TOP >> 美容・健康 >>

子供の中耳炎は自然治癒する!? 抗生剤(薬)を使わないで治す方法について【実体験】

子供の中耳炎は自然治癒する!? 抗生剤(薬)を使わないで治す方法について【実体験】

幼少期に中耳炎になって鼓膜を切開した…

子供が中耳炎をくり返すため、飲み薬(抗生剤)が欠かせない…

「中耳炎の治療が遅れると難聴になる」と聞いた…

といった経験をお持ちの方、意外と多いのではないでしょうか?


日本では「中耳炎は抗生剤で治すもの」という認識が一般的。

しかし海外では、薬を使わない中耳炎の治療が見直されはじめています。本来、中耳炎は自然治癒する病気なのだとか。


筆者は子供(4歳)が中耳炎にかかっても、抗生剤を飲ませません。自然に治るのを待ちます。

もちろん、問題なく完治しますよ〜(数回 経験済み ^^)


本稿では、中耳炎と抗生剤、自然に治す方法を実体験とともにご紹介します。

( ※ なお 筆者の実体験をご紹介しますが、医療機関のサイト も参考にしています。)

子供の中耳炎は自然治癒する!? 抗生剤(薬)を使わないで治す方法について【実体験】

中耳炎は自然治癒する

中耳炎とは、風邪症状の一種として短期間で自然治癒する病気です。

特に幼児期(生後〜5歳くらいまで)には多くの子供が発症します。幼いうちは耳の構造が未熟なため、ウイルスや細菌が「中耳」に侵入しやいのです。

※ 中耳:耳の鼓膜から奥の部分

中耳炎は 鼻水が出ている時に発症しやすく、鼻水が止まる頃には自然治癒している場合がほとんど。

中耳炎に抗生剤は必要なし

中耳炎の治療において、特別な場合を除き 抗生剤(抗生物質)の服用は必要ありません

中耳炎になる原因は、ウイルス 及び 細菌が中耳に侵入するため。そして(風邪も同様ですが)、多くはウイルスによるものです。


そもそも、ウイルスには抗生剤が効きません。

もし抗生剤で中耳炎が治った経験がある方は、自然治癒した可能性が高いでしょう。

よほど強い痛みや高熱が続かない限りは、中耳炎だからといって抗生剤を飲む必要はないのです。

中耳炎になりやすい子の特徴は?

よく風邪をひく

中耳炎は、咳や鼻水と同じく「風邪の症状」の一つ。そのため、風邪をひきやすい子は必然的に中耳炎にかかりやすくなります。

鼻水をすする

子供の中には、鼻水をすする子がいます。鼻水をすすると ウイルスや細菌が中耳に入りやすく、中耳炎になる可能性が高まります。

中耳炎を予防するためにできること

風邪をひかないこと

上でもご紹介したとおり、中耳炎とは風邪症状の一種。普段から風邪をひかないように注意することが大切です。

鼻水をこまめにかむ

中耳炎予防に一番効果的なのが、鼻水をすすらない(鼻をかむ)こと

子供の場合、すすってしまう子も多いですが、できるだけ鼻をかむ癖をつけましょう。

中耳炎になってしまったら

いくら予防していても、中耳炎になってしまうことも。

子供が突然「耳が痛い!」と泣きはじめたら、中耳炎を疑いましょう。

しかし、慌てる必要はありません。

たいていの場合、痛みは数時間で治まります。

ピーク時にはかなり痛むので、子供は泣き叫ぶかもしれませんが「少ししたら痛くなくなるからね」と励ましてあげてください。

氷で耳の裏を冷やす

まずは耳の痛みを和らげる工夫が必要です。氷などで冷やすと 楽になります。

寝る・座る(楽な姿勢をとる)

寝ている時に突然耳が痛くなった場合、座ると多少痛みが治まることがあります。

いろんな姿勢を試し、最も楽な姿勢をとりましょう。

「中耳炎の痛みは繰り返す」を知っておく

中耳炎の痛みは、一度治まった後でも、数時間の内に何度か繰り返すことがあります。

その場合も、慌てずに冷やしたり、気持ちを落ち着かせる工夫をしましょう。

泣かない(お子さんを泣かせない)

泣くと耳の中が刺激され、中耳炎の痛みが増してしまいます。

小さなお子さんを泣かせないのは非常に大変ですが…、もし理解できる子であれば、泣かないようにすると痛みが軽減されます。

医者に連れて行くタイミング

「中耳炎は自然治癒するもの」と分かっていても、本当に治っているのか不安…。

その場合は、耳の痛みがひいてから、1週間くらい様子をみて耳鼻科を受診しましょう。

治っていれば先生から「もうほとんど治っているね」とお墨付きをもらえます(筆者も体験済み)。


ただし、高熱が続いたり、耳の痛みが数日経ってもひかない場合には、速やかに耳鼻科を受診してください。

あまりオススメではありませんが、痛みに耐えられない場合には、鎮痛剤を処方してもらうのもいいでしょう。

オランダ発祥の中耳炎治療法

最後に、オランダで20年前から実施され、世界の中耳炎治療の常識を変えた方針をご紹介します。

  1. 中耳炎による耳痛・熱:
    → 約2日程度は痛み止めだけで様子をみる。
  2. 耳痛・熱が続く場合(約10%):
    → 抗生剤の服用
  3. これでも痛み・熱が続く場合(約1%):
    → 鼓膜切開


抗生剤を服用せずとも約90%が自然治癒してしまうというのは、興味深いですね。

育児に悩む親御さんの、参考になれば幸いです ^^)

タグ: