コミュニケーション(12話~)

[第13話] 夫婦円満の秘訣① 男は一途に投入しよう【前編】

夫婦円満の秘訣とは何か―。

一言で言うなら、それは“上手に与え、上手に受け取ること”にほかなりません。

男性は特に“与えること”(=投入)を、女性は特に“受け取ること”を心がける―、これに尽きます。

 

夫婦円満という時、皆さんはもう既にどこかで様々な情報に触れてきたことでしょう。

夫であれば―。愛情を言葉にすること、マメに連絡をとること、時にはお土産を買って帰ること、強圧的な態度を取らないこと…etc.

妻であれば―。夫を立てること、食事を美味しく作ること、家でも綺麗でいること、干渉し過ぎないこと…etc.

どれも大切なポイントですが、多くの夫婦が抱えるコミュニケーションの課題とは、実はもっと“根本的なところ”にあるのです。

 

キャチボールで言うなら、男性たちの問題は“投げないこと”にあり、女性たちの問題は“捕らないこと”にあります。

ピッチャー・キャッチャーに例えるなら、ミットを構えても投げ込まない夫と、投げても捕ってくれない妻―。スキル習得の前にセットアップが必要であるに違いありません。(汗)

実際、投げる気満々、捕る気満々といった“マインドセット”(心構え)さえできたなら、その後の応用はいくらでも効くのです!

 

という訳で―。

今回はまず、夫側を“ピッチャー”に見立て、“与えること・投入すること”というテーマで、マインドセットの話をしてみたいと思います。

これを通して、一人でも多くの殿方が“ピッチャーマウンド”に立つ気を興してくださることを願うばかりです。

 

今日のコンテンツ

★ 結婚が男にもたらす変化
★ 男が投入をやめてしまう理由
★ 簡単にストライクはとれない!?
★ 小さな愛情表現を大切に
★ 愛することに価値がある!

結婚が男にもたらす変化

恋愛や結婚は、男性に大きな変化をもたらします。

他者との競争に明け暮れ、自らの能力や存在価値を証明することに鎬(しのぎ)を削ってきた男性たちが初めて「誰かを愛したい・幸せにしたい」という自らの内なる欲求に気付くのです。

“与える喜び”、“誰かを幸せにする喜び”を知った男性たちは、自らの力と時間を投入し、なけなしの財布・・・・・・・の中身を投じて、彼女を喜ばせようとするでしょう。言わば“愛の投球”が始まる訳です。

そして、その“ボール”がしっかり相手に届いたからこそ、“結婚”というゴールに至ったのではないでしょうか?

 

彼女を追いかけ続けた狩人タイプの男性たちのみならず、奥手の男性たちにとっても、自分が投げたボールを“相手が受け止ってくれた!”という感激で、自己重要感のボルテージはMAXまで高まるでしょう。

それは言わば、”人生のピッチャーマウンド”に立つようなもの。大観衆の中で、声援を受けながら投球を始める―。それが新婚ホヤホヤの男性の心境であるに違いありません。

 

ところが…。試練と闘いの日々はここから始まります。

結婚後、男性側の“愛の投球”に対し、女性側での“ジャッジ”がやたらシビア・・・になり始めるのです。

“えっ、今のストライクじゃないの?”と内心、動揺を覚える皆さんのお気持ち、よ~く分かります(!!) ただ、それが投球練習(=恋愛)と試合本番(=結婚)との大きな違いなのです!

    

男が投入をやめてしまう理由

“結婚”とは人生の新たなステージを意味します。その変化にいち早く順応するのは女性のほうでしょう。

結婚が決まった瞬間から、挙式や住まい、出産や子育て、貯蓄や家族計画といった“将来の家庭”について思いを巡らせ始めるのです。

 

一方で、男性たちが見ている結婚は“恋愛の延長”。彼女とのロマンス以外は“アウトオブ眼中”であって、いきなり家のことや将来のことを言われても、正直、煩わしい・・・・(→意訳:気持ちがついていかない)のです(!!)

無論、彼女は以前と変わらず、彼を頼りとしている訳ですが、妻となった彼女の期待値、夫への要求レベルは確実に“1ランク”アップしています。

よく、結婚した男性が女性にサービスしなくなることを“釣った魚に餌をやらない”と例えられますが、もしかしたら、“餌をやらない”のではなく、もはやそれを“餌”(=愛)だとは認識してもらえなくなっているのかもしれません!!(汗)

 

例えば―。

時々悩みを聞いてあげていただけで満足していた彼女が、毎日将来の話に付き合ってくれないと不機嫌になり、月数回、食事を共にするだけで笑顔を見せてくれていた彼女が、毎日夕食までに帰宅しないとふくれっ面をするようになるのです。

「君のことを想っているよ」と言えば、「子どものことは?」となり、「今の君を愛してるよ」と言えば、「10年後は?」となる訳です(汗)

今々のことより、今後の家庭生活や遠く将来のことまで見据えたサービスが求められるようになるでしょう。

 

プレゼントも同じ。多少、無理をして購入したブランド品に飛び上がって喜んでいた彼女が、今や「ちょっとぉ、これいくら?生活費はどうすんのよー」という反応に変わります。

それこそ、「この、買ってくれる?」が、「この、買ってくれる?」に変わる訳です!!!(汗)

投球するのが恐ろしくなるのも無理もないでしょう。

 

加えて、“恋愛ホルモン”が効力を失っていくことで、彼女のジャッジは益々、厳しくなるばかり。

そもそも彼女がかつて“ストライク~”とジャッジしてくれていたのは、こちらの投球が本当に良かったからではなく、ただ“恋愛マジック”により、こちらのあらゆる悪送球・・・まで、何とな~くストライクに見えてしまっていた・・・・・・・・・のかもしれません。

 

さて、本題はここからです。

愛とは“与えること”であり、“投入すること”を意味します。本物の愛を育み、本当のストライクを取ることのできる投手になれるかどうかは、ここであなたが“投球をやめるか続けるか”にかかっているのです!

後編に続く)



☟共感された方は是非クリックを^^

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

 

-コミュニケーション(12話~)

Copyright© 葉桜誠の結婚ライフナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.