TOP >> 家庭円満・家族愛・育児 >>

【仕事と家庭の両立】どちらを優先するかで30代が陥りやすい失敗パターン5つ

【仕事と家庭の両立】どちらを優先するかで30代が陥りやすい失敗パターン5つ

30代になると、仕事と家庭の両立に頭を悩ませる人が多くなります。

人生の先輩たちの中には、30代の頃を振り返って「ああしておけば良かった」「こうしておけば良かった」と後悔している人も少なくありません。

若さで突っ走る20代に比べ、社会経験を積み、ある程度 世間の厳しさを知るようになる30代。

この記事では、"悩める30代" が先人たちと同じ失敗を繰り返さないための「30代が陥りやすい失敗パターン5つ」をご紹介します。

【仕事と家庭の両立】どちらを優先するかで30代が陥りやすい失敗パターン5つ

1.挑戦を恐れるようになる

30代は、職場で責任ある立場を任され始める年代。

10代・20代の頃は、将来に対して多くの「夢」を持っていたはずです。

しかし仕事が忙しくなるにつれ、若いころに持っていた夢はドンドンと頭の片隅へと追いやられ、いつの間にか「今更もう無理だな」と諦めるようになってしまいます。

やりがいのある職場へ転職や起業と言った「挑戦」よりは「安定(現状維持)」を求める心が強くなるのが30代と言われています。

30代とは言え、まだ長い人生「このままで良いのか」いま一度 自問自答してみましょう。

アニメ「スラムダンク」(アラサー世代が子供の頃に観ていたアニメ?)の安西先生が言っていたセリフを思い出してみてください。

「諦めたら試合終了ですよ」と。

2.家族や友人に比べ、職場(仕事)を優先してしまう

仕事で責任ある立場を任されるに従い、プライベートよりも職場(仕事)を優先する傾向に陥りやすいのが30代です。

一生懸命仕事に打ち込み、職場での評価を上げることは、もちろん大切なこと。

しかし、それ以上に「有意義な人生」というものを見つめ直してみてください。

人生の最期で宝になるのは、職場での評価ではなく、数多くの「思い出」。ぜひ、家族や友人たちとの大切な思い出作りを忘れないようにしたいものです。

3.健康管理を疎かにする

人体の機能は、20才前後を境に衰え始めると言われています。

徹夜・暴飲暴食・アルコール など、まだまだ若いと思って20代の頃のように無理をすると、身体にとんでもない不幸を招く恐れがあります。

多くの人が忘れがちですが、何かを成す上で「健康」は最も重要な要素。

例えば、病院に長期入院するまではいかなくとも、疲れやすい身体や、トイレが近い身体、常に頭痛持ちの体質などは、大きなハンデを背負うことになります。

  • 規則正しい生活リズム
  • 定期的な運動
  • 良質な栄養摂取

などを心掛け、健康管理を徹底する習慣を身に付けることで、40代50代も精力的に人生を楽しむことができます^^

4.結婚しない・子供を持たない

人生の最後に後悔することの中に「結婚しなかったこと」「子どもをつくらなかったこと」と言うのがあります。

仕事やプライベートが充実している、30代の独身には考えられないことかもしれませんが、事実として受け止めておいた方が良さそうです。

例えば、結婚しないで独り身を楽しむ「独身貴族」という生き方は、せいぜい20代~40代まで。その後は、とてつもない寂しさと虚無感に悩まされると言われています。


想像してみてください、自分が独り身のまま還暦を迎えることになった日のことを。

ある日公園へ散歩をしに行ったとします。そんな時、孫に囲まれた幸せそうな同世代の老人たちをみたら・・・泣きたくなってしまうのではないでしょうか。

昨今は生殖医療の進歩により、一昔前に比べて、子供を望める年齢の上限が上がりました。ニュースでは、60代で出産した女性が報じられることもしばしば。

とは言え、いくら人工的な妊娠が可能になったといえども、年齢を重ねるごとに精子・卵子の質がドンドンと低下していくことに変わりはないのです。

遺伝病のリスクを減らし、少しでも優秀な子供を持ちたければ、早期に子どもをつくる方が懸命です。

働き盛りの30代では「今の生活を維持するだけで 精一杯、とても結婚や子供にまで気が回らないよ」という人もいるかもしれません。


しかし、それは本当でしょうか。

ただ単に、新しい一歩を踏み出すことが恐ろしく、直視したくない現実から逃げるだけの言い訳になっていませんか。

結婚や出産は、どうしても適齢期というものがあります。30代の皆さんは、それをしっかり理解する必要があります。

子育てに関して言えば、国や各自治体が様々な援助制度を設けているため、そう言った知識を増やすことで、お金が無いから子育てが不安と言うような悩みを解消することができます。

もしアナタが仕事に生きがいを感じ、今に満足していたとしても、結婚や子育てと言うのは、全く別次元の生きがいを連れて来てくれることでしょう。

人によって「幸せ」の答えは様々かもしれません。

ただし幸せを手にした先人たちが、確実に築いたもの、それは「愛溢れる家庭」であったことを忘れてはいけません。

5.年を取った両親と、充分な時間を過ごさないこと

30代にもなると、両親はだいぶ高齢になってきているのではないでしょうか。

久しぶりに会いに行ったら、母親が随分小さく感じたという経験をお持ちの方もいらっしゃるはずです。

「孝行の、したい時分に親はなし」と言うことわざがあるくらい、いざ親孝行をしようと思ったら、既に親は亡くなっていて居なかったとと言う経験をした先人たちは多いのです。

どんな時も「別れ」と言うのは突然にやってきます。

高齢者に多い脳卒中や心筋梗塞といった病気は、亡くなるほんの数日前まで元気に話しをしていたと言うことがほとんど。

自分を産み育ててくれた両親への親孝行は、いつまでも出来るわけではありません。後回しにして、決して後悔だけはしないようにしましょう。

この記事のまとめ

【仕事と家庭の両立】どちらを優先するかで30代が陥りやすい失敗パターン5つ
  1. 挑戦を恐れるようになる
    若い頃に描いた夢を諦めるにはまだ早い!もう一度挑戦する勇気を持ちましょう。
  2. 家族や友人に比べ、職場(仕事)を優先してしまう
    人生の最期で宝になるのは、職場での評価ではなく、数多くの「思い出」。家族や友人との思い出づくりを忘れないようにしましょう。
  3. 健康管理を疎かにする
    人生を楽しむ上で「健康」は最も重要な要素です。規則正しい生活リズム・定期的な運動・良質な栄養摂取を心がけましょう。
  4. 結婚しない・子供を持たない
    幸せを手に入れた先人たちは「家庭」を築いてきました。今一度、結婚や子育てについて見つめ直してみましょう。
  5. 年を取った両親と、充分な時間を過ごさないこと
    親孝行はいつまでも出来るわけではありません。時間がある時に親には感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

30代は、「若手」と言われた20代を卒業し、「脂がのる年代」へと移行する過渡期です。

仕事・夢・家庭・育児のバランスを調整しながら、悔いのない人生設計をしていきましょう♪