TOP >> 家庭円満・家族愛・育児 >>

黒人の子供(赤ちゃん)が養子として白人ファミリーに受け入れられていく一部始終【愛で人種差別問題を解決】

黒人の子供(赤ちゃん)が養子として白人ファミリーに受け入れられていく一部始終【愛で人種差別問題を解決】

黒人の赤ちゃんが養子として白人ファミリーへ受け入れられていく、一部始終をご紹介します。人種差別問題の解決には「法律・罰則」ではなく「愛」が有効だということが、良く分かります。

日本では、まだまだ養子縁組というのは一般的ではありません。統計によれば、孤児院にいる子供たちの養子縁組率は1割にも満たないそうです。一方、アメリカの孤児院にいる子供たちの養子縁組率は、5割〜8割にも上るとのこと。

アメリカ社会では、セレブから一般人の間まで、幅広い層で養子縁組が広く認知されています。3人の養子と3人の実子を育てている女優アンジェリーナ・ジョリーは有名ですよね? ^^

ここでは、とある白人ファミリーの元に養子縁組された 黒人赤ちゃんのストーリを、写真を通してお伝えします。


白人ファミリーの元に養子にきた黒人の赤ちゃん

↑小さくて可愛い黒人の赤ちゃん♪

この黒人赤ちゃんの名前は「Sam(サム)」君です。


白人ファミリーの元に養子にきた黒人の赤ちゃん

↑駄々をこねるSam君のお世話をしようと頑張る、白人のお姉ちゃん。


白人ファミリーの元に養子にきた黒人の赤ちゃん

↑肌の色なんて関係ない! 白人のお婆ちゃんからも、Sam君は愛されています。


白人ファミリーの元に養子にきた黒人の赤ちゃん

白人ファミリーの元に養子にきた黒人の赤ちゃん

↑ Sam君の、何かに怯えているような、この潤んだ瞳が切ないですね。。。


白人ファミリーの元に養子にきた黒人の赤ちゃん

↑黒人の赤ちゃんであるSam君は、ちゃんと白人ファミリーの一員です。

「白人のお婆ちゃん・お母さん・2人のお姉ちゃん」の家族の輪に入っていて、しっかりと居場所が確保されています。


白人ファミリーの元に養子にきた黒人の赤ちゃん

↑ 白人のお爺ちゃんからも、Sam君は愛されています。


白人ファミリーの元に養子にきた黒人の赤ちゃん

↑養子で黒人のSam君ですが、実子(=白人のお姉ちゃんたち)と差別されず、お母さんは愛を与えてくれています。感動して目頭が熱くなりますね。


白人ファミリーの元に養子にきた黒人の赤ちゃん

↑ 人種差別をしない博愛主義のお母さんの思想は、ちゃんとお子さんたちに受け継がれている様子。

Sam君は、二人のお姉ちゃんたちからも溺愛されています。(微笑ましすぎますね^^)


白人ファミリーの元に養子にきた黒人の赤ちゃん

白人ファミリーの元に養子にきた黒人の赤ちゃん

↑養子に入った時に比べて、かなり表情が柔らかくなってきたSam君。

赤ちゃんは、家族愛に敏感です♪


白人ファミリーの元に養子にきた黒人の赤ちゃん

↑Sam君は赤ちゃんですから、元気よく泣きます。

弟になったSam君を、一生懸命に泣き止ませようと頑張るお姉ちゃん♪


白人ファミリーの元に養子にきた黒人の赤ちゃん

白人ファミリーの元に養子にきた黒人の赤ちゃん

↑パパとママの眼差しが温かい! 仲良し夫婦の家庭へ養子にきたSam君、幸せそうですね。


白人ファミリーの元に養子にきた黒人の赤ちゃん

白人ファミリーの元に養子にきた黒人の赤ちゃん

↑お爺ちゃんにアッカンベー! いないいないばあっ! アブブブブ〜(笑)


白人ファミリーの元に養子にきた黒人の赤ちゃん

↑Sam君の天使の寝顔♪ 心から安心しきっているようですね^^


白人ファミリーの元に養子にきた黒人の赤ちゃん

白人ファミリーの元に養子にきた黒人の赤ちゃん

白人ファミリーの元に養子にきた黒人の赤ちゃん

白人ファミリーの元に養子にきた黒人の赤ちゃん

↑Sam君にミルクをあげる、イクメンなパパ♪

この記事のまとめ

黒人の子供(赤ちゃん)が養子として白人ファミリーに受け入れられていく一部始終【愛で人種差別問題を解決】

養子に来た当初は、どこか不安そうに怯えていた黒人のSam君。

しかし、新しい白人ファミリーの中で、パパ・ママ・お姉ちゃん、お爺ちゃん・お婆ちゃんの愛を受けて、安心した表情を見せるようになってきました!

ほんと、「産みの親よりも育ての親」とは良く言ったものですね^^


遺伝学的には、白人の夫婦から黒人の子供が生まれることは無いそうです。

ところが、こうして白人ファミリーが黒人の赤ちゃんを養子にもらうことで、家族も赤ちゃんも幸せになれるし、社会から人種差別がどんどん減っていくと思います。とても感動しました!

法律や罰則などのルールで縛るのではなく、「博愛」の精神を社会に浸透させていき、人種差別問題を解決していきたいですね。

そして、日本でもぜひ「養子縁組」を一般化していけたらよいなぁと思います。