TOP >> DS速報 >>ディープステート >>

【3.11追悼】2011年フィギュア世界選手権モスクワの開会式で人工地震を示唆か? - フジテレビがカットした映像

DS速報10年前
ロシアから日本へ
贈られた「3.11」
更新日:

3.11追悼オープニングセレモニー in モスクワ

2011年3月11日「東日本大震災」が日本を襲った。

その年は 4年ぶりに東京でフィギュアスケートの国際大会が行われる予定だったという。しかし震災のため中止となった。


1か月後、ロシア(モスクワ)で代替大会が開催。オープニングセレモニーの中でロシアは、被災した日本への連帯と追悼の意を示してくれた。


しかし フジテレビはその部分をカットし、キムヨナ特集にすり替えて放送

そのため 3.11追悼オープニングセレモニー in モスクワは、日本人のほとんどが知らない「幻のセレモニー」となった。

東日本大震災の地震波形 - 人工地震を示唆?

セレモニー前半に映し出される映像は「東日本大地震の波形」。これは一体何を意図しているのだろうか。

上記映像の 0:23〜0:35あたり。日の丸と日本の国土、そして下記のような地震波が表示された。

2011年フィギュア世界選手権ロシア大会での地震波形


セレモニー映像を観た人々の間では「人工地震の波形では?」とも言われている。

※ 3.11東日本大震災が人工地震である可能性は 以前から指摘されてきた。有名な画像を掲載するので、真偽の程は皆さまで判断してほしい。

人工地震と自然地震の地震波の違い

日本に捧げる詩

セレモニー後半では「日本に捧げる詩」、復興を願う詩が読まれている。

当時、震災を経験した東北の人たちがこれを聞いていたら、どれほど勇気づけられただろうか。10年の時を経て、ロシアが贈ってくれた詩を以下に紹介する。

日本に捧げる詩

地球が痛みでうめき声をあげた

自然の強さに全世界がショックをうけた

あらゆるものを水は深海に流した

しかし、何があっても太陽は東から昇る

自然の暴力は光に勝てない

われわれの神様が 地球のあらゆる生命を守ってくれますように

桜が公園に咲き乱れますように

白樺がたくさんの芽を開かせますように

鳥が春の唄を歌えますように

旗が勝利の祝いで挙げられますように

子供も大人も友人も互いに手をとり合い

この地球上 我々はひとつの家族になっていることを忘れないで


最後に、未曽有の災害の中でも明るさを失わず、秩序ある行動とボランティアへの感謝を忘れなかった東北の人々。

彼ら・彼女らの行動こそ、日本人の真の強さであり、世界に感動を与えたことを忘れてはいけない。