②違いを知る

男女の違い①―頼られたい男の「ウルトラマン思考」

みんなのヒーローでありたい―。

男性たちは皆、子どもから大人に至るまで、そうした“願望”を内に秘めています。

それはひとえに、認められたい誉められたい人から頼られたい―という思いの現れでしょう。

 

昨今、男がひ弱になったとか、草食系・絶食系が増えたなど、様々な言われ方がされていますが(汗)、男の“ホンネ”としては、やっぱり女性をリードしたいし、守ってあげたいし、彼女から頼りにされたいのです(!!)

実はこれこそ“男”の根本的欲求であって、この点を理解するだけで、夫婦関係は劇的・・に変わるでしょう。

 

さて、今回は“男女の違い”の第一の特性として、「頼られたい男・愛されたい女」をテーマに、まずは“男性側”の願望や思考方法から探っていきたいと思います。

 

今日のコンテンツ

★ ヒーローは強くなければならない!?
★ 役に立ちたい!! 頼られたい!!
★ 批判とダメ出しには弱い!?
★ 夫がウルトラマンであるには

 

ヒーローは強くなければならない!?

男性には“ヒーロー願望”があると言われます。“ウルトラマン願望”と言ってもいいでしょう。

幼い頃、ウルトラマンのように、世界を救う“ヒーローたち”に憧れ、「いつか自分もヒーローに…」といった願望を抱く訳です。

この時、少年たちにとってのヒーローの第一条件とは、何といっても“強さ”。“イケメン”である必要はありません。(苦笑)

 

こうした強さ(力)への憧れは、大人になっても変わらないでしょう。

それは何も、“身体的な強さ”(腕力・体力)だけを言っているのではありません。

学力、技術力、財力、権力…等々、他者より秀でた能力やスキルを言います

言わば、人にできないことができる―。それが男性のステータスとなる訳です。

 

男性たちが勝ち負けにこだわり、他者に勝ることを価値視するのも、それが男のステータスであり、“ヒーローの条件”であると信じているからでしょう。

逆に、勝ち目のない勝負極度に嫌う・・・・・のも、その“裏返し”に他なりません。

ウルトラヒーローは強くなければならず、勝者でなければならない~という訳です!!

 

女性の皆さん、是非、夫たちのそうした“ウルトラマン魂”(=男のプライド)を大事にしてあげてください(!!)

自信を無くしたウルトラマンは、“一日中、ゴロゴロしているだけ”になってしまうからです!!(汗)

  

役に立ちたい!! 頼られたい!!

ウルトラマンは正義の味方。彼らは他者にない“特別な能力”をもって、誰かの役に立ちたい(!!)と思っています。

それが男たちの飽くなき願望でしょう。

そうして人から頼られ感謝され称えられることを通して、彼らは「自分は役に立っている!」という実感を覚える訳です。

 

しかし―。だからこそ、ウルトラマンたちは “助けを求められた時”にしか現れません(!!)

悲劇的なことに、「そんなの、言われなくも気付いてよ~」という妻からの“暗黙のSOS”は、ウルトラマンには届かないのです(!!)

 

また、もし奥さんや子どもたちから“頼られること”も、“求められること”もされなくなったなら、ウルトラマンである夫は“自己の居場所”を見出せなくなるでしょう。「僕は“この星”には必要ないんじゃないか」…と。

夫のやる気と力を引き出し、家族のために“働かせよう”(!?)と思うなら、しっかり頼り、感謝し、称えましょう

 

妻から「あなたが頼りなのよ~」と言われれば、夫はどんなことでも・・・・・・・やるでしょう。

それこそ、皿も洗うし、ゴミ出しもやるし、地球の果てまででもお遣いに行ってくれるに違いありません…。(苦笑)

男にとってはどんなハードな労働よりも、“頼られないこと”のほうが苦痛なのです。

 

ウルトラマンには「自分が地球(家庭)の平和を守り、みんな(家族)の幸せを守っている!」という幸せな錯覚・・・・・(!?)が必要なのだ、ということを覚えておきましょう!!

