TOP >> 社会情勢・世界のニュース >> 旅行・観光

【ポルトガルのアゲダグエダ芸術祭】カラフル傘が空を埋め尽くす驚きの風景

【ポルトガルのアゲダグエダ芸術祭】カラフル傘が空を埋め尽くす驚きの風景

ポルトガルで毎年7月に開催されている「アゲダグエダ芸術祭(Agitagueda Art Festival)」では、なんと数百もの傘を使って、色鮮やかなアートを創りだしています。

傘といえば、通常は 雨が降った時の"雨よけ"や、日差しが強い時の"日よけ"に使用するのが一般的。

まさか「傘を組み合わせて街中にアーケードを構築する」だなんて、世界の奇祭には驚かされますね ^^)

ここでは、ポルトガルが世界に誇るアゲダグエダ芸術祭の、「カラフル傘が空を埋め尽くす驚きの風景9枚」をご紹介します。

【ポルトガルのアゲダグエダ芸術祭】カラフル傘が空を埋め尽くす驚きの風景

アゲダグエダ芸術祭(Agitagueda Art Festival)

↑アゲダグエダ芸術祭で色とりどりの傘が空に浮かんでいる風景を、道路から撮影した様子です。殺風景な街並みが、一気に色鮮やかに!


アゲダグエダ芸術祭(Agitagueda Art Festival)

↑少し高所から撮影したアゲダグエダ芸術祭の様子です。

どうやって空中に傘を設置しているの?という疑問の答えが、この写真に隠されています。

街中の建物〜建物の間に平行に糸を張り、その糸に引っ掛けるようにして傘が配置されていたんですね ^^)


アゲダグエダ芸術祭(Agitagueda Art Festival)

↑傘アーケードを拡大した様子。

平行な糸を利用して傘が並べられているため、傘が空中で綺麗に整列していることが分かります。


アゲダグエダ芸術祭(Agitagueda Art Festival)

アゲダグエダ芸術祭(Agitagueda Art Festival)

アゲダグエダ芸術祭(Agitagueda Art Festival)

↑傘が隙間なく並べられていたり、傘と傘の間から青空が見えたり。

どちらもお洒落ですし、傘アーケードの下を歩くだけで、気分がウキウキしそうですね♪


アゲダグエダ芸術祭(Agitagueda Art Festival)

↑傘アーケードを上から眺めた様子。まるで、傘でできた絨毯のようです。

傘たちの下を歩くのも、周囲の建物から傘たちを眺めるのも、アゲダグエダ芸術祭の醍醐味と言えそうですね。


アゲダグエダ芸術祭(Agitagueda Art Festival)

アゲダグエダ芸術祭(Agitagueda Art Festival)


カラフルな傘がストリートの空を埋め尽くし、とても幻想的な雰囲気になっています。

そして、アゲダグエダ芸術祭の傘たちは、デザイン的に美しいだけではなく、暑さ対策にも一役買っているとのこと。(← 一石二鳥で賢い! ^^)

2012年から毎年ポルトガルで開催されているこの芸術祭、今では世界中から大勢の観光客が押し寄せているそうです。

もし7月にポルトガルに旅行する機会があれば、ぜひポルトガル名物の「奇祭」に立ち寄ってみたいですね♪