車内泊(けんの家族旅行)

おはようございます。

皆さんは、車内泊での旅行をしたことはありますか?

我が家は数年前に一度、偶然にも車内泊することになり、それがきっかけで今回のGWも車内泊での旅行計画を立てました。

今日はけんのことというより、車内泊について。

数年前、家族で初めて車内泊

数年前、川崎に住んでいた頃、私たちは山梨の山中湖に向かってドライブをしていました。

途中、小田原の公園で子ども達(当時はまだ長女とけんの二人)を遊ばせてから、箱根の山を登って山中湖に向かう計画でしたが、

途中の道が予想外に混み、小田原の公園ですでに夕方を迎えていました。

箱根の山を登り、山中湖についたのですが、

すでに日没を過ぎて真っ暗。。。

パパ「あのね~、みんな。目の前に山中湖があるんだけどね~」

ママ「え?見えないじゃん」

・・・せっかく山梨まで来たのにもったいない。それで日帰りの予定を、車内泊の一泊二日に切り替えました。

コンビニで歯ブラシや大きめのタオル(子供の布団代わり)などを買い、車の後部座席を倒して、道の駅で就寝。

長女はこれがとても楽しかったらしく、

「クルマの中で泊まったよね!」

というのを、その後も何度も言っていました。

今回もやってみよう!

長女が車内泊が好きなこともあり、節約もあり(笑)、今回のGW旅行も車中泊に決定。

子どもが四人になった時に購入したワゴン車も、車内泊を意識して、後部座席を跳ね上げてフラットにできるものです。(「箱舟」的な車種ね~)

夕方前にスーパー銭湯に行った後、夕食を済ませ、

道の駅に移動し、

歯磨きなどは道の駅のトイレで。

(ちなみにスーパー銭湯は夜になるほど混むので、GWのような時は、夕方前に行く方がベターです)

寝袋を完全に開いて床に敷きつめ、

毛布をかぶって寝ます。毛布は人数分持っていきました。

寝る向きは、「クルマの前後に対して横」です。

赤ちゃんは寝かして助手席に移動させたチャイルドシートに。

他の5人はパパとママを端っこに、3人の子ども達をサンドウィッチ。

え?きつくないのかって?きついですけど、なにか?笑

子ども達は身体が柔らかいせいか、床が硬くて眠れないということはないようで、

けっこう朝までぐっすりでした。

けんはいつもと違う環境ではありますが熟睡。

赤ちゃんもいつも以上に熟睡で、夜間の授乳はなし。なんて親孝行♬

大人は床の硬さと身体を完全には伸ばせないので、何度か目が覚めます。

3:00amくらいに「ちょっと寒いな」と感じ、30分くらい暖房を入れました。

(車内泊は春か秋がおススメですね。夏と冬は暑さ寒さが厳しいので)

朝目覚めた時のパパの感覚は「ちょっと寝不足」くらいですかね。

ママは「寝るのはきつかったけど、楽しいからまたやってもいいかな」

長女は「今回の旅行はぜんぶ楽しかった!」

ホテルを使うより、車内泊の方が、子どもには楽しかったりするようです。

と言うわけで、

車内泊もけっこういい思い出になりますよ。

皆さんも機会があったらぜひ。


☟「いいね!」と思ってくださる方は、クリックをお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です