  

批判とダメ出しには弱い!?

男性たちの“ウルトラマン思考”には、厄介な点もあります。

先に挙げたように、ウルトラヒーローは力(能力)がなければならないし、勝たなければならないし、何よりも、“正しくなければならない”のです。“正義・・の味方”なのですから。

 

テレビの中のウルトラマンたちは、怪獣と闘いながら、結構、ビルを破壊しています・・・・・・・。(汗) 

でも、だからといって、「アナタはこの星を壊しに来たわけ!?」とでも言われようものなら、彼らは“闘う気力”を失ってしまうでしょう。(汗)

それこそ、“光の国”に閉じこもって、出て来なくなってしまうかもしれません。(=ウルトラマンの引きこもり!?)

“役に立たない”どころか、“迷惑をかけている”となれば、“正義の味方(ヒーロー)失格”だからです!!

 

さて、奥さんたちが夫に頼み事やお願い事をした場合、彼らは決まって“ミス”を連発することでしょう(汗)。少なくとも、奥さんの“要望どおり”に応じてくれる可能性は“稀”であるに違いありません。

しかし、ウルトラマンは“批判に弱い”ということをお忘れなく。

極力、“批判とダメ出し”の代わりに、“感謝と要望”を伝えましょう。「今日はありがとう。でも、もっとこうしてくれたら嬉しかった…」という具合に。(苦笑)

 

さらに付け加えるなら、ウルトラマンの“カラータイマー”は3分しか・・・・持ちません (!!) 

何も「3分ごとに褒めてください~」とは言いませんが、夫たちの“カラータイマー”にエネルギーを補充し続けるのは、絶え間ない感謝と称賛、そして尊敬というエールなのだ、ということを心得ておきましょう。

 

夫がウルトラマンであるために

尊敬”と“愛情”のうち、あなたが配偶者から得たいのはどちらでしょうか?

多くの場合、妻が得たいのは“愛情”ですが、夫が得たいものは“尊敬”です。「えっ」と思われるかもしれませんが、夫は妻から「愛してるわ」と言われるよりも、「尊敬してるわ」「頼りにしてるわ」と言われたいのです(!!)

 

また、「無理をしないで…」と気遣われるよりも、自分のやっていることの価値(=すごさ)を分かって欲しい!!というのが夫のホンネ。

感謝や称賛、尊敬がエネルギー源だからです。

 

ジョン・グレイ博士は言います。女性は誰かに愛されて“存在価値”を実感し、男性は自分の力を誰かに必要とされて“存在価値”を覚える、と。

“見てみて~すごいだろ~!”と、母親を前に得意げになって、階段を飛び降り、塀を飛び越え、調子に乗っては滑って転んで大泣きする―。そんな男の子たちがそのまま大きくなったのが、あなたの横にいる夫だと思ってください。

もちろん、人生の幾多の苦い経験から、すでに闘いや競争に疲れ果てている、というケースもあるでしょう。

しかし、それでも尚、男性たちは皆、内心においては、自分がやっていることが“凄いこと”であり、それが世界を救い誰かを幸せにしているのだと、そう信じたいのです(!!)

 

もし彼の傍らに、自らの力と価値を認め、信頼し、尊敬し、称賛してくれる女性がいるとしたら、彼はその女性にぞっこんにならざるを得ないでしょう。

そんな彼女の存在が、“彼”をウルトラマンにするのです!!

  

まとめ

  • 男性には“ヒーロ願望(ウルトラマン願望)”があり、人にない特別の能力をもって、誰かの役に立ちたいという思いがある。
  • 男性は“頼られたい”存在。誰かに力を必要とされて存在価値を実感する。感謝や称賛、尊敬が男性のエネルギー源になる。
  • 妻は夫に対して“批判やダメ出し”の代わりに“感謝と要望”を伝えよう。男性は上手に立てて、称えて、頼りとすること。

 



☟共感された方は是非クリックを^^

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

 

-②違いを知る

Copyright© 葉桜誠の結婚ライフナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.