TOP >> 社会情勢・世界のニュース >>

【視覚障がい者・盲目でも読書】フィンガーリーダーは、印刷物のテキストを指でなぞると読み上げてくれる!

【視覚障がい者・盲目でも読書】フィンガーリーダーは、印刷物のテキストを指でなぞると読み上げてくれる!

フィンガーリーダーとは、指輪サイズのテキスト読み上げ装置です。指にはめて印刷されたテキスト(文章)をなぞるだけで、音声を読み上げてくれるという優れもの。

MIT(米マサチューセッツ工科大学)が発表したこの画期的なツールは、「視覚障がい者(盲目)の方々でも、点字ではない一般書籍を読める」という夢を実現してくれるかもしれません。

テクノロジーの進歩は、どんどん人類の生活を快適にしますね♪

それでは早速ご紹介します。

【視覚障がい者・盲目でも読書】フィンガーリーダーは、印刷物のテキストを指でなぞると読み上げてくれる!

フィンガーリーダーのデモムービー

縦書き・横書きを問わず、スイスイ認識していますね!

紙の書籍であろうが、Kindleのような電子書籍であろうが、お構いなし。

指でなぞるだけでリアルタイムに読み上げてくれ、さらにPC内にテキストを取り込む機能も備わっているようです。

このフィンガーリーダーに使われている「印刷物からテキストデータを取得する技術(=OCR:光学文字認識)」や「テキストデータから音声を合成する技術」は、情報工学の分野では以前から存在していた技術です。

しかし、指輪サイズにまで小型化し、さらに精度を高めたという点において、この装置は画期的だと言えるでしょう。

フィンガーリーダーを使っている様子

MITが開発したフィンガーリーダー

フィンガーリーダーを使っている様子

MITが開発したフィンガーリーダー

MITが開発したフィンガーリーダー

MITが開発したフィンガーリーダー

フィンガーリーダーには振動モーターもついていて、指を動かす方向を先導してくれるそうです。

2011年に発表し、そこから3年間みっちり時間をかけて、実用化まであと僅かというところに迫ったフィンガーリーダー。

視覚障がい者の方々の生活を一変させる、素晴らしいデバイスの販売が待ち遠しいですね^^