一歳児がしゃべり始めるように

牛丼屋で「無い」が言えた

ついこの前、牛丼屋に家族で行きました。

分かる人は分かるでしょうけれども、ソフトバンクのあれを利用。

(孫さん、ありがとう!ニコッ)

けんは、牛丼を食べる時は、お箸でなくスプーンで食べます。

指先がまだ器用でなく、お箸を持たせると間違った使い方をしてしまうので、間違って覚えるよりは良いということで、まだスプーン。

ところでその牛丼屋では、子ども用のスプーンが座席にはありませんでした。

けんはスプーンを探しましたが、ありません。

そこで私が「ないね。ない、ない」というと

けんが突然「ナイ、ナイ」とハッキリ言いました。👍

「ナ」「イ」という音はけんにも発音しやすい音で、難易度は低いと思いますが、このような場面で正しく使ったのは初めてだと思います。

「おー、今『無い』って言ったね!」

ハイタッチです。笑

他のお客さんが「何で?」ってなったかも。笑



一歩一歩、前進

牛丼屋でこんなやり取りをしながら、他の子ども達が、話し始めた頃を思い出しました。

1歳を過ぎる頃でしょうか。初めて「ママ」とか「パパ」と言い始める時がありますよね。

けんがひと言話すと、私たち夫婦は まるで1歳児が初めて発語した時のように喜びます。

普通の一歳児は その後 どんどん使える言葉が加速的に増加。そして新しい言葉を使っても、親はそれほど反応しなくなるはずです。

でも、けんの場合、1歳児が発語した喜びみたいな感じが、その後 何度も続いています。

「だっこ」「チョコ」「ちょーだい」「がっこう」「しー(静かに)」「め」「みみ」「はな」「くち」「て」「あし」・・・など。

これらを一個一個、じっくり、ゆっくり、覚えて行っています。

普通の子ほど「加速度的」ではなく、二週間に一語とかのペースを続けている感じでしょうか。

それでもここ半年間、けんの中でのペースは上がってきたと思います。

一歩一歩、一語一語。

もっとしゃべれたら、もっと言葉を理解できれば、新しい世界が開かれるはず。

言葉が増えると共に、けんの人生も前に進んでいくようです。



☟「いいね!」と思ってくださる方は、クリックをお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 障がい者のいる家族へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です