TOP >> 美容・健康 >>

肌の乾燥対策!潤いのある美肌をつくる生活習慣7つ

肌の乾燥対策!潤いのある美肌をつくる生活習慣7つ

乾燥から肌を守り、ハリと潤いのある美肌のための生活習慣7つをご紹介します。

美肌と言えば「キメの整っている肌」。そして肌のキメは、肌が十分に潤っていると自然に整うものです。

つまり「乾燥」は、美肌(肌のキメ)にとって大敵…。

乾燥肌を放置することで、かゆみが出るだけでなく皮脂の分泌バランスが崩れ、吹き出物などの原因にもなりかねません。


肌の乾燥は 日頃の生活習慣を見直すことで、随分と改善されます。

まずは潤いのある肌を目指ざして、肌に良い習慣を知ることから始めましょう♪

肌の乾燥対策!潤いのある美肌をつくる生活習慣7つ

1.美肌のために、お風呂は「ぬるま湯」

美肌を語る上で欠かせないのが「正しい入浴方法」。

まず、お風呂のお湯は「温かい」と感じる42℃前後ではなく、「ん?ちょっとぬるいかも…」と感じる38℃前後の温度にします。

皮膚からは絶えず様々な潤い成分が分泌されているのですが、お湯の温度が高いほど、その潤い成分が失われやすくなるんです。

肌の乾燥を防ぎたいならば、基本的にはぬるま湯に浸かるべき。しかし、どうしても温かいお湯に浸かりたいという場合には、5分以内を目安に切り上げるようにします。

また、ぬるま湯であっても20分以内にはお湯から上がるようにしましょう。

Amazonで評価の高い入浴剤 → 国産マグネシウム・保湿入浴剤

2.お風呂で体をゴシゴシこするのはNG

スポンジタオルを使用し、お風呂でゴシゴシと全身の垢をこすり落とすのはNG。

肌の保護をしている角質層まで剥がすことになってしまい、一時的に肌が柔らかくなったように感じるものの、今後より一層 肌が荒れることになってしまいます。

体を洗う際は、スポンジを使わず、手に直接石けんやボディーソープをつけて泡だて、手で全身を撫でるように洗う方法がオススメです。


また、湯船に浸かるだけで体汚れの大部分が落ちるため、湯船に浸かっていれば 体を洗う頻度は2〜3日に一度ぐらいで充分。

実は、神経質に毎日 体を洗う必要なんてないんですよ(笑)

3.体を拭く際はバスタオルで叩くように

上でご紹介した "体ゴシゴシがNG" だというのは、お風呂で体を洗う時だけではありません。お風呂からあがってバスタオルで体を拭く際にも当てはまります。

タオルを肌にあて、水分を吸収するつもりで1〜2秒ほど軽く押し付けます。

(※ この際タオルでゴシゴシこすると、肌が傷ついてしまうので注意が必要)

