TOP >> 社会情勢・世の中 >>

日本の天才作曲家『稲森安太己』 - 独edition gravisから楽曲57曲出版など『Yasutaki Inamori』は世界から高評価

日本の天才作曲家『稲森安太己』 - 独edition gravisから楽曲57曲出版など『Yasutaki Inamori』は世界から高評価

日本人の天才作曲家『稲森安太己』氏。

海外の音楽コンクールにて受賞を重ね、『Yasutaki Inamori』の名は世界中に轟いています!

本稿では、稲森安太己氏の経歴をご紹介します。

目次
日本の天才作曲家『稲森安太己』 - 独edition gravisから楽曲57曲出版など『Yasutaki Inamori』は世界から高評価

The Rev Saxophone Quartet / ふるさと狂詩曲(作曲 稲森安太己)


Amazonレビュー

4曲目の稲森安太己作曲「ふるさと狂詩曲 新曲」は、サクソフォン・クヮルテットのレパートリーを広げる意味合いも持った曲でしょう。日本各地の民謡や唱歌をふんだんにモティーフに取り込んだ曲ですので、海外での公演でも好印象を与える曲だと思いました。素敵な曲を意欲的な演奏で披露しており、このクヮルテットの音楽性の可能性を広げるようなアンサンブルだと思いました。

稲森 安太己(いなもり やすたき)氏とは?

1978年生まれ。東京学芸大学およびケルン音楽大学にて作曲を山内雅弘、ミヒャエル・バイル、ヨハネス・シェルホルンに師事。

2009年東京学芸大学大学院修了、11年ケルン音楽大学コンツェルトエグザメン課程修了、13年同大学大学院修了。

18年ミュンヘン・ビエンナーレにてオペラ『ヴィア・アウス・グラス』が上演される。

2007年日本音楽コンクール第1位。

現在、デトモルト音楽大学およびケルン音楽大学非常勤講師。

天才作曲家 稲森安太己氏の作曲コンクール受賞タイトルは16を超える


1994 - 第18回神奈川合唱曲作曲コンクール第2位

2004 - 第21回現音作曲新人賞

2006 - 第23回現音作曲新人賞

2007 - 第29回日本交響楽振興財団作曲賞 

2007 - 第4回JFC作曲賞

2007 - 武生作曲賞

2007 - 第76回日本音楽コンクール第1位

2007 - 第24回現音作曲新人賞富樫賞

2008 - フリーブール国際宗教作曲コンクール

2008 - IIC TOKYO国内作曲コンクール優秀賞

2008 - ハーレルベーケ市国際吹奏楽作曲コンクール第3位

2009 - 第二回佼成国際吹奏楽作曲コンクール第3位

2011 - ヴィア・ノヴァ主催ワイマール国際作曲コンクール第3位

2011 - ライヌル国際作曲コンクール第3位

2016 - ソフォス国際作曲コンクール第1位

2019 - 芥川也寸志サントリー作曲賞

<贈賞理由>豊かな色彩感覚と優れた作曲技術により、傾(かぶ)いた全体像が浮かびあがった点が高く評価された。

『国際的に活躍するアーティスト』日本人初の独edition gravisから楽曲出版



独edition gravis社は、稲森安太己氏を ”国際的に活躍するアーティスト” と紹介しています。

edition gravis社とは?

1983年から続く現代音楽専門の音楽出版社です。有名な作曲家のBrice Pauset、Georg Katzer、DánielPéterBiró、Walter Braunfelsなど、現在活躍している現代音楽のアーティストを中心に、100人以上の作品が出版。AMAグループ傘下の企業でもあります。

稲森氏の曲が演奏された国:

アメリカ、ドイツ、ベルギー、オランダ、メキシコ、日本 など。

稲森氏とコラボレーションしたミュージシャンやアンサンブル

  • ケルンのグルツェニッヒオーケストラ
  • 新日本フィルハーモニー交響楽団
  • 東京フィルハーモニー管弦楽団
  • インスタントドネ
  • アンサンブルNOMAD
  • アンサンブルハンドワーク
  • フォルセティサックスカルテット
  • ダークロスブラスト
  • カリンレヴィン

