TOP >> ボクシングのテクニック >>

左フックの打ち方・コツ・威力・コンビネーションを動画で解説【ボクシング】

左フックの打ち方・コツ・威力・コンビネーションを動画で解説【ボクシング】

ボクシングの左フックの打ち方・コツ・威力・コンビネーションを動画で解説します。

左フックとは、左手で弧を描くようにして相手の側頭部を狙うパンチです。

左手は、ボクシングでオーソドックススタイル(=右利きの人の正統派スタイル)で構えた際に、相手に近い側にある腕。

相手との距離が近いため 素早くパンチで攻撃ができ、(右フックほどではないにせよ)回転による遠心力のついた 重たいパンチを繰り出せます。

よく練習して使いこなせるようになれば、左フックは十分にKOを狙える "一撃必殺のパンチ" になるでしょう。


左フックの打ち方・コツ

↑左フック・右フックの打ち方の基本。

フックでは、腕を水平にし腰から回転させることが重要です。

フックの打ち方のコツとして、「フックは腕時計を眺めるように」と表現する人もいます。


初心者にありがちなミスは、腰からではなく腕・肩だけでフックを打ってしまうこと。

その場合、フックに体重が乗らないため、重たいパンチを繰り出すことができません…。



↑ディフェンスをしながらの、左フックの打ち方。




↑左フックを打つ時の姿勢。

右手はアゴ、左手は相手のテンプル(側頭部)またはアゴを打ち抜きます。



↑ワン・ツーからの左フックという、パンチのコンビネーション。

実際にサンドバッグを叩いているため、威力が分かりやすいです。



↑左フックを打つ際の体重移動を解説。

左足 → 右足 へと体重を移動させることで、拳に体重を乗せます。

タグ: