人生の最期をどう迎えるか・どこで迎えるか

目次

  1. 「死」が日常生活から分離した
  2. あなたにとって大切なことは何ですか?
  3. 人生の最期をどこで迎えるか
  4. あなたの気持ちを一番理解してくれる人は誰ですか?

人は誰もが「死」というものを避けられません。

このような話をするとき、日本人は「縁起でもない」と言います。

しかし、「いかに死ぬか」を考えることは、「いかに生を全うするか」「いかに良く生きるか」を考えることです。

充実した人生をおくる

悔いのない人生にする

これは誠に縁起の良い話です。

「死」が日常生活から分離した

日本が現代のように先進国と呼ばれるようになる前は、自宅で息をひきとる人が8割以上でした。

今は逆転して、病院や施設で最期を迎える人が8割以上です。

医療サービスの充実によって簡単に救急車を呼ぶことができます。

それはとても良いことですよね?

しかし、それと同時に人生の最期を白い天井へと変えてしまいました。

あなたにとって大切なことは何ですか?

人生の最期は白い天井がいいんだ!

という方はこの先を読み進める必要はありません。

重要なことは、「あなたの人生において大切なこと」が何かを考えることです。

限られた時間であなたは何がしたいですか?

やりたいことを一つだけ選ぶとしたら何を選択しますか?

人生の最期をどこで迎えるか

あなたは最期の時をどこで過ごしたいですか?

  • 自宅
  • 病院
  • 施設
  • 想い出の場所
  • その他

なぜそこで最期を迎えたいですか?

そこで最期を迎えるためには、あなたの周りの人に 事前に伝えておかなければいけません。

なぜなら、あなたが倒れた・体調が急変したとき 救急車を呼ぶのは あなたでないことが多いからです。

もし最期を病院以外の場所を選んだなら、救急車を呼んではいけません。

あなたの願う場所で、願った通りに最期を迎えるのです。

あなたの気持ちを一番理解してくれる人は誰ですか?

あなたが意思表示できなくなった時、代理決定を任せられる人は誰ですか?

  • 配偶者
  • 子ども
  • 兄弟姉妹
  • 親戚
  • 友人
  • 誰もいない

あなたの願った通りに最期を迎えるためには、あなたの気持ちを一番理解してくれる人と あらかじめ話し合っておく必要があります。

たとえ書面上で意思表示していても、緊急時に書面の存在を誰も知らなければ何の意味もありません。

「人生で一番大切にしていること」

「どこで最期を迎えたいか」

などを話し合っておきましょう。

そのような話し合いを厚労省は「人生会議」と名付け、認知を広めようとしています。

人生会議をはじめるキッカケとなりましたら幸いです。

おすすめの記事