<量子・波動・経絡・気功・祈り>の世界

目次

  1. 伝統医療でありながら最先端
    1. 見えないものを見える化する
    2. 治っていないものを治った気にさせる薬物
  2. それぞれの共通点と特徴
    1. 量子医学・波動療法
    2. 経絡治療
    3. 気功療法・祈り
    4. 共通点
  3. 病気が伝えようとするメッセージを考える
    1. 自分自身を愛する
    2. 身近な人の健康を気遣う

伝統医療でありながら最先端

  • 量子医学
  • 波動療法
  • 経絡治療
  • 気功療法
  • 祈り

非常に古い歴史を持ちながらも、淘汰されることなく受け継がれてきた伝統医療。

医療の本質は患者を減らすことでありながらも、現代医療の前に並ぶ行列は長くなるばかり。

患者は増え続け、医療費は上がり、医療制度の維持も困難な状況。

そんな中、盛んに研究され始めたのが、これらの伝統医療です。

見えないものを見える化する

見える人には見える「見えない世界」

誰もが認知できるよう、見えるカタチにして受け継がれてきました。

その多くは『皮膚』の変化として認識します。

  • 血色
  • 色素沈着
  • 吹き出物
  • 肌荒れ
  • 爪の変形
  • 凸凹  etc...

皮膚も例外なく臓器のひとつ。(定義としてではなく意義として)

見えない内臓から直接的に影響を受け、刻一刻と変化します。

淘汰されず残ってきた伝統医療は、この「見える化」された情報をもとに治療へと結びつけることに成功したものたちです。

治っていないものを治った気にさせる薬物

伝統医療は基本的に即効性がなく、治療効果を感じづらい。

それに対して薬物は症状を取り除くことに長けているため、治った気分になりやすいです。

症状が出ないのと病気が治るのは同じではありません。

それぞれの共通点と特徴

量子医学・波動療法

体の発する「周波数」を読み取り、歪み(病気)を観測。

音などの波を用いて治療を行う。

経絡治療

「脈診」や「舌診」などで身体の情報を読み取る。

鍼や灸などを用いてツボ刺激を行う。

気功療法・祈り

呼吸を整えて自己または他者と向き合う。

気功・祈り ともに動きを伴うものもある。

共通点

病気は排除するものではなく向き合うもの。

自分自身を愛し、他者を愛する「愛の医学」とも言えます。

病気が伝えようとするメッセージを考える

「病気」は悪者ではなく「私自身」

別物と捉え、薬や手術などで排除するのは現実逃避です。

ほとんどの病気は、生命維持機能の結果あらわれてくるもの。

例えば、高血圧というのは「血圧を上げなければ体が危ない!」という生命維持の結果です。

症状だけ取り除く現代医療の恐ろしさが垣間見れるでしょう。

自分自身を愛する

ストレスを放置していなかったか…

無茶しすぎたんじゃないか…

勢いにまかせて食べ過ぎじゃないか…

本当は嫌なのに取り繕っていなかったか…

自分の失敗を人に押し付けなかったか…

今現在、病気だろうがなかろうが、自分と向き合いましょう。

本心の願いに耳を傾け、目を背けず行動に移す。

心身ともに自分を愛するところが出発点です。

身近な人の健康を気遣う

殻にこもった時、ストレスを感じやすくなります。

自身の境遇に対するイラ立ちは外に向ければ誰かを助けるカギになるかもしれません。

人を気遣えない人は、気遣われる機会に恵まれません。

まずは自分から周りの人へ目を向けてみましょう。

誰もが少なからず悩んでいます。

おすすめの記事