TOP >> 家庭円満・家族愛・育児 >>

妊婦体験ジャケットで1カ月間生活した、3人の男性(夫)たちの感想・様子

妊婦体験ジャケットで1カ月間生活した、3人の男性(夫)たちの感想・様子

妊婦体験ジャケットを着用して1ヶ月間生活した男性たちの感想・様子をご紹介します。

妊娠中の女性の気持ちを味わう「妊婦体験」が、昨今 人気急上昇中です。

妊婦体験とは、「女性の乳房を象った胸の重り」や「胎児・羊水が入っている子宮を象った 腰の重り」などが備わっているスーツ(=妊婦体験ジャケット)を装着し、妊娠未経験者が、妊婦の生活を体験してみるというもの。

より高性能な妊婦体験ジャケットに至っては、本物の妊婦さながらに、肺や胃・腰周りを圧迫する機能まで備わっているんです。


さて、妊娠中の女性の辛さは「足元がよく見えないので階段が危ない」「足がむくみやすい」「慢性的な腰痛」などといった言葉で、たびたび表現されています。

しかし、いくら言葉を並べたからといって、妊婦の辛さを妊娠未経験者(ましてや男性)が、理解できるはずは ありませんよね??^^

そのため、実際に妊娠女性の辛さを体験しよう! ・・・という考えの元で誕生したのが、この1ヶ月間に及ぶ長期の妊婦体験イベントです。出典:3pregnantdads.com


妊婦体験ジャケットを着用中の男性3人

妊婦体験ジャケットを着用中の男性3人

妊婦体験中の3人の男性です。

この男性の中には パパ(=お子さんが居らっしゃる方)も含まれています。

しかし、三者共に「妊婦体験を始める前に思っていたのとは、だいぶ違ったかも・・・」という感想を抱いているそうです。

妊婦体験中の Jason Bramley氏の感想

妊婦体験中の Jason Bramley氏

妊婦体験チャレンジャーの一人目は、Jason Bramley氏。

Jason氏いわく「ラグビー試合後の朝のようで、背中と肩に痛みを感じる」とのこと。

妊婦体験中の Steven Hanson氏の感想

妊婦体験中の Steven Hanson氏

妊婦体験チャレンジャーの二人目は、Steven Hanson氏。

想像とは違った自分の姿に、「愚かで無意味だ。私は花でも購入する必要があるのかも」という 意味深なコメントを残しています。

妊婦体験中の Jonny Biggins氏の感想

妊婦体験中の Jonny Biggins氏

妊婦体験チャレンジャーの三人目は、Jonny Biggins氏。

Jonny氏いわく、「この試みは、間違いなく男性のことを考えて作られていません!」とのこと。

男性たちが初めて妊婦体験ジャケットを着用した様子

男性たちが初めて妊婦体験ジャケットを着用した様子

3人の男性たちが、初めて妊婦体験ジャケットを着用した時の様子です。

いきなり胸と腰に重さが増えたため、皆さん戸惑いと苦笑いを隠せません。そして、膀胱と足の付根の締め付け具合に、とても苦戦したそうです。

(※ 実際の妊婦さんも、大きくなった子宮が膀胱を圧迫するため、トイレが近くなる傾向にあります。)

妊婦体験の初めての夜

妊婦体験の初めての夜

妊婦体験が始まってから最初の夜の、Steve氏の様子です。

Steve氏いわく、「落ち着けず、なかなか寝付けず、とても酷い夜だった」とのこと。

妊婦体験中に仕事をしている様子

妊婦体験中に仕事をしている様子

妊婦体験中にお仕事をしている Jason氏の様子です。

Jasonいわく、
「妊娠中の女性が車椅子を使用していないことに、とても疑問を感じる。」
「私はキャスター付きのオフィスチェアを持っているが、これは神様からの祝福だ。」
とのこと。

大きなお腹でデスクワークをするのは、やはり相当大変そうですね。。。

妊婦体験中に子供の世話をしている様子

妊婦体験中に子供の世話をしている様子

妊婦体験中に子供の世話をしているSteve氏の様子です。

大きなお腹では動きが制限され、息子さんと満足に遊ぶこともできません。

第2子以降の妊娠では、このように「上の子をちゃんとお世話してあげられない」という、精神的な辛さもありそうです。

妊婦体験中の休息

妊婦体験中の休息

妊婦体験中に、つかの間の休息を楽しむSteve氏とJason氏。

お腹が重たいと、ただ立ったり 座っているだけでも腰に負担が掛かります。

世の旦那さん方は、妊娠している奥さんがよく寝転がっているからといって、決して「怠けてるな〜」と言ってはいけません。

妊婦体験中に仕事をしている様子

妊婦体験中に仕事をしている様子

妊婦体験中にお仕事をしている Jonny氏の様子です。

パソコンを使ってバリバリ仕事をこなすJonny氏。

しかし、Skypeなどでミーティングを行う際なども、常に奇妙な違和感を感じ続けていたそうです。

妊婦体験中に仕事をしている様子2

妊婦体験中に仕事をしている様子

妊婦体験中にお仕事をしている Steve氏の様子です。

立ち上がって歩くのが大変なため、職場では椅子に座ったまま移動していたのだとか。

妊婦体験中に、職場から帰宅する様子

妊婦体験中に、職場から帰宅する様子

妊婦体験中に、職場から帰宅するJason氏の様子。

妊婦体験スーツを着用した姿が、どことなく微笑ましく、どことなく頼もしく見える気がします^^

妊婦体験ジャケットの重さ

この妊婦体験スーツの重さは、33ポンド(=約15kg)もあるそうです。

・・・この重さだけを見ると、「いやいや、妊婦の乳房・胎児・羊水の重さを全て合わせても、15kgもいかないでしょ!」とツッコミたくなるかもしれません。

しかし、男性と女性の筋力差を考えるならば、この重さで妥当なんだそうです。

※ よくよく考えてみれば、「15kg」って スーパーに売っている米袋の大(10kg)と 小(5kg)を合わせた重さです。そんな重たい塊が ず〜っと胸・腰にくっついているだなんて、ビックリ・・・。

妊婦体験ジャケットを長期着用した感想のまとめ

この妊婦体験ジャケットでは、単純な「胎児の重さ」のみを味わうことしかできません。

本当の妊婦さんの場合は、これに「つわり」「下半身のむくみ」「陰部からの織物・出血」「ホルモンバランスの乱れによる体不調・軽度のウツ」といった症状が加わります。

そして何より、胎内には大切な赤ちゃんが宿っているわけですから、ぶつけたり、圧迫したり、急激な振動を与えたりしないように、常に気を張り続けていなければなりません。

また、妊娠中は アルコール・タバコ・風邪薬 などは原則禁止、カフェインもごく少量に留めておく必要があるなど、そういった面でも 妊婦さんはストレスを溜めやすい状態となっています。

身近に身重の女性がいる方や、奥さんが妊娠されている男性の方は、妊婦がどれほど大変であるかということを理解し、優しく気遣ってあげたいですね♪

妊婦や乳幼児たちを温かく支えられる社会になればと思います。