TOP >> 社会情勢・世界のニュース >> 旅行・観光

フェラーリ、ランボルギーニ、ベンツ、マクラーレンなどの超高級車の画像100枚以上【山形スーパーカーミーティング】

フェラーリ、ランボルギーニ、ベンツ、マクラーレンなどの超高級車の画像100枚以上【山形スーパーカーミーティング】

フェラーリ、ランボルギーニ、ベンツ、マクラーレンなどの超高級車が100台以上も大集結した『山形スーパーカーミーティング』の様子をご紹介します。(画像100枚)


スーパーカーは、デザインの良さ・エンジン性能・走行中の安定感もさることながら、お値段の方もビックリする程の破格!

スーパーカーの値段は1台で数千万円〜1億円以上と、地域によっては庭付き一戸建ての家が買えてしまう程。庶民にはおよそ縁のない、まさに"超"がつくほどの高級車です。

そんなスーパーカーを偶然にも街中で見かけることができたなら、「お、ラッキ〜♪」という感じですよね?^^

ところが、山形県にて毎年開催されている「SUPERCAR MEETING in YAMAGATA(スーパーカー・ミーティング in 山形)」というイベントでは、超高級スーパーカーが100台以上も集結し、入場無料・写真撮影OKで一般公開されるんです!


ドアを開けていたり、ボンネットを開けていたり、オープンカーだったり、etc...。普段目にすることのないスーパーカーの間近まで行き、様々な角度から撮影しまくってきた写真たちを、どうぞご覧ください♪

※ 本記事は 2014年に開催された「第8回スーパーカーミーティング in 山形」の様子です。ただし、同イベントに毎年参加している知人に聞いたところ、ほぼ似たような雰囲気で毎年行われているとのこと。

フェラーリ、ランボルギーニ、ベンツ、マクラーレンなどの超高級車の画像100枚以上【山形スーパーカーミーティング】

メイン会場へと向かう駐車場にて

スーパーカーを運ぶトラック

↑駐車場からスーパーカーミーティングのメイン会場へ入っていく途中、スーパーカーを積んだトラックを見つけました。

どうやら、会場まで直接走ってきたスーパーカーもあれば、このように日本中からトラックで運ばれてきたスーパーカーもあるようです。(車を運ぶためのトラックが数台停まっていました。)


フェラーリとランボルギーニのエンブレムが付いているトラック

↑なんと、フェラーリとランボルギーニのエンブレムが付いているトラックを発見。

スーパーカーミーティング会場の入り口にて

スーパーカーミーティング会場の全貌

↑そのままテクテク歩いて行き、スーパーカーミーティング会場の入り口から、全体を写した様子です。

多くの車と人だかりが見えますが、この車が全てスーパーカー!

白・紫・青・赤・黒のランボルギーニたちが、集まって停車している様子

白のランボルギーニ(ボンネット、ドア、トランク全開)

白のランボルギーニ

白のランボルギーニ

↑会場入りすると、まずは白のランボルギーニがお出迎え。

わざわざ ボンネット、ドア、後部トランクを、全て開けて停車してくれています。

(ランボルギーニのドアが斜めに開くということを、筆者はこの時 初めて知りました^^)


紫のランボルギーニ

白のランボルギーニ

青のランボルギーニ

赤のランボルギーニ

メッシュ入りの黒ランボルギーニ

↑続いて、紫、白、青、赤、黒、etc... 様々なカラーのランボルギーニが陳列されていました。(すごくカッコ良かったです!)


ランボルギーニのステータス

↑各スーパーカーには、このように生産国・年代・メーカー・車体形状・エンジン形式・排気量・最高速度が記載されている紙がはさまっています。

(さすがはスーパーカー。最高時速は300kmまで出るようです。)


ランボルギーニの集合写真

ランボルギーニの集合写真

↑ ランボルギーニが集まっているブースの端まで来たので、振り返って撮影した様子。

こんなにも多くのランボルギーニを一度に見る機会なんて、そうそう無いと思います!

オレンジ・黒のマクラーレンが集まって停車している様子

マクラーレンの集合写真

オレンジ色のマクラーレン

オレンジ色のマクラーレン

↑続いて別のブース。今度はマクラーレンが何台も停車しています。


オレンジ色のマクラーレン

マクラーレンのエンブレム

黒のマクラーレン

↑マクラーレンの「柔らかみのある流線型」フォームが、とてもお洒落です。


赤のマクラーレン

赤のマクラーレン

↑マクラーレンがドアを開けると、こんな感じ。

ランボルギーニを背後から撮影した写真集

さらに歩くと、Uターンして先ほどのランボルギーニを後ろから眺められる通路に出ました。

ということで、多くのランボルギーニたちを、まとめて後ろから撮影♪

ランボルギーニの車両後部

ランボルギーニの車両後部

ランボルギーニの車両後部

ランボルギーニの車両後部

ランボルギーニの改造車(カスタム車)いろいろ

続いて、別のランボルギーニのブース。個性溢れるカスタム車(改造車)もいろいろありました。

黄緑色のランボルギーニ(改造車)

↑黄緑色のランボルギーニ。


白のランボルギーニ

黒のランボルギーニ

黄色のランボルギーニ

カラフルなランボルギーニの大群

↑黄色・シルバー・黒・赤紫のランボルギーニが勢揃い。


黄色のランボルギーニ

メタリックなシルバーのランボルギーニ

メタリックなシルバーのランボルギーニ

ピンク色のランボルギーニ(改造車)

ピンク色のランボルギーニ(改造車)

