TOP >> 社会情勢・世の中 >>

韓国のセンター試験『スヌン』 "世界一受験戦争が激しい国" の文化とは?

更新日:韓国のセンター試験『スヌン』 "世界一受験戦争が激しい国" の文化とは?

韓国在住歴21年のユナママ(主婦)が、現地から韓国の「今」をお届けするコーナー。

今回は「韓国の大学入試スヌン)」について。


韓国において いよいよ明日(2020.12.3)は、2021年度 大学入試センター試験日です。

※ 韓国版センター試験:韓国語での正式名称は「大学修学能力試験」、略して「修能(スヌン)」。


ユダヤ式英才教育1 でお伝えしたように、韓国は「世界で最も受験戦争が激しい国」だと言われています。

「出身大学で人生が決定する」といっても過言ではない韓国社会。・・・日本人の感覚からすると 異様なまでの受験戦争と、親の過干渉をみることができるこの時期。


韓国のスヌン・シーズンに見られる 独特な光景をご紹介します。

目次
韓国のセンター試験『スヌン』 "世界一受験戦争が激しい国" の文化とは?

大学修学能力試験(スヌン)とは?

熾烈な受験大国として有名な韓国。「スヌン」は受験生家族にとって一大イベント!

早ければ小学生のうちから、スヌン(=大学入試)に向けて 親子二人三脚で準備しています。

韓国のスヌンと、日本のセンター試験の違い

日本のセンター試験とは異なり、韓国のスヌンは「丸1日」で終了します。

朝8時40分から開始し 17時40分まで、5科目のテストが一気に進行。

スヌンの等級区分

スヌンは5科目で500点満点となっており、満点が最高等級(最高評価)。そこから9つに等級分けされる仕組みです。

※ 上位4%が1等級、そこから7%(累積11%まで)が2等級、…となり、それぞれの等級に合わせて希望大学・専攻を決め志願するという流れ。

スヌンだけではなく内申点でも、大学入学が評価

日本の大学進学率が50%台なのに比べ、現在 韓国の進学率は70%ほど。しかし2009年 韓国の大学進学率が80%近かったことを考えると、だいぶ低下したといえます。

その理由の一つは「スヌンの結果次第で大学が決まる」という90年代までの常識が崩れてきたため。

韓国では90年代後半から「学生簿総合全衡(日本でいう 内申点)」と呼ばれる先般的な評価や「論述と面接による入学」が徐々に浸透しはじめました。


子供の環境や性格によっては「たった1日の一発勝負」で決まるスヌンよりも、中学・高校時代の学校生活全体*を評価してもらった方が、有利な場合もあるようです。

※ 内申の評価基準:奉仕活動、学生会活動、各種大会での受賞経験、自己紹介文、教師の推薦 など

韓国における内申制度の問題点

ただし韓国における内申制度には、問題点も指摘されています。


上述のとおり「出身大学で人生が決まってしまう」といっても過言ではない韓国社会。子供の内申点を上げるための「高額な闇ビジネス」が横行しているというネガティブな一面も…。

具体的には、大会に出す作品や論文を 塾講師が代わりに請け負ったり、等があるようです。

スヌン入学と内申点入学の比率

要約すると、韓国の受験生には 下記2つの道が提示されていることになります。

  • スヌンの一発勝負にかける
  • 長い時間(お金も)を費やして内申点を上げていく

現在は、おおよそ「内申入学者が4割」「スヌン入学者が6割」という割合です。

しかし どちらの道を選ぶにせよ、大学進学を目指す韓国の学生達は、高校生になると 朝から晩まで受験戦争へ突入。

スポーツ、芸術、趣味活動などは二の次となり、青春を謳歌できないのは可哀想に感じてしまいます。

※ 韓国の高校には、日本のような部活が ほぼありません。

我が子の受験成功にかける親たちの情熱!

