肩こり・頭痛・腰痛など、体の痛みはすべて歪みのせい?

目次

  1. 歪みは誰もが持っている
    1. 歪みがあっても症状があるとは限らない
    2. 骨格矯正をしても歪みをゼロにはできない
  2. 痛みの原因は一つではない
    1. 断言するセラピストは金儲け
    2. 歪みが原因の痛みもある
  3. 痛みだけ取ろうとするのは賢くない
    1. 内臓の不調を見逃さない

体の痛みを取ってもらおうと整体院・接骨院・整骨院に行くと「歪み」を指摘されることは少なくありません。

骨盤矯正・骨格矯正を専門でやっているところもあるくらいです。

あなたの痛み、本当に歪みが原因?

何でもかんでも歪みのせいにするセラピストに要注意。

歪みは誰もが持っている

Q.「全く歪んでいない人なんているの?」

A.「いません。」

個人差はあれど誰もが歪みを持っているものです。

歪みがあっても症状があるとは限らない

歪みがあるからといって何かしら痛みや症状があるとは限りません。

基本的には症状が無く日常生活をおくっています。

骨格矯正をしても歪みをゼロにはできない

骨盤矯正・骨格矯正などを続けて症状が軽くなっても、歪みがゼロになることはありません。

例えば、反り腰で腰痛を訴える方が骨格矯正を続けて腰痛が無くなっても、反り腰自体はほぼ変わりません。

『歪み≠(ノットイコール)痛み』

「あなたの症状は歪みからきています」というのは結果的に間違っていると分かります。

痛みの原因は一つではない

「肩が痛い」ひとつとっても、原因は一つではありません。

一発で取れる痛みもあれば、ずるずる引きずる痛みもある。

同じ「肩」でも場所はそれぞれ。

断言するセラピストは金儲け

「歪みが原因です」と断言するようなセラピストがいるかどうか分かりませんが、もしいたら勉強不足かお金儲けのセールストークでしょう。

たとえ歪みからきているものだとしても、原因は一つではありません。

歪みが原因の痛みもある

痛みの原因が歪みであれば、お互いラッキー。

笑顔で回数券の購入にすすむことができます。

痛みだけ取ろうとするのは賢くない

どんな治療を受けるにしても、痛みを取ってもらおうという姿勢は賢くありません。

『痛みが取れた≠(ノットイコール)治った』

「なんでこんな痛みがでるんだろう?」と自分でも考えることが大切です。

その一つに「歪み」があり、同じ痛みに悩まされない体づくりに繋がっています。

内臓の不調を見逃さない

痛みを引き起こす大きな原因として内臓の不調があげられます。

特に見逃されやすい不調

表面上で痛みを取ってしまうと、なおさら分からない。

『痛みが取れた≠(ノットイコール)治った』

痛みだけを取ろうとすれば、重大な問題を引き起こしかねません。

柔道整復師や鍼灸師というのは、それらを判断するための『国家資格者』ですが、施術を受ける側も賢くならなければいけません。

今は患者が医師を選ぶ時代です。

おすすめの記事