フェラーリ、ベンツ、k.o.、ランボルギーニ、etc…、一風変わった珍しいスーパーカーたちの数々

スーパーカーの車両後部

ランボルギーニ、フェラーリ、ベンツ、etc...、様々な高級車ブランドのスーパーカーたちが勢揃いしているブースにやってきました。

車のデザインも、「まさに最新のスーパーカー」というのもあれば、「クラシックカーっぽいスーパーカー」「見たことがない珍しいデザインのスーパーカー」など、いろいろです。


珍しい形のスーパーカー

珍しい形のスーパーカー

珍しい形のスーパーカー

珍しい形のスーパーカーの大群

白のスーパーカー

黄色のフェラーリ(改造車)

↑黄色のフェラーリ。バリバリにカスタムされており、こだわりを感じます。


黒色ベンツのスーパーカー

緑色のランボルギーニ

白のランボルギーニ

紫色のランボルギーニ(改造車)

赤色のランボルギーニ


↓会場内で唯一、アウディのスーパーカー(オープンカー)がありました。

アウディのオープンカー(スーパーカー)

アウディのオープンカー(スーパーカー)


↓特設テントの下に陳列されていた 黄色のフェラーリです。ツヤツヤ・テカテカで思わず触りたくなってしまうほど。昔憧れたロボットアニメに登場しそうなデザインです。

黄色のフェラーリ

黄色のフェラーリ

黄色のフェラーリ

黄色のフェラーリ


↓マニア御用達のスーパーカー「k.o.」。k.o.のオープンカーはちょっと不思議な形ですが、お値段は最低でも2,000万円を下らないのだとか...

k.o.のスーパーカー

k.o.のスーパーカー


k.o.の不思議なオープンカー

k.o.の不思議なオープンカー

k.o.の不思議なオープンカー

赤・白・黄色のフェラーリがズラ〜っと勢揃いしている様子

真っ赤なフェラーリたち

続いて、フェラーリが大量に陳列されているブースにやってきました。見渡す限りの赤・白・黄色のフェラーリたち♪

「チューリップかよ!?」というボケはさておき、高級車の代名詞とも言えるフェラーリがズラズラと並んでいる様子は、スーパーカーマニアだけではなく、一般人から見ても心躍る物がありました。

フェラーリの車両後部

フェラーリの座席

黄色のフェラーリ

フェラーリの大群

白のフェラーリ

フェラーリの大群

黄色のフェラーリ

赤色フェラーリのオープンカー

フェラーリのエンブレム

↑フェラーリのエンブレムである「跳ね馬」。


リア・スポイラー(ウイング)付きの真っ赤なフェラーリF40

フェラーリF40

レトロなクラシックカー風のスーパーカーたち

レトロなクラシックカー風のスーパーカーが展示されているブースもありました。

緑と黄色のクラシックカー(スーパーカー)

緑と黄色のクラシックカー(スーパーカー)

黒のクラシックカー(スーパーカー)

黄色のクラシックカー(スーパーカー)

赤色のクラシックカー(スーパーカー)

赤色のクラシックカー(スーパーカー)


↓スーパーカーの中古車や新車を販売しているブースもありました。

白のクラシックカー(販売中)

白色クラシックカーの運転席


↓500万円、1880万円のベンツなど、お土産にお一ついかがでしょうか?^^

黒ベンツ(販売中)

白ベンツ(販売中)

別アングルから撮影したスーパーカーたち

メタリックなシルバーのランボルギーニ車両後部

一通り端までスーパーカーを見て回ったので、来た道と違うルートで入り口に戻りました。先ほどでご紹介したスーパーカーの別アングルを撮影。

ランボルギーニのエンブレム

黄色と黒のランボルギーニ車両後部

黒ランボルギーニの車両後部

ランボルギーニの排気管部分とバックライト

カラフルなランボルギーニの大群

ランボルギーニの車両後部

ランボルギーニの排気管部分とバックライト

リア・スポイラー(ウイング)付きの白ランボルギーニ

ランボルギーニのリア・スポイラー(ウイング)

緑ランボルギーニの車両後部

緑ランボルギーニのリア・スポイラー(ウイング)

ベンツのスーパーカーがドアを開けている様子

黄色フェラーリのエンジン

スーパーカーの排気管

真っ赤なフェラーリのオープンカーたち


↑外車専門誌「F-ROAD(エフロード)」編集長さん達のトークショーも開催されていました。

スーパーカーミーティングの最後

夕方になりスーパーカーミーティングが終了し、集まったスーパーカーが次々に帰っていくシーンです。

観客はスーパーカーを手を振って見送りました。ブォンブォンとうなるエンジン音がカッコ良かったです!

スーパーカーミーティングに参加し、超高級車たちを間近で眺めた感想

普段なかなか目にする機会のないスーパーカーを、こんなにもたくさん間近で見ることができる「スーパーカーミーティング」。

余りにも多くのスーパーカーが集結しているせいか、自分の中の"常識"がちょっぴりズレてしまいそうになりました。(きっとスーパーカーを見飽きているドバイの大富豪たちは、こんな感覚なんでしょうね^^)

それにしても、超高級車たちに囲まれて、非常に良い運気をもらえたような気がします。

何より、「一生懸命に仕事を頑張り、いつか自分もスーパーカーのオーナーになるぞ」という、明確な目標を持つことができたのは大きいです。


このスーパーカーミーティングは毎年開催されているそうなので、興味のある方はぜひ次回は参加してみてください!

この感動を、少しでも皆さんにお裾分けできれば幸いです。