TOP >> 社会情勢・世界のニュース >>

幻の車「ランボルギーニLP500」が復活!?スーパーカーミーティング2018山形

幻の車「ランボルギーニLP500」が復活!?スーパーカーミーティング2018山形

2018年9月23日(日)、山形県山形市にて「第12回 スーパーカー・ミーティング2018」が開催されました。

ランボルギーニやフェラーリなどの超高級カーが、日本全国から集まる一大イベント。今回は過去最多である「135台のスーパーカー」たちが集結しました。

伝説のスポーツカーと言われる ランボルギーニ・カウンタック「LP500」のレプリカが登場するなど、会場は大盛況♪(※ 記事後半でご紹介します。)

現地で撮影した写真と共に、かっこいいスーパーカーをご堪能ください!

なお、写真は素人撮影なので・・・あしからず。

幻の車「ランボルギーニLP500」が復活!?スーパーカーミーティング2018山形

日本全国のスーパーカーが山形に集結

「スーパーカー・ミーティング2018」の当日は 天気に恵まれ、山形は久しぶりの夏日に。

山形県山形市にある「みはらしの丘」には、早朝からスーパーカーがずらり!

午前10時のイベント開催を待っていました。

スーパーカーミーティング2018 山形


スーパーカーって、一台止まっているだけでも、珍しいのに・・・

スーパーカーミーティング2018 山形

それが、なんと135台も!

正直、信じられない光景・・・圧巻です。


スーパーカーミーティング2018 山形

これはもう、スーパーカー好きには堪りませんね。数千万円もするランボルギーニが並びすぎ!

カラフルなその様子は、まるで「虹」です。

ランボルギーニ、フェラーリ、コルベット などのスーパーカー

全国から続々と会場入りするスーパーカーたち。

エンブレムを一目見ただけですぐに分かる有名ブランド 〜 玄人好みのちょっとマイナーなブランドまで、様々です。


ランボルギーニ

スーパーカーの筆頭といえば、ランボルギーニ。

今回も、一番多く会場に並んでいました。

ランボルギーニ


このドアの開き方が、最高にお洒落♪

ランボルギーニ


上に開いたドアが、ウサギみたいで可愛い・・・。

ランボルギーニ

ランボルギーニ


ランボルギーニの中には、カスタムされた車(改造車)も多くありました!

ランボルギーニのカスタム車(改造車)


それにしても・・・これは地面ギリギリ過ぎじゃないか!?

地面に擦らないか心配過ぎて、筆者なら運転できる気がしない(汗)

ランボルギーニ


フェラーリ

芸能人やスポーツ選手の間でも、人気の高い「フェラーリ」。

フェラーリ

フェラーリ


コルベット

車メーカー「シボレー」が手掛けるスポーツカー「コルベット」。

羽のようなエンブレムが格好良いですね!

コルベット


その他

スーパーカー

スーパーカー


スーパーカーのカスタム車

会場でひと際目を引いたのがコチラ。Anijaによってカスタムされたスーパーカーです。

なんだかアニメから出てきたような、異次元のカッコ良さ・・・。

Anija カスタム


細部まで、めちゃくちゃ凝ってます。

Anija カスタム

Anija カスタム


Anija スーパーカーのカスタム

後ろ姿も惚れぼれします・・・。


ランボルギーニ・カウンタックLP400

スーパーカー・ミーティング2018に登場した「ランボルギーニ・カウンタックLP400」。

ちなみに、カウンタックというのは日本的な読み方で、本場イタリアでは「クンタッチ」と発音するそうです。

くれぐれもイタリア人の前で「イタリアのカウンタックって最高っすよね!」とは言わないように。

(まぁ・・・どうせ通じませんが ^^)


LP400のスペックと写真

1974年にはじめて製造された「LP400」。

当時生産された台数は、僅か150台なんだとか。希少価値 高すぎッ!

