TOP >> 自己啓発・人間関係 >>

ネガティブな人の利点 - 自信がない事にはメリットが2つ!?

ネガティブな人の利点 - 自信がない事にはメリットが2つ!?

自信が無い(ネガティブ思考)は良くない』と、一般的には思われがち。

しかし 過度な自信を持つよりは、むしろ自信がない方が成功する確率は高いんだとか。

本稿では「自信が無いことのメリット」に着目してみたいと思います!


自信がないと「謙虚」でいられる

自信がない事には、隠れたメリットがあります。

それは「謙虚」でいられること。

自信がない人の方が、他者を責める事も少なく、自らの誤りを認めやすいのだとか。


これらは、会社や組織が成功する上で とても重要な利点です。

謙虚な人というのは、他者の話を素直に聞き入れる人。自らを客観的に見つめ、改善することができる人です。

人は、確信が持てない時ほど、新しい考え方を柔軟に受け入れます。

広く情報を集め 助言を聞こうとするのも、「自分のやり方(考え方)が合っているのか」自信がない時。

自信がない人は「現実的」な判断ができる

自信がない人というのは、総じて自分自身に悲観的。

一見するとネガティブな印象ですが、実は悪い事ばかりではありません。

自らを客観的に評価できる人が多いのです。

つまり、欠点をみつける事が得意!


もちろん、欠点ばかりが目に付いて、気持ちが落ち込むこともあるでしょう。

しかし「欠点を見つけられる = 改善への第一歩」を踏み出せるチャンス。

「私が間違っている筈など無い」と傲慢な態度で変化を嫌う人よりも、よっぽど有能です!


何かを変革しようとすれば、自信がない人の現実的な視点が、大きな成果を生むことでしょう。

「自信がないこと」に自信を持とう

くり返しになりますが、自信が無いことをマイナスに捉える必要はありません。

「自信満々に見せておいて 実際は大したことない人」よりも「自己評価は低いが 実は優秀な人」の方が、他者からの印象も良いのです。


ただし、あまりに自分を卑下しないようにしましょう。

あくまで、客観的に見つめることが大切です。

強いて言えば、「控えめな自信」を持つこと。

それが、自身の成功や成長に役に立つでしょう。