TOP >> ボクシングのテクニック >>

左ジャブの打ち方、左ジャブを速くするコツ・練習方法を動画で解説【ボクシング】

左ジャブの打ち方、左ジャブを速くするコツ・練習方法を動画で解説【ボクシング】

ボクシングの左ジャブの打ち方、ジャブを速くするコツ・練習方法を、動画で解説します。

ボクシングの格言である「左を制する者は、世界を制する」は、余りにも有名ですね。
(※ ここでいう「左」は「左ジャブ」のこと。)

左ジャブは、最も多用され、最も簡単ですが、奥の深いパンチです。


左ジャブの打ち方【基本】

↑ジャブの基本のキを、丁寧に解説してくれています。

肩を入れ、膝のクッションを使いながら、相手に近い左手でパンチを繰り出すのがジャブ。

この時、右手では顎をガードする必要があります。


威力のあるストレート系のパンチが「大砲ズドーン」だとするならば、ジャブは「槍で鋭く突く」ようなもの。

ジャブでも威力があるに越したことはありませんが、まずは「威力」よりも「スピード」を重視して ジャブの練習をしましょう。

また、体勢を崩さないように、シュッ!とジャブを繰り出したら、サッと腕を引いて元の状態に戻れるようにします。



↑サウスポー選手によるジャブの打ち方講座です。



↑息の吐き方、体重の乗せ方などを学べます。



左ジャブの応用(実戦テクニック)

左ジャブは、フェイントを織り交ぜて相手を翻弄したり、他のパンチと組み合わせてコンビネーションにするなど、応用範囲が多彩です。


↑左ジャブを中心にしたシャドーボクシングの練習方法。

ボクシングの試合で相手と戦う際に、左ジャブをどう使って攻め込むのか? を解説。



↑左ジャブのさらなる応用。

ジャブで距離を測り、どうやって次のパンチへ繋げていくのか、について。

タグ: