肩こり・腰痛の予防~きれいな姿勢が大切なわけ~

目次

  1. きれいな姿勢が大切なわけ
  2. きれいな姿勢をつくるために
  3. 肩こり・腰痛予防まとめ

肩こりや腰痛の原因は、ほとんどが普段の姿勢生活習慣によるものです。

きれいな姿勢を保つことで、多くの痛みは解決します。

きれいな姿勢が大切なわけ

正しい姿勢を保つためには、思っている以上に筋肉をつかいます

綺麗な姿勢を維持しようとすると疲れてしまいますよね。

猫背 や 腰を曲げて座る など、だらけた姿勢になりがち。そういった姿勢が負担となって体が痛みはじめます。

「筋肉をつかうと余計に痛むのでは?」

と思う人もいるかもしれませんが、動きが悪くなって痛むことがほとんどです。

座りっぱなし・立ちっぱなしなど、同じ姿勢を長く続けすぎるのも良くありません。

仕事で仕方ないという人がほとんどですが、お仕事中の姿勢を改善しつつ、トイレ休憩などを利用して 積極的にリフレッシュしましょう。

きれいな姿勢をつくるために

きれいな姿勢がどんな姿勢なのか、自分では分かりにくいですね。

お手本となる姿勢を写真などで見ても 自分の姿を確認することが難しいので、人に見てもらうのが一番。

姿勢を維持するためのサポーターなども たくさん販売されていますが、どうしても筋力が不足している場合などに用いるもので、筋力が回復したら使用をやめるのが基本。

あくまでもサポーターなしで姿勢を保てるようになることを目標に設定したうえで利用しましょう。

きれいな姿勢を保つためには多くの筋力が必要です。

逆に言えば、きれいな姿勢を保つだけでダイエットになるということです。

実際、下腹が気になっている方は 座っているときの姿勢が悪いことが多いです。

肩こり・腰痛予防まとめ

  1. 自分の姿勢を人に見てもらう
  2. きれいな姿勢を意識する
  3. 同じ姿勢を長く続けない
  4. サポーターのご利用は計画的に
  5. ぽっこりお腹にも効果的

どうしても良くならないような痛みがある場合、内臓になにか異変が起きている可能性も。

おかしいなと思ったら病院などでご相談ください。

お悩み解決の助けとなりましたら幸いです。

おすすめの記事