TOP >> 社会情勢・世の中 >>

黒い闇『北朝鮮拉致に協力した日本人グループ』 横田めぐみさんをはじめ拉致被害者問題の解決方法は?

更新日:

拡散応援希望

黒い闇『北朝鮮拉致に協力した日本人グループ』 横田めぐみさんをはじめ拉致被害者問題の解決方法は?

北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父親・横田滋さんが、2020年6月5日に 他界されました(享年87歳)。

横田滋さんは生前 40年間以上に渡り、拉致被害者の救出活動を継続。

本稿では北朝鮮の拉致問題についてお伝えいたします。

目次
黒い闇『北朝鮮拉致に協力した日本人グループ』 横田めぐみさんをはじめ拉致被害者問題の解決方法は?

トランプ大統領:2017年の国連演説で 横田めぐみさんを言及

日本の愛らしい13歳の少女が、自国の海岸から拉致され 北朝鮮のスパイ(養成機関)の語学教師となることを強制された

横田早紀江さん(横田めぐみさんのお母さん)のコメント

「拉致問題に触れたことにはびっくりしたが、解決へ少し風が向いたように感じる」

「トランプ大統領がしっかり意志を示してくださったのは非常にありがたい。めぐみだけではなく、多くの人が工作員に拉致された現実を世界中に知ってほしい」

「北朝鮮は普通の国と違う。拉致問題はとにかく長い時間がかかっているが、あきらめず訴えを継続するのが大事だと改めて感じた」

「拉致被害者を帰し、さまざまな問題を平和的に解決することがいかに大切ですばらしいことか、気づいてほしい」

*出典:産経ニュース(横田早紀江さん、トランプ氏の国連演説に「びっくりした。拉致問題解決へ風が向いたよう」横田滋さんも内容に聞き入る)

北朝鮮拉致問題「突破口開いて」地村さん安倍総理に要望

2019年3月12日、2002年に日本へ帰国した拉致被害者の地村保志さん(63)が 安倍総理大臣と面会。北朝鮮との直接交渉による拉致問題の早期解決を要望。

安倍総理は「最終的には私自身が金正恩委員長と向き合わなければならない」と応じ、日朝の直接会談に改めて意欲を示しました。

トランプ大統領 拉致被害家族と面会(2回目)

2019年5月27日、北朝鮮による拉致被害者家族会は、トランプ米大統領と2017年11月以来となる 2度目の面会(東京・元赤坂の迎賓館)。

トランプ大統領「拉致問題は私の頭の中に常にある。安倍晋三首相とともに、解決に向かって努力したい」。

拉致被害者が帰国した過去の事例:日朝首脳会談

2002年9月17日、2004年5月22日に 小泉首相が金正日党委員長と会談。

日本人拉致問題について、北朝鮮側は “特殊機関の一部が妄動主義・英雄主義に走って” 日本人を拉致した事実を認め、謝罪。

地村保志さん夫妻・蓮池薫さん夫妻・曽我ひとみさんの5人が帰還。24年ぶりの帰国。

【黒い闇】新潟県柏崎の海辺で北朝鮮拉致に協力した日本人グループ

1984年2月に蓮池薫さんが北朝鮮の拉致被害にあった新潟県柏崎市。

以下は、そこで拉致に協力した日本人グループを偶然取材した 元 市議会議員のYouTube動画と記事になります。

YouTube動画

【記事】柏崎の海辺で「人さらい」に協力した人々 -言い残しておきたいこと-

 その冬、日本海側は記録的な豪雪の年。日本はまだ高度成長期の風が吹き、後の長い不況やデフレだの思いもよらない時代だった。

 「拉致」という言葉はなかったが、この7、8年前から横田・蓮池さんらが拉致されていた。だが、産経を除く大新聞はなぜか黙殺していた。

 1984年2月のこと、私は新米市議として初めての行政視察という名の、研修旅行の一人旅に出かけた。佐久・長野市などを訪ね、大雪のなか辿り着いた柏崎市の最終の行程は刈羽原発。安全対策の万全を説明され、やっと公務から解放された。

