【自閉症と意思表示】「ビミョ~」な気持ち(笑)

昨日、お寿司屋さんで、興味深いことがありました。

(お寿司屋さんと言っても、回る方しか行きませんけどね、我が家は。

というか、最近、回るお寿司屋さんが十分美味しいと思いませんか?笑)

食べられるメニューが増えていく!

自閉症のけんは、偏食傾向があります。

お寿司屋さんでは何を食べるかと言うと、

最初は「牛カルビ」くらいしか食べませんでした。

「牛カルビ」「牛カルビ」「牛カルビ」「牛カルビ」、最後に「バニラアイス」!

親としては、「寿司屋なんだからさぁ、魚を食べようぜ、魚を~」と思うわけです。


そんなけんですが、学校と放デイで食事の指導を受けながら、

徐々に食べられるメニューが増えてきました。

次に食べられるようになったのは、「いくら」とか「とびこ」の魚卵系。

それからとびこをまぶした「ロール寿司」みたいなメニュー。

ロール寿司は中にアボカドとか玉子焼きも入っています。

「お、だいぶ食べられるようになったな。いいぞいいぞ」

さらにお姉ちゃんが好きな「サーモン」を食べさせてみると、これもヒット。


ちょっと困るのは、男子なのでだんだんと食欲旺盛になってきて、

放っておくとパパ・ママのお財布事情が。。。

そこで「納豆まき」の登場。これは100円で量が多い!笑

そんな訳で、「牛カルビ」「いくら」「とびこ」「ロール寿司」「サーモン」「納豆まき」

これくらい食べられたら、けっこう「普通の子」と変わらないかな~。どうでしょう?

メニュー選びと「No!」の意思表示

さて、ここから本題。

ご存知の通り、最近の回るお寿司屋さんは、タッチパネルでメニュー選択をしますよね。

ところで我が家のけんは、「選択する」ということに少し難しさがあります。

例えば好きなお菓子が二つあるとして、一つずつ

「こっち(A)がいい?」というと、Aを指さします。

次に「それともこっち(B)がいい?」というと、やっぱりBも指さしてしまいます。

「どっちかを選んで欲しいんだけどな~」

それでAとBを両方持って同時に見せると、Aを取って食べたりするのを見て、

「Aの方がより食べたかったんだな」

ということになります。


これがお寿司屋さんではどうなるかというと、タッチパネルです。

ここで困るのは、「AとBを同時に並べて けんに見せることができない」ことです。

パパがパネル上でAをタップして拡大して、「これ?」と訊くと

「Yes!」のジェスチャー。

次にBを拡大して「これ?」と訊いても

「Yes!」のジェスチャー。。。

けんの場合、あまり「No」の意思表示をしません。

表情で「大いに食べたい」「まぁ食べたい」かは伝わってきますけれども。

それに「絶対に食べたくないだろうな」というものは、あまり提示して来なかったこともあり、

お寿司屋さんで「No!」の意思表示をする姿を見たことはありませんでした。

(日常生活では内心にNo!が溜まりすぎて「No!No!No!No—-oooh!」な気分の時に「暴れる」ということはあります。「No!」が一個の時点で表現できれば良いのですが。。。)

「ビミョ~」笑

昨日のけんは食欲旺盛で、「牛カルビ」「サーモン」「ロール寿司」あたりを次から次へとバクバク。

パパとママは

「よし!ここらへんで、今日も『納豆まき』の登場だな!」

ということでタッチパネルを操作しました。

「納豆まき」が載っているページを開くと、「納豆まき」のすぐ下に「ロール寿司」

けんの目は「ロール寿司」に。パパの目は「納豆まき」に。

「けん、これ?」

とパパは「納豆まき」を指さしますが、けんはすぐ下の「ロール寿司」を見つめながら

指をさしながら「Yes!Yes!Yes!」のジェスチャー。

「多分、ちがうな」と何となく感じるパパは、「納豆まき」をタップして拡大し、

「けん、これ?」

と確認。

すると注目のけんのジェスチャーは、、、

「ビミョ~~~」

という表情で、ゆっくり首を傾げたのです・・・!笑

通訳すると、

「それも食べる時はあるし、嫌いじゃないんだけどさぁ、違うんだよなぁ~。分かるでしょパパ」(byけん)

これは初めて!!!

「好きなこと」から「表現」が始まる

けんの場合、初めての「指差し」も、自販機で好きなジュースを買う時でした。

お寿司屋さんで、食欲マックスの時だったからこそ、

今回の「ビミョ~」という表現が出たのだと思います。

それにしても、「納豆まき」の真下に「ロール寿司」のタッチパネル、ナイスでしたね~。

うまくけんの期待を裏切って、「ビミョ~」を引き出してくれました。

「No!」とか「ビミョ~」とか「ちょっと違う」とか、

そんな気持ちが けんの中にもあるのですが、

「表現」できないことが多いのです。

そうしたことから自閉症児はストレスが溜まりやすく、食欲で満たそうとして肥満になる傾向があると聞きます。

昨日のけんは「ビミョ~」という表情をすることで、自分の気持ちが親に伝わり

「希望通りに『ロール寿司』を注文してもらえた!」

という体験をしました。

これからも、色々な気持ちの「表現」を増やしてあげたいです。


☟「いいね!」と思ってくださる方は、クリックをお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です