TOP >> 自己啓発・人間関係 >>

【自己管理能力アップ!】モチベーションを維持する3つの方法!

【自己管理能力アップ!】モチベーションを維持する3つの方法!

自己管理能力はビジネスシーンにおいてだけでなく、充実した人生を送っていくために必要不可欠な能力だと言えます。


それにしても、自己管理って 本当に難しいんですよね~。


本稿では特に、自己管理能力の要素の中で最も重要なモチベーションを維持する方法について紹介します。また、生活の指針となるミッションステイトメントについても解説します。


■ モチベーションが続かない人へ

この記事は次のような人におススメです。

  • 自己管理の能力を向上させたい!
  • 自己管理に関する本を読み、やってみようと思ったが続かなかった!
  • 自分には自己管理は無理じゃないかと思えてくる!
  • 簡単に言うと、やる気が続かない!
  • 特に目的や目標なく生活しているけど、これじゃいけない!と思っている



自己管理能力でいちばん大切なのはモチベーションの管理

自己管理の四つの要素

まず、一般に「自己管理能力」と言われますが、どんな要素で成り立っているのかということを見ていきましょう。

自己管理には以下の四つの要素があります。

モチベーション管理…自分の中のモチベーション(やる気、目標意識、原動力)を高め、維持する行動を継続できる能力

時間管理…自分の目的から見た優先順位を明確にし、最も効果的に時間を管理できる力

感情管理…不必要な感情に振り回されることなく、やるべきことに集中して高い能力を発揮できる力

体調管理…高い能力を発揮するために自分の体を良く知り、健康管理する力


このように並列的に書きましたが、これら四つの関係性を図に示すと以下のようになります。


自己管理能力を支える四つの力


この図のように、四つの中で中核にあたるものがモチベーション管理です。

高いモチベーションを維持することができさえすれば、時間管理、感情管理、体調管理に対しても意欲がわいてくるし、試行錯誤しながらもできるようになってくるのです。


そこで本稿では、モチベーション管理力を向上させる方法について、詳しく説明してみたいと思います。

モチベーションを高める三つの方法

ビジネス、スポーツ、芸術など、どんな分野においても一流の人は高い自己管理能力、とりわけ高いモチベーションを持って活動しています。

それでは、人はどんな時にモチベーションを高く持つことができるのでしょうか?

モチベーションについて深く考えていくと、以下のような要素で成り立っていることがわかります。

  1. 目的と目標の明確化
  2. 目標を「映像」で体験
  3. 目標を確認する習慣

Point1 目的と目標の明確化でモチベーションアップ!

ミッションステイトメントと長期・短期目標


①最終目的地の明確化:ミッションステイトメント

あなたの人生で必ず成し遂げたい最終目的を見出し明確にすること。自分も心から喜び、周囲の人々も心から喜べるような自分の生涯の天命、使命を見出し、明文化すること


②第二通過点の明確化:長期目標

そのために、あなたが個人として、家庭人として、社会人として何を達成するべきかという長期の目標(10年、20年後)をイメージし明確にすること


③第一通過点の明確化:短期目標

そのために、あなたが短期で達成するべき目標(13年後)を明確にすること

ミッションステイトメントと長期目標から考えて、

あなたが今 身につけるべき能力はどんなものですか?

習慣化すべきアクションはどんなものですか?

日常生活で必要な心がけはどんなものですか?


ここで重要なことは、①が面倒くさいからと言って比較的イメージしやすい③や②だけを安易に決めてはいけないということです。


例えば「ビジネスパーソンとして成功して会社の重役になる」というような長期目標は表面的には魅力的かも知れません。

しかしそれだけだと、あなたはふとした瞬間に「重役になる?そこに何の価値が?」と思うことでしょう。

「重役になる」ということの価値は実は中性的なもので、良くも悪くもありません。

ある人にとっては重要なもので、他のある人にとってはさして重要でないものかも知れないということです。


ですから大切なことは、あなたが最も重要視していること、最も満足を感じることができることが何なのかということです。

「重役になって、その先にどんな喜びを心から感じたいのか?」を考えなければ、「重役になる」という目標は何の価値のないものになってしまいます。


本当のモチベーションとは馬の目の前にニンジンをぶら下げて走らせるような付け焼刃ではできません。

あなたが本当のモチベーションを手にしたいのならば、少なくとも数か月以上の時間をかけ、じっくりとミッションステイトメントを作ってみてはどうでしょうか?