 鈍色(にびいろ)の海には佐渡島がぼんやりと横たわっている。「まだ明るいし宿まで歩いていきます」と歩き出すと「とんでもない!私が車で送ります」と職員の顔が一変して強制的に車に押し込まれた。何かあったのかと尋ねても、海の向こうは外国で・・・と口ごもるばかり。当時北朝鮮は「よい国素晴らしい国」と社会党の土井たか子氏や、朝日新聞、 NHK が先頭に立って宣伝していた時代で、その年の私はてっきりソ連のことかと思った。

 間もなく海辺の松林の中の、東屋風の母屋の前で降ろされた。一棟ずつ分かれて建てられ雪が軒の高さまで積まれ仕切られている。物騒な宿を手配してくれたものだと、なにやら嫌な予感が走ったのを思い出す。
 
 *囲炉裏端の大論争(以下は帰車中でまとめた記録と仕舞い込んでいたテープを後年・起こしたものの一部です)*

 立派な母屋の大きな囲炉裏には、天井から吊るされた鉄瓶が湯気を立てていた。和菓子を勧める品の良い女将に早速尋ねる。

 「いま市の職員に海辺を歩かないよう厳しく言われたのですが何かあったのですか」。話してもらわないことには、雪で仕切られた離れ座敷には安心して泊まれない。やっと引き出したのは、「北朝鮮の船が沖に泊まって、北の人が無断で土地に入りはってなあ」という言葉だった。

 「海岸や松林でアベックが休んでいると、後ろから大きな網をかぶせてなあ、その沖に連れて行くのかどうか、ようわかりませんのや」

 「昔で言えば人攫いのようなもんや。北の人だけではできんと、組合の・・」と言いかけて口ごもる。私の誘導にのって『日本人も手伝っている、あまり人に話せんけどな。お客さん東京で議会の仕事をしてはると聞いて、話させてもらいましたんですわ』という。

 「でも東京ではマスコミもほとんど扱っていないのはどうしてなのかしら」と呟くと「最近は聞かないから安心しておやすみなはれ」と言われてしまった。

 「今日で公務は終わったし、今の話よく知っている人がいたら、紹介してください」と頼んだ。昔、出版社勤めをしていた時の取材癖が頭をもたげたのだ。

 一夜明けると銀世界が眩しい日曜の朝だった。朝食をとりに母屋に行くと、もう6、7人の男女が炉辺で談笑していた。「先生!今日は天気がいいから海辺と街を回って駅まで送ります。何でも質問してください」とやけに威勢が良い。先生!と言われてドキッとしたが、咄嗟に昨日訪ねた市の議員がいるな、と察した。渡されたチラシの束には「国鉄、電電、分割民営化反対!」「中曽根内閣打倒!」手書きのチラシには「金日成主席南北統一万歳」。我が友党・朝鮮労働党社会・日本社会党「朝鮮総連と密接に連絡」などの文字が踊っている。

 この時の中曽根首相、戦後政治の総決算を掲げ、国鉄、電電公社の民営化に大鉈を振るっていたのだ。

 年かさの男性が、
 「民間委託というのはな、民間の金持ちが得をしてのさばばるってことだ。働く者は意欲がなくなるよ。貧富の格差は広がるし」と言うと隣の女性が
 「民営化というのは要するに組合つぶし、アカ落としなんですよ」。中年の男は「アカ落としやるんならやってみい。わしらはな、海の向こうのアカイ国としっかり友好関係を持たねばならんようになるわな。」皆が一様に頷く。「なるほど、それで手回しよく金日成南北統一万歳!とか書いてあるんですか」と聞くとスキー服の若い男が

 「宮本共産党書記長が、金日成との平壌階段に決裂してから(69年)朝鮮労働党は、わが日本社会党と友好関係を結ぶようになったのです」と得意げに解説してくれた。

 「近く金主席が南北統一するから、その時は我々も立ち上がり・・」と気勢を上げる。
 「立ち上がってどうするの、日本を分裂させようとでもいうの?」
 「国鉄を民営化するなら、分裂もやむを得ない。我が日本社会党と朝鮮労働党が力を合わせ「人間」や物質との交流をして、社会主義国を一緒に作る努力をするんです。東アジア共和国と呼んでもいいし」彼らは、もともと労働者に祖国はないんだから、と止めどなく論争を続けた。

