誰が一番得をしたのか? を考えてみるとよいかもしれない。

ザハロフの最後

  • 米国ナイ委員会に召喚。潜水艦の取引で巨額の利益を得たことが判明。
  • ロイド・ジョージの失脚で、ザハロフ自身も英国議会に召集。悪事が世に知られ、自身も引退を決意。

回想録を焼却処分

ザハロフ回想録は焼却

事業を精算後に取り組んだのが、回想録の執筆。回想録は一時 召使いから盗難に遭ったものの、警察の協力で取り戻した。

しかし、なぜか自身の手で焼却処分。回想録の内容は、世界権力者たちの暗部を暴露するものだったとか。


ザハロフ日記の争奪がテーマである漫画「ザハロフの晩餐

寂しい晩年

ザハロフ自身は 隠棲先のモナコで死亡。晩年に再婚はしたものの、あまり友人と会うこともなく、一人で過ごすことが多かったという。

裁判で争った息子には、財産を一切相続させなかったという話もある。

グローバリズムという唯物思想、拝金主義者のむなしい最後。グローバリズムは世界を幸せにしない。金儲けできた死の商人ですら。

戦争の正体

私たちにできることは、戦争の本質を見抜き、広く知らせること。

戦争はビジネスであり、ザハロフのような死の商人たちが戦争を煽ってきたのだ。これを人々が理解するだけで大きな抑止力となる。


戦争ビジネス①金融編 - 「死の銀行家」が戦争を扇動・拡大・長期化!? 戦争はなぜ起こるか?戦争はなぜ起こるのか?中央銀行、通貨発行権、金融ビジネスというタブーから迫ると国際金融資本がネオコン 戦争ビジネス②軍需産業編 - 「死の商人」独り勝ち!? 戦争はなぜ起こるか?死の商人による戦争ビジネスこそが戦争勃発の原因であることが、ナイ委員会で判明。ネオコンブッシュ政権 「戦争民営化」- 民間軍事会社(PMC:戦争代行業)は新世界秩序への布石か?戦争は民営化され、今や戦争代行業というサービス産業化。しかし民間の軍事会社が成長を続けると、やがて近い将来 ディープステートとは? トランプ演説による「世界とアメリカを牛耳る裏の支配者」について世界とアメリカの裏の支配者ディープステートとは? 左派ユダヤのグローバリストがFRB、中央銀行を操作する本物の錬金術とは?ケネディ、リンカーン暗殺の理由とは? トランプ大統領の

この記事のまとめ

死の商人ザハロフ - 両建て作戦で大儲けしたグローバリスト
  • 死の商人バジル・ザハロフの本質はグローバリスト
  • ロスチャイルド銀行傘下のヴィッカース社を世界一の武器商社にした
  • 各国指導者を金と女で手懐け、ヨーロッパを第一次世界大戦に誘導
  • 4年間の戦争で死者1600万人の一方、武器業界に空前のバブルを演出
  • 両建て作戦(日露、仏独、希土)が得意
ルーク18
ルーク18

三世代家族推進運動の提唱者
「幸せな家庭こそ、最強の国防」が持論。
家庭を幸せに導くアプローチを、様々な観点から世に問う。

環太平洋諸国を巡った青春時代
各国で訪れた孤児院が人生の転機

夢は 世界平和!

お金と悪魔(ためになる感動的なお話)

HOTNEWSの オリジナル短編小説です。