TOP >> 美容・健康 >>

【アルコール耐性】お酒を飲み続けても、お酒に強くならない!?

【アルコール耐性】お酒を飲み続けても、お酒に強くならない!?

お酒に弱い人が、お酒を飲み続けることによってアルコール耐性がついたとしても、それは「アルコール依存症」への一歩かも!? ・・・という医学知識をご紹介します。


「毎日お酒を飲んでいると、お酒に強くなる(=アルコールに耐性ができる)」と言う話があります。

しかし一方においては、「お酒に強い・弱いは生まれつきのため、どれだけお酒を飲んだとしても、決して酔いにくい身体になったりはしない」と主張する人もいます。

果たして「酔いにくさ(=アルコール耐性)」は鍛えられるのか否か?


・・・ここではその疑問に対する正解や、アルコール依存症に陥るメカニズムなどを解説します。参考文献:(社)アルコール健康医学協会

【アルコール耐性】お酒を飲み続けても、お酒に強くならない!?

1.体内に吸収されたアルコールが分解されるまで

まずは、体内に吸収されたお酒が、どのようにして酔いを引き起こすのかについて解説します。

お酒の中の"酔い成分"といえば「アルコール」。そして、アルコールは主に肝臓で分解(無害化)されるというのは、よく知られています。

そのため、お酒に強い人・弱い人の違いは「肝臓がアルコールを分解する速さの違い」ということになります。

アルコールが体内で分解される過程

上図をみてください。体内に入ったアルコールは、主に肝臓の「ADH(アルコール脱水素酵素)」により、「アセトアルデヒド」と呼ばれる物質に変化します。

アルコール自体はさほど毒性は強くないのですが、実はこのアセトアルデヒドがクセ者。アセトアルデヒドには強い毒性があり、頭痛や吐き気といった"酔い"の症状を引き起こす原因と言われています。

このアセトアルデヒドは、「ALDH2(アルデヒド脱水素酵素2型)」によって、人体に無害な「酢酸」へと変化。

そして、酢酸は全身を周りながら、最終的には水と炭酸ガス(二酸化炭素)になり、体外へと排出されます。

2.お酒の強さは生まれつきで、鍛えることができない?

上でご紹介したように、アルコールは体内酵素の働きにより「アルコール → アセトアルデヒド → 酢酸」という過程を経て無害化されます。

このうち「アルコール → アセトアルデヒド」へと変化させるADHの働きは、個人差がほとんどありません。

しかし、「アセトアルデヒド → 酢酸」へと変化させるALDH2の働きは、個人差が大きく開きます。

そして、ALDH2の働きは先天性(=生まれつき)であるため、いくら努力して毎日お酒を飲もうが、働きが活性化したりはしないんです。

これが、「お酒の強さは生まれつきで、鍛えることができない」という主張の根拠であり、医学会でも長期に渡り支持されてきた内容です。

3.MEOSによる、アルコールのもう一つの分解過程

ところが近年、長きに渡り医学会の常識とされてきた、「アルコールはADHとALDH2によって分解されるため、お酒の強さは生まれつき決まっている。」という説に、異論を唱える研究結果が次々と報告されるようになりました。

事の発端は、米ニューヨーク市立大学医学部のチャールズ・リーバー博士が、1970年代に発表した内容です。

リーバー博士は、「ADHのアルコール分解能力は一生変わるはずが無いにも関わらず、飲酒が習慣化するに従い、体内のアルコール分解速度は速くなっていく」と発表しました。

さらに別の研究者は、「突然変異によりADHが欠損しているマウスにアルコールを与えたところ、体内でアルコールが分解される現象を確認できた」と発表。

その結果から、多くの研究者たちが「体内において、ADH以外にもアルコールを分解する酵素があるのではないか?」と疑問を抱くようになりました。

その後の研究により、『アルコールは通常ADHとALDH2によって分解されるが、ADHとALDH2だけで分解処理が追いつかない場合は、「MEOS(ミクロソームエタノール酸化系酵素:メオス)」と呼ばれる酵素が、アルコール分解を手助けする』ということが突き止められました。

「お酒を飲み続けるとお酒に強くなる」は、正しかった!

さらにMEOSは、ADHとALDH2のアルコール分解作業を手助けするだけではなく、定期的にお酒を飲むことで量が増えることも判明しました。

すなわち、「お酒を飲み続ける習慣は、MEOSの量を増やしアルコールに対する耐性をつける」ということが、科学的に証明されたわけです。

冒頭の「お酒に強い・弱いは生まれつきのため、どれだけお酒を飲んだとしても、決して酔いにくい身体になったりはしない」という主張は、MEOSが発見される前の古い学説だったと言うわけですね^^


・・・しかし、このMEOSによるアルコール分解には、大きな落とし穴があるんです。

4.MEOSが増えてアルコール耐性がつくデメリット

さて、上でご紹介したように、「飲酒の習慣はMEOSを増やし、アルコール耐性が身につく(=酔いにくくなる)」というのが、アルコールに対する最新の学説です。

・・・これだけを見ると、ガバガバ毎日お酒を飲んでMEOSを増やしておいた方が、イザという時に役立ちそうな気もしますよね?

しかし現実は、誰一人として "過度な飲酒" を勧める専門家はいません。MEOSが増えることは、酔いにくい体質にはなるものの、人体にとって致命的となる多くの副作用を呼び起こしてしまうんです。

以下にその副作用をご紹介します。

アルコールが体内で分解される過程

MEOSが増えると、他の薬が効きづらくなる

上述のとおり、そもそも人体において「アルコール分解」を担当しているのはADHとALDH2。

MEOSの本来の仕事は「薬物代謝(薬成分の分解)」であり、ADHとALDH2だけでは処理しきれない場合のみ、アルコール分解を手助けします。

そのためMEOSの効き目が強くなると、アルコールにも耐性がつく反面、他の薬にも耐性ができてしまい、他の薬が効きづらくなるんです。

MEOSは活性酸素を生み出す

MEOSがアルコールや薬などを分解する際には、「活性酸素」が生み出されます。

活性酸素とは、脳・内臓・神経の細胞やDNAを傷つけ、癌や老化、様々な病気の原因と言われている有害な物質です。

MEOSが増え、MEOSがどんどんアルコールを分解するようになると、活性酸素も大量に生み出されることになります。

その結果、癌(特に 肝臓がん)のリスクが著しく上昇し、全身の老化・脳細胞の破壊などが促進されてしまうんです!

MEOSが増えることは、全身の癌リスクを上昇させる

上でご紹介した「活性酸素を生み出すこと」も、MEOS増加が癌リスクを高める大きな要因です。

それに加え、『MEOSがアルコールを分解する際に、体内で癌の原因物質を分解する働きのある「シトクロムP450 2E1酵素」を使ってしまう』という衝撃的な内容も報告されています。

本来ならば癌を抑制するための酵素を、MEOSがアルコール分解時に使用してしまうため、MEOSの増加は全身の癌リスク(肝臓がんだけでない)を上昇させることになるんです!

MEOSによるアルコールの分解速度は、無限ではない

「生まれつき働きが決まっているADHやALDH2とは異なり、MEOSは定期的な飲酒によって増加する」という点は、既に上述した通りです。

ところで、飲酒によってMEOSがどの程度まで増えるのか、未だに詳しいことは分かっていません。ただ、大量飲酒の習慣がある人は お酒を飲まない人に比べて、MEOSが10倍以上になる例も報告されています。

しかし、MEOSの量が10倍になったからとはいえ、アルコールの分解速度が10倍になるわけではありません。MEOS増加によるアルコール分解速度の上昇は、せいぜい1.5倍〜2倍が限度。(← もちろん、これでもかなり凄いアルコール耐性です。)

そして「いくらMEOSが増加しても、アルコール分解速度はある一定ラインで頭打ちになる」という性質は、「アルコール依存症」という深刻な症状を引き起こします。

5.アルコール依存症の原因=MEOSアルコール分解速度以上の大量飲酒

さて、MEOSが増えてアルコール耐性がつくということは、すなわち「MEOSが手助けしなければならないほどの大量飲酒が習慣化している」ということに他なりません。

そして上述のとおり、MEOSのアルコール分解速度は無限ではなく、いずれ限界がやってきます。

ところが、そのままお構いなしにMEOSのアルコール分解速度を上回る飲酒を続けていると、序々に酔いを感じないように脳が変化していくんです。

この状態が、恐怖の「アルコール依存症」の始まりです。

アルコール依存症の原因

アルコールも広義では麻薬の一種。麻薬は使い続けていく中で、使用量をどんどん増やしていかないと、初期のような快感が得られなくなっていきます。

これと同様に、人体で分解できるアルコール量を遥かに超える飲酒を続けていると、脳や中枢神経がアルコールの刺激に麻痺してしまい、血中アルコール濃度が高くても酔いを感じにくくなります。

ここまで来ると、「酔い」の快感を得るために、飲酒量は増える一方。・・・これが典型的な「人がアルコール依存症へと陥るメカニズム」です。

アルコール依存症の症状

アルコール依存症は非常に危険であり、本人にさほど酔っている自覚が無くとも、知らず知らずのうちに全身がアルコールによって破壊されていきます。

アルコールが人体に及ぼす悪影響としては、肝硬変、肝臓がん、糖尿病(いきなりの気絶、失明)、心筋梗塞、脳梗塞、脳萎縮(記憶力・思考力障害)、手足の震え(箸やスマホが操作できなくなります)、吐血、生殖器障害(男性の場合:インポテンツ、精子の奇形、身体の女体化。女性の場合:不妊、生理不純、奇形児)など。

また、アルコールが無いと生きていけない精神状態となり、鬱や自殺衝動も引き起こしてしまいます。

この記事のまとめ

【アルコール耐性】お酒を飲み続けても、お酒に強くならない!?
  1. 体内に吸収されたアルコールが分解されるまで
    体内に入ったアルコールは、ADHにより「アセトアルデヒド」と呼ばれる毒性の強い物質に変化し、その後ALDH2によって 人体に無害な「酢酸」へと変化します。
  2. お酒の強さは生まれつきで、鍛えることができない?
    ADHは個人差がほとんど無く、ALDH2の働きは先天性であるため、「お酒の強さは生まれつきで、鍛えることができない」という説が医学会でも長期に渡り支持されてきました。
  3. MEOSによる、アルコールのもう一つの分解過程
    近年の研究により、「アルコール分解は通常ADHとALDH2によって行われるが、処理が追いつかない場合、MEOSがアルコール分解を手助けする」ということが判明。そして、MEOSは定期的な飲酒により増加するため、「お酒を飲み続けることでお酒に強くなる」という主張の正しさが、科学的に証明されました。
  4. MEOSが増えてアルコール耐性がつくデメリット
    MEOSの増加は、酔いにくい体質を作る一方で、「他の薬が効きづらくなる」「活性酸素を大量に生み出す」「癌の抑制物質が失われる」といった副作用を誘発します。
  5. アルコール依存症の原因=MEOSアルコール分解速度以上の大量飲酒
    MEOSのアルコール分解速度には限界が訪れますが、そのまま大量飲酒を続けると、脳や中枢神経が血中アルコール濃度が高くても酔いを感じにくい状態となります。こうしたアルコール依存症は、自覚なく身体を破壊し、失明や心筋梗塞・脳萎縮などの深刻な症状を引き起こします。

「お酒を飲み続けると、お酒に強くなるって本当?」という疑問から、アルコール依存症の発症メカニズムまでをご紹介しました。

どうやら「大量飲酒の習慣が酔いにくい体質を作る」というのは、医学的に裏付けられた紛れも無い事実のようです。

しかし、アルコール耐性を持つことは大きな爆弾を抱え込むことであり、さらに、アルコール依存症からの回復率は10〜30%と極わずかに留まっています。

もし、「アルコールの耐性をつけよう」と毎日お酒を飲んでいる方がいらっしゃいましたら、人生を犠牲にしてまで得るメリットがあるのかどうか、一度よ〜くお考えください♪

皆さんのお役に立てましたら幸いです^^