TOP >> マニアックなプログラミング
トリッキーコードネット トリッキーなコード

【トリッキーなコード】配列の添え字を1開始(1-base)にする裏技 (C言語)

C言語配列の添え字の始まりは0です。
つまり、配列の内容を先頭から順に表示する際は、以下の様に 0~(要素数未満)までの添え字をループで辿ります。

#include <stdio.h> int main(void) { int i; int iarr[] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9}; for (i = 0; i < 9; i++) { printf("%d ", iarr[i]); } return 0; }
0が基準(0が添え字の開始)になっている為、これを0-baseの配列といいます。 0-baseの配列は、プログラミングをする上では非常に便利な事が多いのですが、 時と場合によっては、現実世界の感覚で、配列の添え字を1始まり(1-base)にしたい時があるかもしれません。 そんな時に使える裏技が、以下のコード^^;)↓↓
int * array = &iarr[-1];
(本来0-baseの配列を、1-baseでアクセスする事ができます♪) 使い方)
#include <stdio.h> int main(void) { int i; int iarr[] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9}; int * array = &iarr[-1]; for (i = 1; i <= 9; i++) { printf("%d ", array[i]); } return 0; }
結果) C言語で配列の添え字が1始まり(1-base) はい、見事に配列の情報へ1-baseでアクセスできました~♪ ついでに、当たり前ですがC言語の規格違反の裏技の為、予期せぬバグが起こるかもしれませんのでご注意・・・。

運営中 Webサービスのお知らせ

全て、ダウンロード不要のブラウザゲーム(無料・会員登録不要)です。

仕事中の息抜きにいかがでしょうか?? ^^)

トリッキーコードネット の TOPへ HOTNEWS の 総合TOPへ