TOP >> 面白ニュース・面白画像 >>

顔に見えるもの画像(シミュラクラ現象の写真)17選

更新日:顔に見えるもの画像(シミュラクラ現象の写真)17選

顔に見えるもの(家や木など)の画像をご紹介します。

日常生活の中でも、「え〜、これ顔に見えるように わざと狙ったんじゃないの?」と思わず突っ込みたくなるような偶然って、たまに遭遇しますよね? ^^)

なんと人の脳には、シミュラクラ現象(Simulacra)と呼ばれる「3つの点が集まった図形を顔と認識する機能」が備わっているそうです。


・・・しかし、そんな小難しい脳科学・心理学は さて置き、面白画像で気楽に笑いたい人へ本稿を捧げます(笑)

目次
顔に見えるもの画像(シミュラクラ現象の写真)17選

1.夕焼け空に浮かぶニヤけ顔(鳥)

顔に見える鳥

3羽の鳥が顔に見えます。

人を小馬鹿にしたようなニヤケ顔が、何とも絶妙(笑)

2.驚いている表情のフクロウ(教会)

顔に見える教会

教会を特定の方向から眺めたら、愛らしいフクロウの顔が登場。

屋根の十字架・丸い窓の模様・屋根瓦 の配置がベストマッチですね。

3.ミミック(ダンボール)

顔に見えるダンボール

ダンボールを開封した様子が顔に見えます。

RPGゲーム中に出てくるミミック(宝箱型のモンスター)って、リアルだとこんな感じですかね? ^^)


※ ↑ミミックの参考画像

4.ミミックその2(家)

顔に見える家

お洒落な家が顔に見えます。

舌を出している様に見える所など、こちらの方がよりミミックらしいですね(笑)

5.ほっぺたが膨らんでいる人(ナス)

顔に見える野菜

どうみても人の顔にしか見えない茄子。

ポチョンとした目と、ニュッと突き出た鼻の形なんて、もはや芸術ですね。

6.大きな口をあけているメガネさん(靴)

顔に見える靴

メガネを掛けた顔に見える靴。

このタイプの靴を履くたびに、思い出してしまいそうです。

7.もののけ姫に登場するコダマ(ライター)

顔に見えるライター

多くの顔が集まっているように見えるライター。

ジブリ作品の"もののけ姫"に登場するコダマ、もしくは"千と千尋の神隠し"に出てくるカオナシみたいですね(笑)


※ コダマの参考画像

・・・ちょっと不気味。

8.ゲロを吐いたら下の人の口に...(シートベルト)

顔に見えるシートベルト

車のシートベルトにも、顔に見える部分がっ!

嘔吐物が 下の人の口に...(以下、自粛)。なんだかスマイルマークに似ていますね ^^)

9.悪魔(木)

顔に見える木

顔のように見える木。・・・これ、普通に怖いです。

夜に見てしまったら、ビックリして腰を抜かしそう。

10.覆面をしている人(家?)

顔に見える家

覆面をしている顔に見える家。

どことなく愛らしく、憎めない表情ですね ^^)

11.お目目パッチリさん(ギター)

顔に見える楽器

お目々パッチリな顔に見えるギターです。

こういうキャラクターがアンパンマンに登場していたような気が…。

12.オシャレメガネのお兄さん(蛇口)

顔に見える蛇口

蛇口だって顔に見えるんです。

どこかを必死で見つめている表情・・・でしょうか??

13.視線を下げる人(レンガ造りの家)

顔に見える家

ドアを凝視している顔に見える家です。

「壁に耳あり、障子に目あり」というやつですかね?(違)

14.お目目ショボショボ(キウィ)

顔に見える果物

顔のように見える、キウィの断面です。

ゴマ粒っぽいお目々がキュート♪ 純粋そうな、素朴そうな 感じですね ^^)

15.人を飲み込むカネゴン(ヘリコプター)

顔に見えるヘリコプター

軍事用のヘリコプターを正面から撮影すると、顔に見えます。

ウルトラマンに出てくる怪獣"カネゴン"にソックリ(笑)


※ カネゴン参考画像

16.細い目でこっちを覗いてくる人(家)

顔に見える家

こっちを覗いているような、睨んでいるような、そんな顔の表情に見える家です。

屋根裏部屋の窓(目)と、手前の窓(歯)の配置が絶妙。

17.思いっきり驚いている人(家)

顔に見える家

とても驚いた表情の顔に見える家です。

この家を実際に見ると、こちらも驚いてしまいそうですね(笑)

ものが顔に見える「シミュラクラ現象」まとめ

シミュラクラ現象は、実に不思議! どれもこれも、偶然にしてはデキ過ぎているほどの 見事な “顔”

一説によれば、
「点が3つ集まった模様」が顔にみえる理由は、脳が「人の表情」を より認識しやすいようにイメージ補完する為 なんだとか。


家、建物、野菜、果物、etc…、探してみると意外にたくさん「顔に見えるもの」を発見できそうですね。

気分転換や 柔軟な発想力を鍛えるトレーニングの一環として、皆さんも「顔探し」をしてみては いかがでしょうか? ^^)