TOP >> 美容・健康 >>

脱水症状で頭痛や認知能力が低下!? 水分補給のタイミング(効果)について

脱水症状で頭痛や認知能力が低下!? 水分補給のタイミング(効果)について

脱水症状の初期症状と水分補給時の注意点についてご紹介します。なんと、脱水状態では認知能力が低下するとのこと!


人体の半分以上を構成するのは「水」。もし大量に汗をかくなどして 体内の水分が不足すると、「脱水症状」が生じてしまいます。

脱水症状の具体的な症状としては、目眩、動悸、痙攣、認知能力の低下、など。場合によっては命の危険が及ぶことすらあります。

では「水を飲んでいれば 脱水症状にならないのか?」と言えば、「脱水」にはなりませんが、水だけの飲み過ぎも非常に危険なのです。

夏場は特に「脱水症状」に関する知識を再確認し、日々の生活に役立てていただければと思います ^^)

脱水症状で頭痛や認知能力が低下!? 水分補給のタイミング(効果)について

水分補給の効果 - 脱水症状による認知能力の低下を予防

米コネティカット大学のヒューマン・パフォーマンス・ラボの研究チームが行った、脱水症状時の認知能力低下に関する実験をご紹介します。

実験内容

男女を数名ずつのグループに分け、「体内の水分量が正常な状態」と「軽微な脱水症状を起こしている状態」とで、認知能力・集中力・反射神経などを比較。

この「軽微な脱水症状」というのは、「正常時に比べ体内の水分量が1.5%不足した状態」と定義されました。

また、被験者に脱水状態を意図的に作り出す方法は、以下の2つです。

  • ランニングマシーンで40分間走りこんで汗を流す。
  • 安静にし、自然に水分が体内から排出されるのを待つ。

実験結果

「僅か1.5%の水分喪失」という僅かな脱水症状であるにも関わらず、頭痛・疲労・集中力障害・記憶力低下が確認されました。

また、被験者を脱水症状にする2パターンのどちらにおいても 同様の症状が現れたため、「脱水状態を作り出すための過程が結果に影響を与えたわけではない」ということも判明。

さらに興味深い点としては、男性よりも女性の方が、より脱水症状における認知能力の低下が顕著に現れたとのことです。

脱水症状の初期症状と対策

この実験に参加したローレンス・アームストロング教授は、次のようにコメントしています。

「この実験結果から、単に運動時や気温の高い日、辛い労働を行う場合だけではなく、日常生活においても体内の水分を維持することが重要だと言える」


ローレンス教授によれば、人が「喉が渇いた」と感じる時点で、既に体内の水分量は1〜2%失われている状態とのこと。

つまり、私たちが普段 喉が渇いたと感じる頃には、既に脱水症状による認知能力の低下が始まっていると言うことになります。

喉の渇きを感じる前に、こまめに水分補給をすることが非常に大切なんですね。

脱水症状はイライラの原因にも

脱水状態に陥ると、様々な能力低下だけではなく、性格もイライラと攻撃的なものになってしまいがち。

肉体労働など「目に見える汗」をかいている人はもちろん、一日中エアコンのかかった室内で作業をしている人であっても、皮膚からは絶えず水分が蒸発していることをお忘れなく。

イライラする前に、水分補給はこまめに行ってください ^^)

水分補給の効果・タイミングのまとめ

  • 水分補給をすることで、脱水症状によって引き起こされる様々な「認知能力の低下」を予防できる。
  • 喉の渇きを感じる前に、こまめに水分を摂る。

水分補給時の注意点

脱水症状にならない為には、適切な水分補給が不可欠です。

ただし注意点もあります。水分補給時に気を付けたい2点を 下記でご紹介します。

塩分も一緒に摂る - 水だけを飲み過ぎると「低ナトリウム血症」に

低ナトリウム血症とは、体内の塩分が不足(塩分濃度が低下)してしまう状態のことです。

体内から体外へと流れ出る汗は、「水分」だけではなく「水分+塩分」で構成されています。そのため、汗をかいて水だけを飲むと、体内の塩分濃度が低下し、ひどい場合は意識障害を起こし気絶してしまうことも…。

低ナトリウム血症を防止するためには

  • 塩を一つまみ水に入れて水を飲む
  • 市販の「塩分チャージ用タブレット」などと一緒に水を飲む

いかにも脱水症状に効きそうな「スポーツ飲料」は、塩分も含まれていますが糖分が多すぎるため、そのままでのガブ飲みはNG。

汗をかいた後にスポーツ飲料を飲みたい場合は、スポーツ飲料と水を1:1の割合で混ぜて飲むようにしましょう。

また、食事中に水を飲む場合については、他の料理に塩分が入っているため、低ナトリウム血症に気を付ける必要はありません。

水分の摂り過ぎは「水毒症」になる?

水毒症とは、多量の水分を摂り過ぎることによって体内の至るところに水が溜まってしまう状態のこと。

水毒症の症状の中には、体の冷え・臓器機能低下・頭痛・嘔吐・下痢 などがあります。

また、摂り過ぎた水分で血液の量が増えるため、心臓にも大きな負担をかけてしまいます。

例え「水分+塩分」であったとしても、大量に摂り過ぎると むしろ身体に毒となってしまうため注意が必要です。

・・・とは言え、水毒症の恐れが出る前に 身体がそれ以上飲むことを受け付けなくなるはずなので、普通に飲む分には心配はいりません。

「2リットルの食塩水を一気飲みする」などと言った、常識外れの悪ふざけさえしなければ… ^^)

この記事のまとめ

脱水症状で頭痛や認知能力が低下!? 水分補給のタイミング(効果)について
  • 脱水症状は認知能力を低下させる
    「僅か1.5%の水分喪失」でも、頭痛・疲労・集中力障害・記憶力低下が生じる。
  • 脱水症状の初期症状と対策
    喉が渇いたと感じる頃には、既に脱水症状による認知能力の低下が始まっている。そのため、喉の渇きを感じる前に、こまめに水分補給を。また、脱水症状ではイライラしやすくなる。
  • 水分補給時の注意点水
    水だけを飲み過ぎると「低ナトリウム血症」になるので、塩分と一緒に。ただし飲み過ぎは水毒症の危険性もある。


正しく水分補給をして、脱水症状を防ぎ、暑い夏を乗り切りましょう!

お役に立てましたら幸いです♪