など

独edition gravisから出版された、稲森安太己の楽曲全58タイトルを紹介

1. 「Mutual Understanding」für Baritonsaxofon und Tuba

2. 「A Case of Miscommunication」 

3. 「Accelerando」für Orgel

4. 「An Echo in the Void」for clarinet, violin and violoncello

5. 「Another Case of Miscommunication」for violin and bassoon with tape

6. 「Authentische Kadenz auf zwei Saiten」for viola

7. 「Distorted Memory

8. 「Kanon」 for harp, piano and violoncello

9. 「Loose Memory」 for flute

10. 「Erzähler der Nacht」for marimba and percussion

11. 「Gran Partita」for flute, violin, and viola

12.「MiscommunicationTo Excommunication」 for ensemble

13. 「Mumbling Flute」for flute

14. 「Mumbling Flute, Reinforced」for flute solo with clarinet, violin, and violoncello

15. 「Negativfilme」for saxophone quartet

16. 「Neue Tafelmusik」for 3 players

17. 「Sinfonia a 3 voci」for piano

18. 「Vordergrundtausch」for accordion, piano, and tape

19. 「Unvollständige Skale, absteigend」for piano

20. 「WIR AUS GLAS」Libretto beyGerhild Steinbuch Music Theater

21. 「Piedra」for soprano, harp, violin, viola, violoncello and sho

22. 「Gran PartitaErzähler der Nacht」

23. 「Aquarell」Terzett für drei Flöte

24. 「Am farbigen Abglanz」Ein Musikophilienabend für drei Orchestergruppen for orchestra

25. 「Bëatrice, sospirosa e pia」

26. 「Blumenstrauß」for vibraphone

27. 「Canonic Scenes」

28. 「Chromatic Scales and Octaves」

29. 「Denhbarer Stoff」

30. 「Divide et impera」

31. 「Ebene Minne」

32. 「Einige Miniaturen」

33. 「Exophonie I. Ländler und Contretänze」

34. 「Grande arabesque」

35. 「Hemiola Clan」

36. 「Hikikata」 for koto

37. 「Hitotoki-Hitofuki」

38. 「Hypomnema de motu musico」

39. 「In Search of a Harmony」 for wind orchestra

40. 「Intimate Night」

41. 「Ladye K's Pavan and Mr. M's Galliard」

42. 「Minnesang」 for soprano, alto, Tenor, violin, viola, violoncello

43. 「Tamtam ergo I」 Religiously pointless observation on "Tantum ergo" for ensemble

44. 「Quid Rides? I」for horn

45. 「Recorded by Naronda」for wind orchestra

46. 「Reversi. A Strategy for Orchestra」for orchestra

47. 「Si schiudono lente crepe prudenti」An Elocution for a Clarinet Player

48. 「Songs Without Words」for ensemble

49. 「Sonic Condition」for orchestra

50. 「Sorrowful Garden」for flute and violin

51. 「Spiritual Folklore」for orchestra

52. 「Taboo」for shakuhachi

53. 「To Queue」for orchestra

54. 「Tragisches Divertimento」Hommage à C. P. E. Bach für Orchester for orchestra

55. 「Trapped in Subdivision」Eleven Strophes for Shakuhachi for shakuhachi (bamboo flute)

56. 「Ubi caritas et amor」for violin

57. 「Valse de concert」for orchestra

58. 「William Wilson」for flute and piano

マリンバ奏者 高田直子

演奏活動の拠点であるアメリカでは、カーネギーホール、ケネディーセンター、リンカーンセンターなどをはじめとしたクラシックコンサートから、ポール・ニューマン主催のチャリティイヴェントで、ハリウッド俳優、ブルース・ウィリス、メリル・ストリープス、ダニー・グローバーらとともに出演。NYタイムズ、ワシントンポスト紙でも絶賛。

Bronze at the Temple from Japanese Folk Song Suite I by Yasutaki Inamori


"Red Dragonfly" from Japanese Folk Song Suite I by Yasutaki Inamori

作曲を指導した山内雅弘東京学芸大学教授と

昨日、久しぶりに稲森安太己さんと会うことができました。私は彼を東京学芸大学で6年間指導しましたが、私の20年間の大学教師生活における最大の成果だと思っています。