TOP >> 社会情勢・世の中 >>

『中国民主化』アメリカによる中国共産党崩壊 - 劉暁波氏の願いは逮捕者10,000人の香港民主化運動へ

更新日:

拡散応援希望

『中国民主化』アメリカによる中国共産党崩壊 - 劉暁波氏の願いは逮捕者10,000人の香港民主化運動へ

中国共産党による中国国民の民衆殺戮犠牲者は、推定7,700万人

中国共産党の 毛沢東〜習近平 政権下において、モンゴル、チベット、ウィグル、法輪功など大量虐殺した民衆殺戮犠牲者数は、推定7,700万人。()

日本はもちろん全世界に対して、諜報活動(スパイ、サイバー攻撃)、経済的圧力(一帯一路、人民解放軍系の企業)、武力攻撃(インド、尖閣侵犯)など、民主主義を破壊しようと目論む中国共産党。

現 中国共産党は、天安門事件以来 "最悪の人権弾圧”

中国の発禁本「中国教父習近平」の著書・余傑氏は、現中国共産党について「天安門事件以来 "最悪の人権弾圧"」であるとし、以下の3つを指摘。

  • 独裁
  • 暴力

中国共産党の『嘘』

米交流サイト大手のTwitter社は、2020年6月12日「中国政府主導の偽情報拡散作戦と関連があるアカウント」17万件超を削除したと発表。

これらのアカウントは香港の民主化運動を標的にしていたとみられる。

※ 出典:米ツイッター、中国関与疑いの偽情報アカウント17万件削除

中国共産党は人民に対し、限られた経済的自由を与える代わりに 政治的自由を奪っている

天安門事件の元学生リーダーであるウーアルカイシ氏は、中国共産党について次のように述べた。

「中国は人民に対し、限られた経済的自由を与える代わりに 政治的自由を奪っている」

香港にて独裁拡大の危機「1国2制度」から「1国1制度」へ

2020年6月30日、中国共産党の全国人民代表大会常務委員会は『香港国家安全維持法』を可決。即日公布した。

最悪の人権弾圧は、止まないどころか ますます悪化。

中国において「限られた経済的自由」の崩壊危機

2020年の「GDP成長率目標」を示さず - 1988年の公表以来初

2020年5月22日、武漢肺炎(新型コロナウイルス)の感染拡大により延期されていた、全国人民代表大会全人代)が開幕。

李克強首相は政府活動報告において、2020年GDP(国内総生産)の成長率目標を示さなかった。これは1988年に目標公表を始めて以来、初めてのことだ。

新型コロナで中国経済が如何に大きな打撃を受けているかを物語っている。

コロナ禍で、中国国内失業者7000万人超え / 失業率20.5%以上?

2020年4月26日、中国で衝撃的な経済レポートが発表された。その概要は以下のとおり。

「新型コロナウイルスの影響により、すでに中国国内の失業者は7000万人を超え 失業率は20.5%に上る。」

この発表により、提供元の泰証券研究所所長 兼 中国で最も著名な証券アナリストの一人である李訊雷(Li Xunlei)氏はクビになったという。

※ 出典:https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/60675

香港株急落

2020年5月22日に開幕した全人代にて、中国共産党が「国家安全法」を発表。国際社会へ不安が広がり 香港株が急落。

※ 参考記事:
香港株急落!中国共産党「国家安全法」の衝撃とバフェット氏投資BYDとは?香港株急落!中国政府「国家安全法」の衝撃と、バフェット氏投資のBYDとは?

アメリカによる「中国共産党崩壊」作戦が進行中

米国『中国33企業ブラックリスト化』

2020年5月22日、米国商務省が『中国政府機関・中国企業の ブラックリスト33社』を発表。

禁輸措置により米中経済戦争が ますます激化する可能性がある。


※ 参考記事:

米国による『中国ブラックリスト33企業』の全貌 - ウイグル人権弾圧に日本企業のテクノロジーが悪用か?米国が『中国ブラックリスト33企業』を公開。その事業内容とは? ウイグル人権弾圧・大量破壊兵器で禁輸措置

トランプ米大統領『中国と香港を制裁』

2020年6月、トランプ米大統領が「香港への国家安全法導入に対して『中国と香港を制裁』」と発言。

中国から米ドルへのアクセスを遮断する可能性についても 示唆されている。

※ 2020年6月8日付サウス・チャイナ・モーニング・ポスト(SCMP

トランプ大統領『米中経済デカップリング』

2020年5月14日、トランプ大統領はFOXニュースのインタビューで中国とのデカップリングの意図を明かす。

  • ネットワーク関連のハイテク
  • 留学生などの学術交流
  • 金融資本市場
  • 貿易

2020年9月7日、トランプ米大統領が「米中関係のデカップリング」を続けることを改めて強調。

2020年9月4日、台湾で「サプライチェーン再構築に関するフォーラム」を開催。


会談後、日本、アメリカ、台湾、欧州連合が共同で発表した声明では、"インド太平洋地域と世界の安定と繁栄を強化し、米日台欧で『非赤色サプライチェーン』を結成する" と強調。

『中国民主化』劉暁波氏の人生を捧げた夢、非暴力による中国民主化運動


中国共産党の民主化を実現できるか否かは、中国一国の問題ではない。

中国のガンジーこと ノーベル賞を受賞した劉暁波 氏。

劉氏は、すべての人が平和に民主的な生活が送れるよう、自己を犠牲にして活動し続けた。

『中国民主化の夢』は、香港から中国国内各地、世界へ

劉暁波氏の遺体は火葬後、大連市沖で水葬された。

すなわち、劉氏の家族や支持者らが同氏に哀悼の意を示す 物理的な場所が奪われたのだ。


一方、それによって海岸や川など 中国国内のあらゆる水辺・場所において、中国民主化支持者らによる追悼集会が行われている。

香港の逮捕者10,000人、それでも香港民主化運動は止まらない!

2019年6月9日~2020年9月6日まで、10,000名以上の抗議者が逮捕、約2,000名が起訴。


劉暁波氏が目指した「08憲章(憲法改正、三権分立、司法の独立、人権保障、公職選挙、結社の自由、集会の自由、言論の自由、宗教の自由 等)」は、日本人にとっては当たり前の権利かもしれない。

しかし中国共産党支配下では、その当然の人権すら保証されていないのだ。


もし中国が民主主義国家となれば、世界へ多大な影響を与えることになる。

ぜひ善良な中国人と手をつなぎ、中国共産党政権を解散に追いこもう!

日中間の負の歴史問題も解消されるだろうし、それは日本・中国だけの益ではなく、さらなる世界平和へと繋がっていく。

善なる連鎖は、他の独裁国家の問題をも解決し 民主化の訪れを一層早めるに違いない。

中国共産党の解散(中国民主化)は、世界平和と そして日本国の平和のために、必ず成し遂げなければならないことなのだ。


Nonviolence and Human Rights History Foundation 

非暴力と人権の歴史ファウンデーション