1〜2秒ごとにタオルを押し付ける場所を移動させていき、全身の水分を拭き取っていきましょう。

4.お風呂あがり後、直ぐに保湿美容液で肌の水分補給を

お風呂上がりの肌は、非常に乾燥しやすくなっています。

その理由は、お風呂での石けん・ボディーソープやお湯の働きによって、肌の皮脂が必要以上に失われてしまったから。

「皮脂」なんていうとニキビの原因のようで汚そうなイメージがありますが、皮脂には "肌の保湿" というとても大切な役割があるんです。


お風呂から上がった後、遅くとも5分以内には保湿効果のある美容液(化粧水・乳液など)を全身に塗る習慣をつけましょう。

また、「高級な美容液を少量」ではなく「多少安い美容液でもタップリ」塗った方が、美肌には良いとされています。

5.肌に最適な温度・湿度を心掛けよう

日常生活における肌に最適な温度は20〜25℃前後、肌に最適な湿度は65〜70%前後と言われています。

そして、湿度が60%を下回ると 肌の乾燥が始まるのだとか。


秋〜冬は空気が乾燥しがち。例えば東京23区の場合、11月〜3月にかけて湿度が60%を下回る日が多くなります。

また、夏場は逆に冷房を使うことで室内の湿度が60%未満になりがちなので、その点も注意が必要です。

部屋の湿度が下がっている場合には、室内に洗濯物を干したり、洗面器に水を汲んで置いておくだけでも、乾燥対策に効果があります。

6.冷えすぎていない水をよく飲もう

肌の潤いの元となる水分は、化粧水や乳液を使うことで、直接肌からも取り込むことができます。

しかし、それはほんの一部に過ぎません。もちもちした潤いのある肌を維持するためには、体内から肌への水分供給が必要不可欠なんです!

・・・では、体内へ水分を届けるにはどうすれば良いの?というと、それは「よく水を飲むこと」以外に方法はありません。


とは言え、一度に多くの水分を摂り過ぎることは、水毒症や冷え・体調不良の原因となり、健康上のデメリットに繋がります。

それらの点を考慮し、一日に摂るべき水分量の目安は「コップ6杯程度」(※ 食事時の飲料水も含む)。

これを細かく分けて摂るようにしましょう。

7.乾燥しやすい部位のケアは、特に念入りに

肌の乾燥のしやすさは、全身で同じというわけではありません。

天然の保湿クリームである皮脂は 毛穴から分泌されます。そのため、毛穴の少ない部位は乾燥しやすくなるんです。

そして首〜顔にかけては、毛穴が少ないだけではなく、普段服に覆われていないため 風や紫外線に晒されることに…。そういった面からも特に乾燥しやすくなっています。

具体的には、目の周りや口の周り、唇などに、念入りな乾燥ケアが必要です。

目の周りの乾燥対策

目の周りの乾燥ケアには、目元専用の保湿クリームや美容液などが有効。洗顔後、化粧水をつけた後には必ず専用クリームで乾燥対策をしましょう。

ベジスタイル アイセラムジェルなどが保湿に優れています。

口の周りの乾燥対策

口周りが乾燥すると、ほうれい線の原因に。乾燥対策には、保湿力の高いクリームを使いましょう。口元専用のクリームを使うことで、ほうれい線対策にもなります。

京都で生まれた和漢発酵美容クリーム 【和えか】 などをお試しください。

唇の乾燥対策

唇の乾燥ケアには、定番ですがリップクリームを使用します。

唇が乾いた際は、舌でペロッと舐めてしまうことがあるかもしれませんが、・・・余計に唇が乾燥してしまう結果になるため、避けるようにしましょう。

DHC薬用リップクリーム がAmazonでベストセラーです。

その他、肌の乾燥対策についての注意点

肌の乾燥が激しい人は、化粧水ではなくクリームタイプの物を使うと、潤いが長く持続します。

また、アトピーや敏感肌の人は、一般的な化粧水・保湿クリームではなく、赤ちゃんでも使用可能な無添加&低刺激なものがベスト。保湿力が高いものを選びましょう。

養麗潤(ようれいじゅん)せっけん がお肌に優しいと評判です。

赤ちゃん用の商品は少々値が張るかもしれませんが、美容・健康には代えられません。

この記事のまとめ

肌の乾燥対策!潤いのある美肌をつくる生活習慣7つ
  1. 美肌のために、お風呂は「ぬるま湯」
  2. お風呂で体をゴシゴシこするのはNG
  3. 体を拭く際はバスタオルで叩くように
  4. お風呂あがり後、直ぐに保湿美容液で肌の水分補給を
  5. 肌に最適な温度・湿度を心掛けよう
  6. 冷えすぎていない水をよく飲もう
  7. 乾燥しやすい部位のケアは、特に念入りに


「熱いお風呂に入る」「身体をゴシゴシ洗う」などは、意外と無意識的にやってしまうのではないでしょうか?

知らず知らずのうちに、乾燥肌を自らつくりだしていたようで、反省ばかり…。今後は、潤い美肌のために筆者も気を付けていきたいと思います。

潤い肌ケアのお役に立てれば幸いです♪