せいえき

精液の出しすぎは老化を早める!不妊症の原因にも

「精液の出し過ぎは老化を早める」

 

東洋医学では

中国最古の医学書である「黄帝内経」から言われていることであり、健康な生活(養生)をするうえで「精」の管理が最も重要であるとされてきました。

 

西洋医学でも

精液を出さないことによる健康被害は無いと明らかになっており、むしろ出し過ぎによる健康被害や 精子の変異が起こると言われているのが事実です。

精液を出さないと体に悪いという誤解

精液だけでなく、血液など体を巡る物質は 常に古くなったものを分解して、新しいものをつくり出しています。

また古くなったものの ほとんどが再利用されるため、排出されず体内で生まれ変わります。

 

むしろそれらが排出されてしまうと 新しい材料を調達する必要があり、その為の栄養とエネルギーが余分に消費されることになります。

東洋医学には健康を害する原因として 最古から「房事過多」という言葉があります。「過剰な性生活」「セックスのやりすぎ」を意味しています。

「オナニーのやりすぎ」なども当てはまるでしょう。

 

この「房事過多」が老化を早める最大の原因であり、それは西洋医学でも証明されつつあります。

 

健康を害する精液の過剰な放出

性交渉の際、精子が受精へと向かうためにも 大きなエネルギーが必要です。

そのため、精液には精子以外にも 栄養やホルモンなどが含まれていて、精子のエネルギー源となっています。

 

これは体にとって必要なものでもあり、これを放出するだけで体内バランスは大きく崩れます。

オナニーをしすぎると髪が薄くなると言われるのはこのため。

体内にめぐる栄養は生命維持に必要な内臓で優先的に使われます。髪の毛にも栄養は必要ですが、足りなければ後回しとなってしまいますね。

 

また 精子は形ができあがった後、最終段階の成長のため 一週間程度の保存期間が必要です。

毎日のように頻繁に精液を出していたら、保存期間を全うしないまま無理やり出してしまわなければ製造が追いつきません。

 

そうしていくうちに、精液の質は悪くなり、体のエネルギーも失われ、老化が加速、さらに不妊症のリスクまで高くなってしまうのです。

 

俗に言う「オナ禁健康法」は理にかなっていると言えます。

やりすぎによる不妊症のリスク

やりすぎ・出しすぎは 精液の質だけでなく、精子の形も不安定にさせると言われています。

 

上記で取り上げたように、精液を正しく管理しなければ良い精子がつくれません。

栄養分が乏しく、形も悪ければ卵子まで たどり着くことが困難になります。

 

未熟な精子を無理やり出すような生活をつづけて 良いことなんてありません。

 

ちなみに、精子は熱にとても弱いので 内臓からの熱を避けるため、外にぶら下がった状態になっているわけですが、

ボクサーパンツのような締め付けるタイプの下着をはいていると 熱の影響を受けやすくなり、うまく成長できない可能性もあります。

 

下着で蒸れるような人はとくに要注意です。

なるべくゆとりのある下着に変えることをお勧めします。

 

現代人は、こういった様々な影響を受けながら 知らない間に不妊症への道を突き進んでいます。

健康な生活を送り健康な赤ちゃんを産むために

健康な生活・健康な赤ちゃんを望まれている方はとくに、性生活にも気をつけなければいけません。

 

男性・女性ともに、赤ちゃんをつくる前に自分たちが健康な身体づくりをする必要があります。

親の生活習慣が、赤ちゃんにそのまま影響を及ぼすと言っても過言ではありません。

 

本来の性には「避妊」という概念が無い

セックスは繁殖行為であり、避妊は自然界に存在しません。

 

「子供をたくさんつくっている人は性欲が強い」なんていうイメージを持つ人もいるかもしれませんが、

少なくとも妊娠中の約10ヶ月間はセックスしないわけですから、避妊してセックスを楽しんでいる人に比べて セックスの回数は圧倒的に少なくなります。

 

女性は

人生で体験する月経回数が少ないほうが元気に長生きできます。

月経の際、血とともに多くの栄養を失うのはもちろん、

妊娠経験が少ないほどエストロゲン(女性ホルモン)により子宮体癌・乳癌のリスクが高まります。

子供をたくさん産んだおばあちゃんは人格・肉体ともに力強い人が多いですよね。

 

男性は

上記で述べたように、精液の放出が少ないほうが元気に長生きできます。

精液の質にも影響するので、妊活前に禁欲期間をもうけると良いでしょう。

女性が妊娠すればセックスの回数は自然と減少します。

 

おわりに

部屋にこもってセックスやオナニーばかりしていては、願うものも願いで終わります。

 

大自然の中で体を動かし きれいな空気を深く吸い込めば、性生活では感じることのできない特別な気持ちよさを実感できるでしょう。

 

皆様のより良い性生活、健康な生活を送る手助けとなりましたら幸いです。

この記事を読んだ人に読まれている記事