ミッションステイトメントの具体例

<箇条書きの例>
・私は家族を含め人生で出会う一人ひとりの人を心から大切にする

・家族の心が通い合うように、一か月に二日は家族で過ごす日を欠かさない

・仕事は単にお金を儲けるためではなく、社会に対して価値を提供することを第一とする

<文章の例>
「私は人生を通して家族の幸せと仕事を通した社会貢献を両立する。その為に家族の時間を大切にすると共に経済的安定を築く。教師という仕事を通して多くの生徒たちが立派な人間として自立していけるように手助けする。」

読んでお気づきだと思いますが、ミッションステイトメントは人生全体に対するものであり、仕事だけに限定されたものではありません。

あなた自身が、個人として、家庭人として社会人としてなど、様々な立場や役割を持っていることでしょう。ですから様々な側面から見つめながら作ることをお勧めします。


このようなあなた自身のミッションステイトメントを作ることは、非常に骨の折れる作業です。

作っては書き直すことの繰り返しになるかも知れません。それで良いのです。

簡単に作ったものは簡単に捨ててしまいます。

たくさん悩んで「これでしっくりくる!」というものこそ、あなたが生涯持ち続けられるミッションステイトメントになるはずです。

長期目標と短期目標

ミッションステイトメントを作ることができたら、その人生の目的から逆算して長期目標と短期目標を考えてください。

これはミッションステイトメントを作ることから比べれば、イメージしやすいと思いますので、ここでは詳しい説明は割愛します。

Point2 目標を「映像」で体験してモチベーションアップ!

さて、ミッションステイトメント(目的)と長期・短期目標を明文化したとしても、その時点ではそれは単なる「言葉」です。

タイプによって異なりますが、大抵の人にとって「言葉」だけでは自分の心が「燃えている」という状態にはなりません。

ですからそれらを繰り返し確認しながら、映像として思い浮かべ、音を聞き、身体の感覚で味わうことが必要です。

  • あなたがそのミッションステイトメントの通りに人生を生き切った時、どんな気分でしょうか?
  • あなたの家族はあなたにどんな言葉をかけるでしょうか?
  • どんな人の喜ぶ顔が浮かびますか?


このようにあなたのミッションステイトメントと目標を定期的に繰り返しイメージし、ワクワクを体験しましょう。

すでに実現したかのようなワクワクは、あなたを強く行動へと駆り立てます。

お風呂に入っている時や、就寝前の5分間などがおススメです。


Point3 目標を確認する習慣でモチベーションアップ!

ミッションステイトメントと長期目標、短期目標を決定することができたら、それらを大切にすることを習慣づけることです。

週に一回は、それらを読み直し、必要があれば修正や加筆をします。

そのためには、一週間のスケジュールの中に、必ずそのための時間を「譲れない時間」として確保することです。

「日曜日の午前中、10:00~12:00」などのように、明確に決めてください。

最初のうちは、自分で作ったミッションステイトメントや目標がしっくりこないということもあり得ます。

その場合は週に一回読み直し、修正・加筆する中で、しっくりするものに仕上げていっても良いのです。

大切な時間を過ごすための環境を選択する

ミッションステイトメントと目標を確認する作業は、とても精神的な作業です。

そのため、自分が落ち着いて自分の心の声を聴くことができる環境で行うとよいでしょう。

お気に入りのカフェ、図書館、公園のベンチ、あるいは海辺に車を停めて・・・。

少し時間やお金をかけたとしても、そのことが逆に「今日は真剣に自分の目的と目標を見直そう」という意識を高めてくれます。

ノルマとも締め切りとも実利とも関係ないことを重要視できるか?

自分のミッションステイトメントを週に一回、決まった時間に見直すという行為を習慣として続けることは、案外難しいことです。

この習慣には、ノルマや締め切りがなく、やらないと誰かに怒られるものではありません。

さらには、それをやったら給料をもらえるというような、分かりやすい利益とつながっている訳でもありません。


実は、人生全体の充実や喜びには深くつながっているのですが・・・。

人間は分かりやい損得に流されやすいところがあります。

ぜひ、週に一回のこの時間が、あなたが本当に願う人生を生きていくために、最も貴重な時間になるということを心にとめていただければと思います。

この記事のまとめ

【自己管理能力アップ!】モチベーションを維持する3つの方法!

自己管理能力を支える根っこはモチベーションを管理する力。

<モチベーションを高める三つの方法>

  1. ミッションステイトメントと長期目標、短期目標の明確化すること!
  2. それらを単なる「言葉」で終わらせず、「映像」として何度も体験しワクワクすること!
  3. それらを週に一回は確認し、吟味し、味わう習慣を大切にすること!「譲れない時間」を決める!


高いモチベーションを見出し、維持することで、成功に必要な自己管理能力を身につけましょう!