TOP >> 自己啓発・人間関係 >>

ガードナー博士の多重知能理論(MI理論)8つの知能とは?

ガードナー博士の多重知能理論(MI理論)8つの知能とは?

多重知能理論(Multiple Intelligences Theory : MI理論)をご存知でしょうか?

米ハーバード大学教授のハワード・ガードナー博士が1983年に提唱した、「人の知能」に関する画期的な考え方です。

当時は 教育界において IQ(知能指数)が絶対視されていた時代。そのため 常識破りの「多重知能理論」は、多くの教育学者たちの間で物議に…。

しかし それから30年以上の歳月が流れ、アメリカをはじめとする世界各国において、この「多重知能理論」は広く用いられるようになりました。

現在では、子供〜成人の知能を測るバロメーターとして活用されています。

本稿では、多重知能理論の詳細を詳しく解説します。


多重知能理論とは?

多重知能理論とは「人間の知能は複数(8つ)で成り立っている」という考え方です。

※ ここでいう「知能」は、「才能・能力」という意味合い。

それぞれの知能(才能)には特徴があり、どの知能が優れているかによって得意分野に差が生じます。

ガードナー博士は、知能は単独で働くのではなく、複合的に働くものと主張。


医者を例にあげてみましょう。

検査結果(数値)から病名を推測する「論理・数学的知能」はもちろんのこと、患者とのコミュニケーションには「対人的知能」も必須。また、病状を分かりやすく説明する「言語・語学知能」も必要です。

このように各々の知能が複合的に働くことで、より才能が発揮されます。


ガードナー博士によれば、「学力テストで測れるものは言語知能と論理数学知能くらい」だとか…(1983年)。

多重知能理論において重要な点は、8つの知能に優劣はないということ。つまり、どの知能も等しく価値あるものなのです。


ガードナー博士が主張する「8つの知能」は、下記の通り。

  1. 言語・語学知能
    (linguistic intelligence)
  2. 論理・数学的知能
    (logical-mathematical intelligence)
  3. 視覚・空間的知能
    (spatial intelligence)
  4. 音楽・リズム的知能
    (musical intelligence)
  5. 身体・運動的知能
    (bodily-kinesthetic intelligence)
  6. 対人的知能
    (interpersonal intelligence)
  7. 内省的知能
    (intrapersonal intelligence)
  8. 博物的知能
    (naturalist intelligence)


なお多重知能理論は、一人ひとりの「得意・不得意のバランス」を把握するためのもの。

万人共通の「絶対的な指標」ではないことに注意が必要です。


多重知能診断テスト

自身の多重知能を診断するには、下記リンク先をご参照ください。


多重知能理論における、各知能の詳細

では、各知能を詳しくみていきましょう。


1.言語・語学知能

「言語・語学知能」とは、文字通り「言葉」を使うことに長けている能力。

この知能が優れている人は、話す・読む・書くなど、いわゆる「国語力」に優れています。

具体的な特徴としては、以下の通りです。

  • 読書が好き
  • 文章を書くのが好き
  • 人や物の名前を覚えるのが得意
  • 過去にあった出来事を詳細に思い出せる
  • 人を説得するのが得意

など。

向いている職業は、

  • 作家
  • 記者
  • 政治家
  • 外交官
  • 声優
  • 通訳者、翻訳者
  • プロデューサー
  • リポーター
  • 言語学者

など。


2.論理・数学的知能

「論理・数学的知能」とは、仮説を立てたり因果関係の証明を得意とする能力。

特に数字を使った問題に強く、「何故そうなるのか」といった筋道を上手に説明することができます。

具体的な特徴としては、以下の通りです。

  • 計算が得意
  • 質問することが多い(疑問が多い)
  • 数字に興味がある
  • 物事の規則性を発見するのが得意
  • 実験が好き
  • 問題を解決するのが好き

など。

向いている職業は、

  • エンジニア
  • 数学者、物理学者
  • プログラマー
  • 公認会計士
  • 経理
  • 医者
  • 数学教師

など。


3.視覚・空間的知能

「視覚・空間的知能」とは、見たものの大きさや距離などを的確にイメージする能力。

例えば、風景や建物をそっくりに描くことができる人は、「視覚・空間的知能」が高いといえます。

  • 絵や図を描くのが得意
  • 的確に設計する事ができる
  • イメージするのが得意
  • 映画好き
  • 記憶する際は絵や図を使う

などの特徴があります。

向いている職業は、

  • 彫刻家
  • デザイナー(インテリア・グラフィック・web・舞台など)
  • 建築家
  • 設計士
  • パイロット
  • 探検家
  • 絵本作家
  • 外科医師
  • フォトグラファー

