TOP >> 社会情勢・世の中 >>

ケネディ大統領のスピーチ 『The President and the Press』 英文と日本語訳 - ディープステート対策をマスコミへ要請

更新日:ケネディ大統領のスピーチ 『The President and the Press』 英文と日本語訳 - ディープステート対策をマスコミへ要請

ケネディ大統領によるスピーチ
The President and the Press
(大統領と報道機関)
の、英文と日本語訳をご紹介する。

この演説は 1961年4月27日、ニューヨークでアメリカの新聞記者たちを集めて開催。キューバのカストロ政権転覆を謀った、ピッグス湾事件の失敗直後だったという。

東西冷戦の緊張下にあって、就任したばかりのケネディ大統領。それまで知る由もなかった国家機密に触れ、何かに気づいた時期だったろうことは想像に難くない。


本来このスピーチは、安全保障のために必要な「情報統制」と「報道の自由」のバランスについて、メディアと国民に問いかけたものとされる。

しかし ディープステートの存在を念頭に置くと、このスピーチの見え方が全く変わってくるのだ。

英語学習を兼ね、皆さんご自身の目でよく確かめてほしい。


※ なお、翻訳の文責は筆者にある。ケネディ大統領のスピーチは非常に格調高い。つまり難解。文法上のディテールよりも、日本語に直して通じる翻訳を心がけた。原文も併記するので、語学堪能な方は そちらも併せてご確認頂きたい。また、全文を記載すると長いので、一部抜粋であることもお断りしておく。

目次
ケネディ大統領のスピーチ 『The President and the Press』 英文と日本語訳 - ディープステート対策をマスコミへ要請

自由社会と「秘密」

自由社会と秘密

The very word "secrecy" is repugnant in a free and open society; and we are as a people inherently and historically opposed to secret societies, to secret oaths and to secret proceedings.

repugnant:不快な
inherently:本質的に
oath:誓い


自由社会においては、「秘密」という言葉自体が不快なものだ。しかも我々は、本質的にも歴史的にも、秘密結社や秘密の誓い、秘密工作といったものに反対してきた国民だ。

「安全保障強化 = 国家による監視」と拡大解釈する勢力

And there is very grave danger that an announced need for increased security will be seized upon by those anxious to expand its meaning to the very limits of official censorship and concealment. That I do not intend to permit to the extent that it is in my control.

seize upon:〜につけいる
censorship:検閲
to the extend that:〜である限りは


我々は深刻な危機にある。安全保障強化の必要性を訴えると、それをまるで国家による監視と隠蔽工作であると拡大解釈したがる者たちに、付け入る隙を与えている。

私の政権下で、そんな拡大解釈は許さない。

宣戦布告なき攻撃

Today no war has been declared--and however fierce the struggle may be, it may never be declared in the traditional fashion.

Our way of life is under attack. Those who make themselves our enemy are advancing around the globe.

declare:宣言する
however :どんなに〜でも
fierce:激しい


今日、いかなる宣戦布告もなされていない。また、どんなに激しい戦闘があったとしても、伝統的形式の宣戦布告がされることはないのかもしれない。

我々の生活様式は攻撃にされされている。我々の敵になろうとする者たちが、地球上で勢力を拡大しているのだ。

一枚岩の冷酷な陰謀組織

陰謀組織ディープステート

For we are opposed around the world by a monolithic and ruthless conspiracy that relies primarily on covert means for expanding its sphere of influence--on infiltration instead of invasion, on subversion instead of elections, on intimidation instead of free choice, on guerrillas by night instead of armies by day.

It is a system which has conscripted vast human and material resources into the building of a tightly knit, highly efficient machine that combines military, diplomatic, intelligence, economic, scientific and political operations.

monolithic:一枚岩の
ruthless:冷酷な
conspiracy:陰謀
infiltration:潜入
subversion:転覆
intimidation:脅迫
guerrilla:ゲリラ
conscript:徴集された
combine:結合させる


世界で我々と敵対しているのは、一枚岩の冷酷な陰謀組織だ。

彼らはおもに秘密工作によって勢力を拡大している。彼らの手口は侵略でなく侵入、選挙でなく政権転覆、自由選択でなく脅迫、昼の軍隊でなく夜のゲリラ部隊なのだ。

それは膨大な人的・物質的資源を投入し、固い結束と高い効率性を備えた一つのシステムだ。そこでは軍事、外交、諜報、経済、科学、政治などの作戦が一体となっている。

その工作は公表されない

Its preparations are concealed, not published. Its mistakes are buried, not headlined. Its dissenters are silenced, not praised.

No expenditure is questioned, no rumor is printed, no secret is revealed.

dissenter:反対者
expenditure:歳費


その工作は隠され、公表されない。
彼らの失敗は闇に葬られ、新聞の見出しを飾ることはない。反対者は沈黙を強いられ、報われることはない。

(不透明な)国庫支出が疑問視されることはなく、その噂は記事にもならず、秘密は暴かれないのだ。

秘密の冷戦

Perhaps there is no answer to the dilemma faced by a free and open society in a cold and secret war.

秘密の冷戦において、自由社会が抱えるジレンマ*への答えは、おそらく存在しない。

※ 自由社会が抱えるジレンマ - 安全保障上の「情報統制」と「報道の自由」のバランス問題をさす。

ケネディ大統領の家族(自宅の様子)

「マスコミの責務」 - 情報提供と警告

And that is our obligation to inform and alert the American people--to make certain that they possess all the facts that they need, and understand them as well--the perils, the prospects, the purposes of our program and the choices that we face.

obligation:責務
make certain that:〜であることを確認する


私たちの責任とは、アメリカ国民に情報を伝え、警告を発することなのだ。そして必要なすべての情報、つまり危機や展望、政策の目的や、我々が直面している選択肢について、国民が確認し、よく理解できるようにする責任がある。

アメリカ国民に情報を伝えてほしい

I am not asking your newspapers to support the Administration, but I am asking your help in the tremendous task of informing and alerting the American people.

For I have complete confidence in the response and dedication of our citizens whenever they are fully informed.

administration:政権
dedication:献身


私は、皆さんの新聞へ政権支持を求めているのではない。アメリカ国民に情報を伝え、警告を発するという大仕事に協力してくれることを求めている。

なぜなら、しっかりと情報を得た国民の反応と献身を、私はいつも信頼しているのだから。

「国民の責務」 - 議論と批判

Without debate, without criticism, no Administration and no country can succeed - and no republic can survive.

That is why the Athenian lawmaker Solon decreed it a crime for any citizen to shrink from controversy.

And that is why our press was protected by the First Amendment - the only business in America specifically protected by the Constitution - not primarily to amuse and entertain, not to emphasize the trivial and the sentimental, not to simply "give the public what it wants" - but to inform, to arouse, to reflect, to state our dangers and our opportunities, to indicate our crises and our choices, to lead, mold, educate and sometimes even anger public opinion.

decree:法を定める
shrink from:〜を嫌がる
specifically:明確に
the trivial:つまらないこと
indicate:示唆する
mold:形成する


議論も批判もなければ、政権も国家も栄ない。共和国も生き残れない。だからこそ、アテネの法律家ソロンは、市民が議論を怠ることを犯罪と定めたのだ。

そしてこれこそ 米国メディアが、米国憲法修正第1条で明確に保護されている理由である。メディアは 憲法により守られた 唯一のビジネスなのだ。

本質的にエンタメではなく、つまらないことを大げさに報道するものでもない。大衆が求めるものを与えるものでもない。

情報を伝え、覚醒させ、反応させ、危険と機会を知らせ、危機と選択を示し、導き、団結させ、教育し、時には義憤を促すものなのだ。

世界三大発明「印刷技術」の使命

報道機関の使命

It was early in the Seventeenth Century that Francis Bacon remarked on three recent inventions already transforming the world: the compass, gunpowder and the printing press.

Now the links between the nations first forged by the compass have made us all citizens of the world, the hopes and threats of one becoming the hopes and threats of us all.

In that one world's efforts to live together, the evolution of gunpowder to its ultimate limit has warned mankind of the terrible consequences of failure.

And so it is to the printing press--to the recorder of man's deeds, the keeper of his conscience, the courier of his news--that we look for strength and assistance, confident that with your help man will be what he was born to be: free and independent.

remark on:言及する
gunpowder:火薬
forge:構築する
consequences:結果
conscience:良心
courier:配達人


フランシス・ベーコンが 当時すでに世界を変えつつあった 近世の三大発明、すなわち「羅針盤、火薬、印刷技術」に付いて述べたのは、17世紀初めのことだ。

まず「羅針盤」によってはじめて構築された国家間のつながりは、我々みなを世界市民とし、誰かある一人の希望と恐怖は、我々全員の希望と恐怖になっている。

世界が共存の努力をする中、極限まで進化された「火薬」が、恐ろしい過ちの結果を人類に警告してきた。

そこで人類の活動の記録係、良識の番人、情報の運び手である「印刷技術」*に、我々は力と手助けを期待する。皆さんの助けがあれば、人間が本来あるべき姿、すなわち自由で独立した存在になれると、私は信じている。


※ press - 印刷技術と報道機関を共に「press」という言葉でかけている。

ケネディ大統領の意図はどこに?

ケネディ大統領とキャロライン
ケネディ大統領の長女キャロラインは後の駐日大使


皆さんには、このスピーチがどう聞こえただろうか? あの偉大なケネディ大統領が、心からマスコミ(press)に協力を求めていることが伝わるだろうか。

メディアと大統領なら知っている闇。それを世間に明かすのは、大統領でなく、あなた方メディアの役割じゃないか。それこそ民主主義だろう、と言わんばかりだ。


ディープステートという言葉が当時あったかは不明だが、あったとしてもアンタッチャブルなワードであったことだろう。

この後、ケネディ政権はキューバ危機に向かう。孤独で義憤に燃えた若きケネディ。人類を核戦争危機から回避させることには成功した。

しかし、ドル通貨発行権をFRBから取り返した6ヶ月後、テキサス州ダラスで暗殺*。享年46歳。


* FRB通貨発行権と大統領暗殺についてはこちら

ディープステートとは? トランプ演説による「世界とアメリカを牛耳る裏の支配者」について世界とアメリカの裏の支配者ディープステートとは? ロスチャイルド家を始めとする左派ユダヤのグローバリストがFRB、中央銀行を操作する本物の錬金術とは?ケネディ、リンカーン暗殺の理由とは? トランプ大統領の