TOP >> 美容・健康 >>

化粧水・保湿クリームの正しい使い方6選

化粧水・保湿クリームの正しい使い方6選

化粧水・保湿クリームの正しい使い方(付け方)をご紹介します。

潤いのある美肌のために、スキンケア方法をしっかり確認しておきましょう♪


化粧水の使用量の目安

化粧水や乳液は「たっぷりと」使ってください。

具体的には、化粧水ならば 500円玉ほどの大きさ乳液ならば 直径1.5cmほどの大きさ が、1回分の目安です。


※ 実際に この量を手に出して確かめてみると、「え〜、一度にこんなに使うの!?」とビックリすると思います。(それぐらい、化粧水の使用量が少ない人が多いんです…。)


化粧水の量が少ないということは、肌をこすって摩擦が起きているということ。

高価な化粧水をチビチビ節約しながら使うよりは、値段が5分の1でも 5倍の量を一度に使ったほうが、はるかに保湿・スキンケア効果に優れています。


化粧水をつけるときは、指を閉じて「指の腹」で

指を開いて化粧水をパンパン塗ると、顔全体でムラになりがち。

ほっぺた や おでこ などの面積の広い部分には、必要以上にベットリ。その一方で、目元などのくぼんでいる部分には 十分に塗れていないことが多いんです。

そのまま放置すると、「きちんと保湿したはずなのに、顔の一部が乾燥してカサカサ」 ・・・という悲惨な状態になりかねません。


化粧水をつけるときは、指を閉じて「指の腹」や「指全体」を使いましょう

特に、目元・鼻の横・口周り は意識して、丁寧に塗ってください。


美容液を重ね塗りするタイミング

化粧水を塗った直後に、乳液を重ね塗り ・・・はNG。

時間が無いときは ついやってしまいがちですが、 肌の上で美容液が混じり合う状況は避けましょう。

異なる美容液を重ね塗りする場合は、20〜30秒ほど間を空けるようにします。


美容液が肌に浸透しづらい場合は、ハンドプレス(=手で肌に押し込むように)も効果的。

また、重ね塗りのタイミングは 逆に時間を空けすぎるのもダメ。肌に湿り気が残っている状態で、美容液を重ねていきます。


季節によって、化粧水の成分を変える

四季によって肌のコンディションは大きく変化します。肌の声に耳を傾けながら、最適な保湿方法を考えましょう。

たとえば、秋冬は皮脂の分泌量が減り 肌の防御力が大きく低下。さらに空気も冷たく乾燥しています。

そのため、春夏と秋冬で 同じようにスキンケアをしてはNG。春夏に比べて 秋冬は、より一層 保湿成分の多い美容液が必要です。


乳液や保湿クリームは必須

ベタつきが嫌で「化粧水だけのスキンケア」をしてしまう人。 ・・・それは大間違いです!

乳液や保湿クリームなどの 油分を含む美容液を使わないと、肌の水分はどんどん蒸発します。

(※ 唇が乾いたときに、リップクリームではなく 舌でペロペロすると、余計に乾いてしまうのと一緒)

水分を肌に閉じ込めるために、乳液や保湿クリームの類は必須です。


もし、油っぽい感触がどうしても苦手であれば、ジェルでもOK。

肌にスッと浸透して内側から保湿してくれるタイプもありますよ。


↑ お財布に優しい、おすすめの保湿ジェル。
 (クリックで拡大)


年齢によって、スキンケア方法を見直す

上で「季節によってスキンケア方法を変える」ことをご紹介しましたが、実は「年齢」によっても スキンケア方法を変えることが必要です。

肌質は年齢とともに変わるため、3〜5年ぐらいの周期で スキンケア方法を見直しましょう。

  • ニキビが治らない
  • 口元、目元の粉ふき
  • 仕事終わりぐらいになると、ファンデがパサつく


このような場合は、スキンケア方法が 今の肌質に合っていない可能性が大きいです。


この記事のまとめ

化粧水・保湿クリームの正しい使い方6選
  • 化粧水はたっぷりと
    1回の使用量目安は、化粧水:500円玉ほど。乳液:直径1.5cmほど。
  • 化粧水をつけるときは、指を閉じて「指の腹」で
    顔のくぼんでいる部分を、特に丁寧に。
  • 美容液を重ね塗りするタイミング
    異なる美容液の場合は 20〜30秒ほど間を空ける。
  • 季節によって化粧水の成分を変える
    秋冬は、より一層 保湿に気をつける。
  • 乳液や保湿クリームは必須
    油分を含む美容液を使わないと、肌の水分がどんどん蒸発…。
  • 年齢によって、スキンケア方法を見直す
    3〜5年ぐらいの周期で見直し。


化粧水・保湿クリームの正しい使い方(付け方)をご紹介しました。

スキンケア方法をしっかり身につけて、ぜひ潤いのある美肌をキープしてください♪

お役に立てましたら幸いです ^^)