TOP >> 家庭円満・家族愛・育児 >>

仲良し家族でタイムスリップ写真!毎年同じ場所・同じポーズで撮影した22年間

仲良し家族でタイムスリップ写真!毎年同じ場所・同じポーズで撮影した22年間

仲良し家族が毎年同じ場所で撮影した、22年間分のタイムスリップ写真をご紹介します。

お父さん・お母さん・息子さんの家族写真は、初めの頃は息子さんが まだ赤ちゃんです。

しかし、どんどん成長し、とうとうお父さんの身長も超えてしまいました!


仲良し家族のタイムスリップ写真は、1991年〜2012年までの22年間が記録されています。

1991年

仲良し家族のタイムスリップ写真(1991年)

誕生したばかりの可愛い赤ちゃん(=息子さん)も一緒。

1992年

仲良し家族のタイムスリップ写真(1992年)

息子さん、歩けるようになったのでしょうか?

1993年

仲良し家族のタイムスリップ写真(1993年)

元気いっぱいのイタズラっ子っぽいですね。

1994年

仲良し家族のタイムスリップ写真(1994年)

息子さんは上半身ハダカ。ママの服装がファッショナブルです!

1995年

仲良し家族のタイムスリップ写真(1995年)

息子さん、だいぶしっかりした顔つきになってきましたね。

1996年

仲良し家族のタイムスリップ写真(1996年)

みなさん笑顔で微笑ましい♪

1997年

仲良し家族のタイムスリップ写真(1997年)

息子さんはちょっとずつ大きくなっていきます。

1998年

仲良し家族のタイムスリップ写真(1998年)

何故かみなさん裸足・・・。

1999年

仲良し家族のタイムスリップ写真(1999年)

みなさん、ドヤ顔がキマっています。

2000年

仲良し家族のタイムスリップ写真(2000年)

う〜ん、いい笑顔!

2001年

仲良し家族のタイムスリップ写真(2001年)

息子さん、だんだん思春期になってきて カッコつけ始めた感じ。

2002年

仲良し家族のタイムスリップ写真(2002年)

ママのサンダルはお花模様!

2003年

仲良し家族のタイムスリップ写真(2003年)

成長期でしょうか?息子さん、ここからドンドンと身長が伸び始めます。

2004年

仲良し家族のタイムスリップ写真(2004年)

とうとうママの身長を追い抜きました!

2005年

仲良し家族のタイムスリップ写真(2005年)

あと少しでパパの身長も追い抜きそう!

2006年

仲良し家族のタイムスリップ写真(2006年)

息子さん、何かスポーツを始めたんでしょうか?身体がガッシリした印象を受けます。

2007年

仲良し家族のタイムスリップ写真(2007年)

息子さん、髪の毛がロン毛に!身長もパパを追い抜きました。

2008年

仲良し家族のタイムスリップ写真(2008年)

お洒落に一層気を使い出す年頃ですね。

2009年

仲良し家族のタイムスリップ写真(2009年)

この日は寒かったんでしょうか?みなさん厚着。

2010年

仲良し家族のタイムスリップ写真(2010年)

息子さん、髪の毛も服装も落ち着き 一気に好青年へ!

2011年

仲良し家族のタイムスリップ写真(2011年)

メガネをかけ始めて、インテリっぽくなりました。

2012年

仲良し家族のタイムスリップ写真(2012年)

息子さん、こうしてみるとパパとママに顔がソックリ(笑)

仲良し家族のタイムスリップ写真まとめ

仲良し家族の22年間(1991年〜2012年)を全て1つにまとめると、こんな感じに↓

仲良し家族のタイムスリップ写真(22年間)

もはやドラマですね!

仲良し家族の家族写真から感じたこと

どんな大男であろうと、売れっ子女優であろうと、ヨチヨチ歩きの赤ちゃん時代は必ず存在します。

しかし成長していくにつれ、自分が赤ちゃんだった頃の記憶なんて、頭からすっかり抜けさってしまうもの。

・・・そんな思い出をいつまでも風化させないために、人は「写真」というものを発明したわけですが、上記のタイムスリップ写真を眺めながら「仲良し家族って素敵だなぁ」としみじみ思いました。


昨今、日本においても「家庭内の不和」が社会問題となっています。

結婚しても数年で離婚する夫婦、我が子を満足に育てられない親、思春期になって家出をする子ども、etc...。一部はTVニュースでも報道され、世の中を震撼させました。

また、家族の絆には問題がなかったとしても、仕事の都合・怪我・介護といった「社会的」「物理的」な理由で、家族が離れ離れで暮らさざるを得ないケースも多々有ります。

そういった事情を考えてみる時に、子どもが赤ちゃん〜成人になるまで、22年間毎年こうして家族が集まって 写真を撮影できることは、とても素晴らしいですね!