など。


4.音楽・リズム的知能

「音楽・リズム知能」とは、音に対する感性やセンスに関連する能力。

音楽・歌が好きだったり リズム感が良い人、作曲家・演奏者などは、「音楽・リズム知能」が優れています。

  • 絶対音感がある
  • 歌うことが好き
  • 音楽に合わせてリズムをとる
  • 鼻歌を歌う
  • 楽器を演奏できる

などの特徴があります。

向いている職業は、
  • 指揮者、演奏家、作曲家
  • 音楽治療師
  • 調律師
  • 歌手
  • ダンサー
  • DJ
  • 音楽演出家

など。


5.身体・運動的知能

「身体・運動的知能」とは、身体で表現することに長けている能力。

身体を動かすことが好きで 暇さえあれば運動したいという人、プロスポーツ選手・ダンサーなどは「身体・運動的知能」が優れています。

  • スポーツが得意
  • 運動が好き
  • 身体を使った体験が好き
  • 身体で表現するのが得意
  • 手先が器用と言われる

などの特徴があります。

向いている職業は

  • スポーツ選手
  • スポーツ解説者
  • 外科医
  • 俳優
  • 自衛官
  • バレリーナ
  • 警察官
  • 警備員
  • パイロット
  • 建築家
  • 体育教師

など。


6.対人的知能

「対人的知能」とは、人との関わり方に長けている能力。

いわゆる「KYR(空気が読める)」な人物は、対人的知能が高いといえます。相手の表情などから意図することを読み取るのが得意です。

  • 友人が多い
  • 人と話すのが好き
  • 大勢の人と上手く付き合うことができる
  • 討論によって自らの考えを整理する
  • 相手の考えがよく分かる

などの特徴があります。

向いている職業は

  • 指導者
  • 政治家
  • ウェディングプランナー
  • 企業経営者
  • 精神科医
  • カウンセラー
  • 外交官
  • 看護師
  • 教師
  • 警察官
  • 秘書

など。


7.内省的知能

「内省的知能」とは、自分自身を分析し理解しようとする能力。

"自分" という存在を正しく理解し 大切にできている人は「内省的知能」に長けています。

俗にいう「マイペースな人」もこの類です。

独特な世界観を持った人や、周囲にとらわれない生き方を選択する人など、芸能人の中にも「内省的知能」の高い人が存在します。

  • 自分への関心が高い
  • 自分のペースを大切にする
  • 周りの意見を気にしない
  • 自尊心が高い
  • 独自の世界観を持っている

などの特徴があります。

向いている職業は

  • 心理学者
  • 作家
  • 発明家
  • 聖職者
  • 心理治療師
  • 作曲家
  • 起業家

など。


8.博物的知能

「博物的知能」とは、さまざまな物事に対する違いや共通点を見つける能力。

ある情報から共通点を見つけ 分類するのが得意な人は「博物的知能」が優れているということ。分類することで、新しい発見や分析に役立てます。

また動植物などの自然を愛する人も、この知能が優れています。

  • 動物を観察するのが好き
  • 地理や気象の勉強が好き
  • 特徴別に分類するのが得意

などの特徴があります。

向いている職業は

  • 植物学者
  • 医者
  • 薬剤師
  • 農場運営
  • 料理評論家
  • 動物園関連
  • 考古学者
  • 図鑑作成

など。


自分の得意分野に自信を持とう

いかがでしたでしょうか?

人は誰しも「これが好き」「これが得意」という分野を持っています。

また、子育てをしていると「うちの子ってコレが得意なのね!(驚)」といった場面に出くわすこともあるでしょう。

それは、その分野の「知能(才能)」が優れているからです。


逆に言えば、苦手な分野も存在します。全てにおいて "パーフェクト" とはいきません。

ガードナー博士は「多重知能理のうち、ある知能が優れていれば 他の知能は平凡である」と解説しています。つまり得意不得意があって当たり前。

自身の苦手分野ばかりが目につく人は、一度 得意分野に目を向けてみましょう。必ず自分にしかない特別な「能力(知能)」を発見できるはずです!

また 夫婦や友人と診断結果を見せ合うことで、お互いを理解するのに役立てることもできます。


関連記事: