TOP >> 美容・健康 >>

【呼吸が人生を変える?!】良い呼吸と悪い呼吸、正しい呼吸法について

【呼吸が人生を変える?!】良い呼吸と悪い呼吸、正しい呼吸法について

特に意識をしなくても出来てしまう“呼吸”。

そんな呼吸に「良い呼吸」と「悪い呼吸」があるだなんて、思いもしない人が多いのではないでしょうか?


実は呼吸の深さや速度が自律神経に作用して、心と体に影響を及ぼすとまで言われているんです。

以前から人気のヨガでも、呼吸法をすごく大切にしていますよね?

呼吸と健康には、密接な関係がありそうです。

【呼吸が人生を変える?!】良い呼吸と悪い呼吸、正しい呼吸法について

呼吸と自律神経の関係

運動や怪我などをした時は、自然と呼吸が浅く速くなりますよね? その時は、交感神経が強く働いている興奮した状態です。

これは正常な体の反応なのですが、もし普段から浅く速い呼吸だとしたら・・・、常に体が緊張状態にあり、気付かないうちにストレスを感じてしまっています。


現代人は呼吸の浅い人が多いと言われています。


その原因は様々でしょうが、スマートフォン操作や デスクワークなどの「前かがみの姿勢」が長く続くことで、深い呼吸が しづらくなっている という説が有力です。

また、忙しい生活スタイルで落ち着く暇がなく、交感神経が休まらないので 結果的に呼吸が浅くなってしまうとも言われています。

良い呼吸のメリットとは?

浅く速い呼吸とは反対に、深くゆったりとした呼吸は 副交感神経が働きリラックス効果が得られます。

ストレスを緩和し、肉体的にも精神的にもリラックスできる、まさに現代人に必要な癒し効果があるんです!


しかも呼吸法は、行う場所を選びませんし、特別な機材やお金を必要としません。

電車の中でも、トイレの中でも、デスクワークの最中でも、そして 今すぐにだって行えます!

良い呼吸(正しい呼吸法)のやり方

呼吸は意識をしなくてもできてしまいますし、自分の呼吸が浅いことに気付かないこともあります。


肩があがることなく、おなかを膨らませるように息を 足のほうへ向けて 深く吸うように意識しましょう。

肩で息を吸うのに比べてリラックスする感覚を味わえるはずです。

慣れていないと最初は分かりずらいと思いますが、何度も意識して深く呼吸していくことでコツをつかんできます。


一度、お腹いっぱいに息を吸って、ゆっくり息を全て吐きだすように意識してみましょう。

正しい呼吸法の習慣とは、言うなれば 普段から深呼吸で生活するようなものです。


本格的に呼吸法を磨きたいのであれば、ヨガスタジオに通ってみたり 鍼灸治療で呼吸を楽にしてもらう方法もあります。

忙しく休む時間の無い人も、寝る前のほんの少しの時間を使って、深くゆったりとした呼吸を意識してみてはいかがでしょうか?


皆様の生活がより良いものとなる手助けとなりましたら幸いです。