TOP >> 観光名所・聖地 >>

天才『マラドーナの歴史』聖地・観光名所マップリスト|地理歴史教育

更新日:天才『マラドーナの歴史』聖地・観光名所マップリスト|地理歴史教育

天才『マラドーナ』観光名所・聖地マップリストをご紹介いたします。

目次
天才『マラドーナの歴史』聖地・観光名所マップリスト|地理歴史教育

マラドーナ、Diego Armando Maradona(ディエゴ・アルマンド・マラドーナ)は1960年10月30日ブエノスアイレス南部のLanús(ラヌース) に貧しい家庭の子として生まれました。

少年マラドーナの「夢」

"Mis sueños son dos: mi primer sueño es jugar en el mundial y el segundo es salir campeón."

“夢は2つあります。最初の夢はワールドカップに出場することで、つぎの夢は優勝することです。

マラドーナは少年の頃に2つの夢であるワールドカップ出場とチャンピオンになることを語り、その夢を見事に実現しています。

AAアルヘンティノス・ジュニアーズ

9歳の時にAAアルヘンティノス・ジュニアーズの少年チームであるLos Cebollitas(セボリータス ※ ”小さな玉葱”の意)に加入。

1974年にAAアルヘンティノス・ジュニアーズのトップチームに昇格。1980年に得点王。

1979〜1981年にアルゼンチン年間最優秀選手賞、1979年〜1980年に南米年間最優秀選手賞を受賞。

スタジアム名はマラドーナの名前になっています。

新国立競技場

1979年、日本で開催された FIFAワールドユース選手権でアルゼンチンが優勝。マラドーナはゴールデンボール賞(MVP)に選出。

※旧「国立競技場」は東京2020オリンピック大会で名称は「新国立競技場(オリンピックスタジアム)」に。

ボカ・ジュニアーズ

1981年、ボカ・ジュニアーズへレンタル移籍。マラドーナは幼少期からボカの熱狂的なファン。

1995年、14年ぶりにボカ・ジュニアーズへ復帰。

1997年10月30日に現役引退を発表。

スペイン・FCバルセロナ


1982年、スペインのFCバルセロナに移籍

カンプノウは98,000人収容可能なFCバルセロナのスタジアム

イタリア・SSCナポリ

1984年、イタリア・セリエAのSSCナポリへ移籍。1986-87シーズンはクラブ史上初のセリエA優勝。コッパ・イタリアとの2冠達成。

代表でのワールドカップMVPの活躍と合わせて世界最優秀選手賞を受賞。

1987-88シーズンには15得点を決めてアルゼンチン人として初のセリエA得点王。

FIFAワールドカップメキシコ大会

1986年、FIFAワールドカップメキシコ大会では準々決勝 アルゼンチン対イングランド戦で「神の手」と「ドリブル5人抜き」で有名に。決勝は西ドイツに勝ちアルゼンチンが優勝。

アルゼンチンへ ニューウェルズ・オールドボーイズ

1993年、アルゼンチンのニューウェルズ・オールドボーイズに移籍

監督時代

2011年、UAEリーグのアル・ワスルFCの監督に就任。

2017年、UAE2部のアル・フジャイラSCの監督に就任。

2018年、メキシコ2部のドラドス・デ・シナロアの監督に就任

歌になるほどのスター「La Mano de Dios」(神の手)

スーパースターが持つ「ハングリー精神」

マラドーナは貧しい家庭の子として生まれ、160cm台という小柄な身長でも夢を叶え、人々に希望と感動を与えたサッカー界のスーパースターです。

実際、フランスのスーパースターのジダンもアルジェリア移民2世のカビル人で、マルセイユ北部郊外のラ・カステラン地区の貧困層が多く住む地域で育ち、ストリートサッカーでスキルを磨きました。

アルゼンチンのメッシも貧しい家庭で身長が伸びない難病の治療費払えず、治療費を出してくれるスペインのバルセロナに13歳で加入し、今日の活躍があります。

スキルも大切ですが、特にサッカー界でスーパースターになるには、大きな夢と必ずしも貧しさではないかも知れませんが、ハンディキャップをバネに例え挫折があっても成功するまでやり続ける不屈の闘志、メンタルを養うことが重要だと感じます。

つまり、「逆境」こそ、夢が叶うまでやり遂げるための「メンタルを養う」最も最良な環境かも知れません!