 「なんか夢物語を聞いているようだけど、万年政権党の自民党を倒すためには、外国の力を借りて応援を頼む、という算段ですね。どうもそれは・・」と反論する。

 しばしの沈黙の後、私は思い切って切り出した。
 「この辺の海辺は人さらいが出るって本当ですか?」彼の目がきらりと光った。

 「さっき誰かが北とは人間と物質を交流すると言われたでしょう」と私がいうと「人さらいなどいない。」誰が言ったんですか。そんなこと口に出してはいけんのです・・」「ええっ、これってどうして言ってはいけないことなんですか?」と聞くと驚いた発言が返ってきた。

 「先生は2、3年前に亡くなった市川房枝先生のお弟子と聞きました。市川先生は我が社会党の最大の理解者ではないのですか!」と今まで発言しなかった人が大声で食って掛かるように言う。全員が私を凝視する。

 「なんで私のことご存知なんですか。でも言われた理解はちょっと違いますね。市川さんは、政府自民党の汚職を糾す時には社会党さんとも一緒に追求するけど、どの政党とも等距離をとれといわれ、どの政党のことでも、良いことはよい、悪いことは悪いと言い切るところが真骨頂なの。参議院と地方議員は無党派主義で、考えの近い人が組んで戦うべきだ、というお考えでしたが・・」

 えらく馬鹿正直に答えてしまったが、もう少し話を合わせておけば、私を同志と思ってとんでもない情報に巡り会えたかもしれないと、今にして思うのだ。
 
 小泉元首相が訪朝した拉致事件をはっきりとさせた。以降、色々な資料を読み漁ったり新聞記者に面会を求めたりしたが、40年近く解決しない裏には、保革を問わずの政治家とメディアの「不作為の犯罪」「犯罪的行為」が見えてきて腹が立つばかりだ。

 柏崎の炉辺での彼らの発言は、社会党本部からの指令と驚くほど合致する。拉致対象者の5原則もあり、それにそった情報を北の工作員に提供していた。金正日の拉致指令に従った「確信犯」と言えよう。13・1・17日、記

拉致の実態における重要ポイント

  • 北朝鮮の拉致に日本人グループが協力
  • 掘っ立て小屋から沖の黒い船と交信
  • 下記5原則に合った人の情報を流す

人さらい(拉致)のための5原則とは?

  • 知り合いに代議士がいないこと
  • 知り合いに警察関係者がいないこと
  • 知り合いに外国人がいないこと
  • 地域の名士の関係者でないこと
  • 格闘技経験のないこと

拉致被害者家族の国会議員に対する怒り

社会党 土井党首:「拉致はあり得ない」

拉致被害のご家族:「ああいう国会議員が20年間拉致問題を遅らせたのは 野中、亀井、若山、土井。

立憲民主党が拉致問題を利用?

(28:42)”有田芳生という政治家がしている現在の姿というのは、拉致問題に対して解決を妨害している。妨害しているのは安倍政権ではない。安倍打倒というところに何とか結ぼうとしている。それは拉致問題を利用しているということであって、拉致問題を解決に向かうことではない。”

沖縄は従北思想のグループが沢山いる?

(36:15)”沖縄は従北思想のグループが沢山いる。”

”立憲民主党の沖縄県連の事務局長は北朝鮮の思想の研究会の代表団として参加している人です。”

”拉致問題に取り組むというよりは、拉致被害者を救う運動を分裂させて、力を落とさせて、逆にそれを牽制としての、安倍政権は過去に最も北に厳しくしているのは間違いない。
これを牽制するために、北にご奉仕しているようにしか見えない。”


