TOP >> 家庭円満・家族愛・育児 >> ユダヤ式教育

【ユダヤ式教育法1】ユダヤ人はなぜ優秀なのか?有名人と子育てについて

【ユダヤ式教育法1】ユダヤ人はなぜ優秀なのか?有名人と子育てについて

「ユダヤ式教育」と呼ばれる育児方法を、皆さんはご存知でしょうか?

これは、天才と謳われるユダヤ人たちの間で 何千年も昔から受け継がれてきた、独特の英才教育です。

昨今、この「ユダヤ式教育」の優位性が認知されるようになり、世界中の教育熱心な親御さんたちが、民族の壁を超えて「ユダヤ式教育」を取り入れ始めています。


例えば、「世界で最も受験戦争が激しい国」だといわれている韓国では、「ユダヤ式教育」がブーム。

多くの親御さんたちが 我が子の学力をアップさせるため、ユダヤ式教育を積極的に学んでいます。

【ユダヤ式教育法1】ユダヤ人はなぜ優秀なのか?有名人と子育てについて

ユダヤ人の有名人たち

ユダヤ式教育を語るにあたり、まずはユダヤ人がどれだけ優秀であるかをご紹介します。

  • 相対性理論をつくり上げた
    アルベルト・アインシュタイン
  • 共産主義の生みの親
    カール・マルクス
  • 精神心理学の創始者
    ジークムント・フロイト

彼らは、人類歴史に最も大きな影響を与えた人物だといわれています。

この有名人たちの共通点は、3人とも「ユダヤ人」であること。


また、現代(21世紀)における 世界で最も影響力を持つ著名なユダヤ人の中には、

  • ビル・ゲイツ(マイクロソフト創始者)
  • マーク・ザッカーバーグ(facebook創始者)
  • スティーブ・ジョブズ(iPhoneの生みの親)
  • スティーブン・スピルバーグ(映画監督)
  • ラリー・ペイジセルゲイ・ブリン (Google創始者)
などが挙げられます。

正直、知らない人はいないのでは? と思うほどの超有名人。彼らが全員ユダヤ人だというのですから、驚きを隠せません。


もう少々 時代をさかのぼると・・・

  • ピカソ(芸術家)
  • マルク・シャガール(画家)
  • エジソン(発明家)
  • ロスチャイルド一家(実業家)
  • ロックフェラー一家(実業家)
  • イエス・キリスト

一度は名前を聞いたことがある偉人たちもまた、ユダヤ人なのです。

ユダヤ人の天才性

ユダヤ人を一言で表現すれば「天才集団」。

ユダヤ人の数は約1500万人と言われており、日本国民の1割未満。世界人口70億人に占める割合では、僅か0.2%に過ぎません。

そんな少数民族が、政治、経済、言論、学術、法律、芸術、宗教といった 世界のあらゆる分野で頭角を現しています。

なんと「ノーベル賞受賞者の22%は、ユダヤ人である」というデータもあるほど。

まさに「ユダヤ人たちが世界を牛耳っている」状況なのです!


では何故、少数民族のユダヤ人たちは、こんなにも優秀なのでしょうか?

それは、彼らが何千年も昔から行ってきた、独特の家庭教育法にヒントがあります。

ユダヤ式の家庭教育は、日本古来の精神に通じる

世界には数多くの国があり、それぞれの国において 国民性が反映された育児方法が存在します。

有名な教育法を例に挙げると、

  • フレンチママの自然体子育て
  • 子育て先進国のフィンランドママ
  • 厳格な統制力で躾をするチャイニーズ・マザー(タイガーマザー)

など。


しかし、多くの育児法の中から 筆者が「ユダヤ式教育」へ夢中になった理由は、ユダヤ式教育の真髄が「日本人古来の勤勉さ・倹約精神・教育重視」に通じるものを感じたためです。

自らの中に流れる "日本人" としてのアイデンティティを、ユダヤ式教育法に刺激され、虜になってしまいました(笑)。


そして、もう一つの大きな理由は、我が子を育てながら "心底求めていた問いかけ" への解答を、ユダヤ式教育法が提示してくれたためです。

その問いかけとは、

子供が何歳になっても腹を割って語り合えるような、円満な親子関係を築きたい。子供が自分の個性を最大限に生かし、大好きな仕事と人々に囲まれて、豊かな人生を送ってほしい。そのためには、どのような育児をすべきだろうか?

というものでした。

おそらくは皆さんも、お子さんへ願われていることではないでしょうか?

ユダヤ式教育は、能力・学力ではなく "幸せな人生" を追求

現代は、インターネット、書籍、セミナー などを通じて、育児情報・英才教育法へ存分に触れることができます。

しかし情報があればあるほど、どれが正しいの? どの育児法が私と私の子供には合っているの? と悩んでしまうケースも多々…。

育児法については、「これが正解!」という模範解答は無いと筆者は思っています。

自分自身と我が子に適した解答を探していく旅路が、まさしく子育ての期間なのだ、と。


「ユダヤ式教育」と聞くと、「子供をユダヤ人たちのような ノーベル賞受賞者・大富豪・芸術家にする」といったイメージを思い描くかもしれません。

しかしそれは、ユダヤ人たちが成してきた一つの成果、結果の極一部です。彼らの教育とは、決して "社会的な成功" を目指しているわけではありません。

そのことを、筆者はユダヤ式教育を学ぶにつれて理解できるようになりました。


ユダヤ人たちの輝かしい業績ばかりに注目しがちですが、ユダヤ式教育とは「一人の人間として、心から人生を楽しみ、周りの人々といかに良い関係を結んでいけるか」を追求する、実はとてもシンプルな教育方法です。


筆者が実際に7才、5才、1才の我が子たちへ実践してきた、もしくは 今後実践していこうと考えているユダヤ式教育法を、これからシリーズでご紹介していきます。

皆さんのご家庭における "最適な育児法" を探すお役に立てれば、幸いです^^