スヌンへの想いは、受験生の親たちも凄まじいです。

スヌンの約100日前になると、近所のキリスト教会やお寺では、一斉に「合格祈願祈祷会」がスタート! 毎日続くこの祈祷会には 特に母親たちが通い、その熱心に祈る姿が印象的。

(日本の教育ママたちもビックリ…)


韓国はクリスチャン人口が多い国というイメージですが、実は壮年・老年世代の仏教徒も大勢います。

日本の受験生のように「お寺でおみくじを買う」どころではない、熱~い祈祷が飛び交っています。

牧師さん・神父さん・お坊さんも総出で「スヌン一色!」の韓国です。

スヌン受験日の当日は、飛行機も飛ばない

スヌン受験日の午後は「英語のリスニング試験」。

騒音が受験生を邪魔しないようにと、その試験時間(約40分間)は 飛行機の発着陸を全国規模で禁止する、という徹底ぶり。

しかし今年はコロナの影響で、そもそも1日に数着しか運航していないため「飛行機騒音による受験妨害」は全く心配なさそうです。

白バイやパトカーが、スヌン受験生のために出動

そして毎年、寝坊・遅刻したスヌン受験生のために 白バイやパトカーが出動。

もはや韓国では お馴染みの光景です…。

縁起を担ぐ「スヌン祈願」の食べ物が販売

街のパン屋さんには、ハロウィン? バレンタイン? かと疑いたくなる派手な商品が並びます。もちろん「スヌン祈願」…。


韓国では受験生に「ヨッ」と呼ばれる「べたべた歯にくっつくキャンディ」をあげるのが一般的。

※ 韓国語では、「試験に合格する」を「試験にくっつく」と表現するためです。


また 昨今は、文房具とセットになっている「お餅やキャンディを入れたアイテム」が、高額で販売されています。

縁起を担いだ「わかめスープは滑るから食べない」などの風習も。

新型コロナ陽性者は、病院で隔離されながら受験

スヌン受験生のコロナ陽性者に関しては、2週間前から病院や自宅で隔離されていました。

どうやら今年は144名の学生が、個人病室で受験をすることになるようです。

当日 コロナ陽性が確定した受験生は、受験場に別室を用意して「陽性者クラス」を作る予定だとか。


今年 韓国では、54万人のスヌン受験生がいると言われています。

(昨年比4万6千名マイナス、現役の高校3年生が73%、浪人生が26%、その他2%)


2020年 春からのコロナ騒動で、学校の授業はほぼオンライン化。陽性患者が増えるたびに、塾、スタディカフェ、図書館の利用が、続々と禁止されて来ました。

コロナ蔓延で心身ともにストレスを感じてきた受験生達へ、心から健闘を祈りたいと思います。

【お知らせ】Amazonで電子書籍を販売中です。

ユダヤ式英才教育ユナママ
ユダヤ式英才教育ユナママ

日本ハブルータ教育研究会代表。

東京都出身、在韓歴21年目の日本人。家族構成は、夫(韓国人)と3人の子供たち。韓国の大学を卒業後、米国語学留学。USCPA(米国公認会計士)試験に合格し、英語・韓国語・日本語を生かして韓国大手会計法人にて勤務。米国滞在時より世界の経済を牛耳るユダヤ人には興味があった。第2子を出産後、本格的にユダヤ式英才教育を学びたいと思い、韓国ハブルータ教育協会にて、父母教育&読書討論指導過程を修了。現在は、韓国人&在韓日本人ママ向けに、ハブルータ読書討論コーチ・父母教育講師として活動中。

〇 メッセージ 〇
「我が家に最適な育児法とは?」という悩みを数年間 抱き続け、様々な教育方法を学んでいた2014年に「ユダヤ式家庭教育法」に出合いました。それ以来、育児の指針となったユダヤ式教育と、学力だけでなく豊かな人間性を育てることができる「ハブルータ」の虜に。
(ハブルータ:ユダヤ式1対1質問討論学習法 & 読書討論法)

この素晴らしい教育法を広めるべく、この度 インターネット上でも執筆させていただく事となりました。ぜひ一人でも多くの親子が、幸せで豊かな人生を送るお手伝いができれば幸いです。