安倍政権批判は卑怯

マスコミの皆さまへのおねがい

拉致は人権侵害ばかりか重大な犯罪

拉致・拉致幇助は人権侵害だけでなく犯罪です。

国内で北朝鮮の拉致に協力した日本人は、刑法上は「幇助犯」として刑事責任、民事上は「共同不法行為者」として損害賠償責任に該当します。

国内の拉致に協力した加害者に対する責任追及

警察庁『拉致の可能性を排除できない事案に係る方々』

北朝鮮による拉致の可能性を排除できない行方不明者875人のうち、家族等の同意を得て 都道府県警察のウェブサイトに掲載されている方々(合計457人)の一覧表

2020.7.28に新情報

北朝鮮にスパイ容疑で拘束され、2018年5月に初の米朝首脳会談に先立ち解放された韓国系米国人博士、ドンチョル・キム氏(66)が、産経新聞の単独インタビューに応じた。

同じような日本人が周辺地域だけで25人前後いる

北朝鮮拉致問題解決の課題は?

  • 北朝鮮による拉致被害者の帰国事例は「日朝首脳会談」のみ。これまでの事実として、そのほかの方法はない
  • 帰国した5人は ”北朝鮮人でない人” と結婚した人のみ。北朝鮮人と結婚した人で帰国した拉致被害者はいない
    (*お孫さんに海外でお会いした事例あり)
  • 小泉首相が交渉したのは金正日委員長であり、金正恩委員長ではない。
    (安倍首相は小泉首相の訪朝時に官房長官として同行)
  • 死亡した8名については、被害者の遺骸が一切存在しない
  • 北朝鮮による拉致の可能性を排除できない行方不明者878人もいるが、北朝鮮政府に確認できていない

北朝鮮の拉致問題解決を促進させる3つのポイント

2019年5月27日、横田早紀江さんがトランプ大統領との面会で下記のように述べています。

世界平和のためになることですので、北朝鮮も平和になっていただきたい。北朝鮮の国民の方も飢餓に飢えないで平和になっていただきたい。すべて平和のためになることだと私たちは本当にがんばっておりますので、どうかよろしくお願いいたします。

上述のとおり、これまでの事実として 拉致被害者の帰国事例は「日朝首脳会談」以外に存在しません。日朝首脳会談をスムーズに進めるためには3つポイントがあります。


  1. 人権意識・犯罪への認識
  2. 国会議員の意識と政策一致
  3. マスメディアの正しい報道

まずは日本国民一人ひとりが 拉致(拉致幇助)は人権蹂躙・人権弾圧 であると知ること。「目的のために手段を選ばない」「全く罪悪感がない」「確信の元にやっていた」ということが犯罪行為である という認識が不可欠です。

次に、国民の代表である国会議員たちが、所属政党に関わらず 13歳で拉致された中学生の人権侵害と問題解決の為「日朝首脳会談を開催する」という共通認識を持たなければいけません。

そして、マスメディアは「偏向報道」ではなく「正確な真実」を伝えてください。国民一人ひとりに「日朝間でどのような問題が発生しているのか」を正しく知らせることで 世論が形成され、政府を動かすことにも繋がっていきます。

Nonviolence and Human Rights History Foundation
非暴力と人権の歴史ファウンデーション

この記事のまとめ

黒い闇『北朝鮮拉致に協力した日本人グループ』 横田めぐみさんをはじめ拉致被害者問題の解決方法は?

メディアも取り上げています

指原莉乃氏 北朝鮮拉致問題を『たくさんの若い人に知って欲しい、見て欲しいです』とフジテレビ系「ワイドナショー」で語る指原莉乃 氏が北朝鮮の拉致問題を『たくさんの若い人に知って欲しい、見て欲しいです』とフジテレビ系「ワイドナショー」で語る

参考資料一覧

拉致問題って何ですか?

拉致問題はなぜ起きたの?

拉致の可能性を排除できない事案に係る方々

国内の拉致に協力した加害者に対する責任追及

「若い時のめぐみに・・・」初めて孫に会った横田夫妻(14/03/17)

北朝鮮拉致被害者 5人帰国 | NHK放送史(動画・記事)

【北朝鮮】小泉訪朝・日朝首脳会談のニュース

北朝鮮による日本人拉致問題

2018年度 北朝鮮による日本人拉致問題 日本語版(PDF)

北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する政府の取組についての報告(PDF)

アニメ「めぐみ」
*コピーフリーのため動画ファイルを無料でダウンロードできます