LP400のスペック
車両重量約1.6トン
エンジン3,929cc
最高時速260km/h

ランボルギーニ・カウンタックLP400

ランボルギーニ・カウンタックLP400

ランボルギーニ・カウンタックLP400


ランボルギーニ・カウンタックLP500

ん? ・・・「LP400」の隣に、黒い布で覆われた車が。

ランボルギーニ・カウンタックLP500

この物々しい車は、メインイベントで発表される、幻の車「LP500」の復刻版レプリカです。


LP500の誕生(復活)秘話

「LP400」が生産される前、その原型となるモデルとして制作されたのが「LP500」。

この車両は、1971年当時 進歩的なデザインで反響を呼びましたが、実用化されるまでには至らず、世の中から姿を消しました。そのため世界に1台も残っていません。

今回 その幻の車「LP500」の復元プロジェクトが立ち上がり、イタリア人技術者4名が参加。

世界で初めて、ランボルギーニ・カウンタックLP500の復活に成功したのです!


このプロジェクトに携わった技術者4名のうち一人は、当時「LP500」を手掛けた方の息子さん。

父親の想いを受け継ぎ、今回のプロジェクトを成功させられた事を、大変喜んでいました。


ランボルギーニ・カウンタックLP500の制作者

あれ? ・・・押し寄せる報道陣の中をかきわけ夢中で撮影したので、3名しか映っていませんでした(泣)

大変失礼いたしました。


ランボルギーニ・カウンタック(Lamborghini Countach)LP500

ランボルギーニ・カウンタック(Lamborghini Countach)LP500

いやもう・・・なんと言うか、1970年代の車だとは思えませんね。

斬新なデザインは、逆に未来型にすら感じます。


ランボルギーニ・カウンタック(Lamborghini Countach)LP500

イベントには、コスプレイヤーの方もゲストとして来ていました。

ユイさんと keiさんです。

ランボルギーニ・カウンタック(Lamborghini Countach)LP500


トム・クルーズが使用したパトカーも

スーパーカーたちの中に、なぜかアメリカのパトカーが一台。

この車、トム・クルーズ主演の映画「ジャック・リーチャー」で実際に使用されたものなんだとか!

「おお~~~~・・・」映画好きの筆者にとって、とんでもない感動が(笑)

ジャック・リーチャーで使用されたパトカー


オーナーは日本人の方ですが、どこかアメリカンっぽい。

ジャック・リーチャーで使用されたパトカー

まさかコレを普段使いしてるワケじゃないですよ・・・ね?


ジャック・リーチャーで使用されたパトカー

パトカーに捕まった子供は、もちろんパフォーマンスです(笑)


イベント会場では、スーパーカーの試乗体験ができる

スーパーカー・ミーティングでは、毎年いろいろなイベントが開催され、限定グッズなども販売されます。

その中でも、毎年恒例となっているチャリティー・イベントが、スーパーカーの試乗体験。

これは20名限定で、主に子供向けに行われています。(※ 20名は抽選)


子供たちは 憧れのスーパーカーの助手席に乗せてもらい、オーナーと共に公園内を一周。

もしかすると、一生できない体験かもしれませんよね・・・。いや、この体験が元になって、将来スーパーカーのオーナーになっちゃうかも!?

とにかく抽選で当たった子は、超ラッキーです♪

おまけ

足元には、こんなのもいました^^

ランボルギーニのミニチュアです。

ランボルギーニのミニチュア


ちょっとちょっと、可愛過ぎません??

ランボルギーニのミニチュア


本物のランボルギーニは買えないけれど、・・・これなら筆者も買えそう♪

来年は、ミニチュアで参加決定ですな(笑)

この記事のまとめ

幻の車「ランボルギーニLP500」が復活!?スーパーカーミーティング2018山形

今年のスーパーカー・ミーティングは、天気に恵まれたこともあり 多くのギャラリーが訪れていました。

何より、世界初「LP500」の復活ストーリーには感動。


普段、高級車やスポーツカーには、あまり縁のない筆者ですが・・・、改めて その芸術性の高さや、高級感に魅了された一日となりました。

実用性はともかく、スーパーカーには「夢」がいっぱい詰まっている、そんな印象を持ちましたね。

一年に一度、憧れのスーパーカーに囲まれる日。来年の「スーパーカー・ミーティング2019」には、ぜひ山形に足を運んでみてはいかがでしょうか。