TOP >> 社会情勢・世界のニュース >> 旅行・観光

1964東京選手村では「結婚式」平昌・リオではトラブル多発【選手村で起こった事】

1964東京選手村では「結婚式」平昌・リオではトラブル多発【選手村で起こった事】

オリンピック選手村での結婚式やトラブル(ハプニング)事例などを、本稿ではご紹介していく。

五輪関連の豆知識を入れておくことで、オリンピックがさらに楽しくなると期待したい。


さて、東京オリンピック・パラリンピック2020を目前に控え、東京湾近郊では「晴海選手村」が建設中だ。

アスリートたちにとって「選手村」は、オリンピック開催期間中 お世話になる「拠点」であり「別荘」。日本へ初めて訪れる海外選手にとっては、「選手村 = 日本のイメージ」といっても過言ではない。それほど重要な施設だ。


しかし、過去には五輪選手村においてトラブルが発生し、競技以上に話題となったこともある。

そうした過去の失敗事例から謙虚に学び、ぜひ 東京オリンピック2020では、世界中のアスリートたちへ 最高の「おもてなし」をしてもらいたい。一人の日本人として、筆者は強く願っている。


1964東京五輪の選手村で行われた「結婚式」

選手村珍事件といえば、1964年東京オリンピック選手村での「結婚式」は外せない。

式を挙げたのは、ブルガリア代表のニコライ・プロダノフさん、ディアナさん夫妻だ。お二人は今もブルガリア首都ソフィアで幸せに暮らしている。

1964年東京オリンピック選手村での結婚式出典:The Japan times

この結婚式は、オリンピック史上初の出来事。もちろん当時 世界中で大ニュースになった。

二人のことを知った日本のオリンピック組織委員会は、ブルガリアの担当者と秘密裏にウェディングケーキを準備したという。

突然のことに選手村スタッフも驚いたが、快く引き受けたそうだ。当時の選手村村長、東京都職員の小松藤吉氏も立ち会ったという。


結婚式は日本の伝統的な挙式スタイルである「神前式」で行われ、世界で最も有名なアスリート達が立ち会った。ディアナさん曰く「夢のような結婚式だった」とか。

新婚旅行で訪れた京都では、小さな子供から「おめでとう」と声をかけられたそう。ディアナさんは、それを今でも大切な思い出として覚えているという。

オリンピック結婚式から感じること

当時はまだ東西冷戦時代。人類が本気で核戦争に怯えていた時代だ。そして、ブルガリアはソ連の衛星国だった。

東側(社会主義陣営)から来た二人が、西側(民主主義陣営)に属する日本の地で 世界中の人々から祝福される。

これこそ「平和の祭典 オリンピック」の醍醐味ではないだろうか。

兄弟※ 写真はイメージ

当時の各国首脳陣たちが忘れかけていた大切な「何か」を、東京代々木の選手村は教えてくれた。この世界にも、未だ「人情」は生きている。

筆者は思う、「私たちは One Family。同じ "地球" という家に住む家族」なのだと。

過去 選手村で起きたトラブル

選手村で起きた「トラブル」についても振り返ってみたい。

「タブー」なのであまり選手たちは口に出さないが、選手村の居住空間は 伝統的(?)に不便で、食事も美味しくないことが多いそうだ。

さらに、毎度ニュースになるのが「粗悪な建物」。平昌五輪とリオ五輪でも 建物に関する「トラブル」が相次いだため、記憶に残っている方も多いだろう。


平昌オリンピック選手村でのトラブル

  • 極寒にもかかわらず暖房が故障
  • 部屋には工事の粉塵が残っていた
  • 周辺ではノロウイルスが大流行(その中で各国要人を開会式にお迎えする事態に)

ただし、高梨沙羅選手(スキージャンプ銅メダリスト)によると、日本食ブースは無かったものの、韓国食は美味しかったのだとか…。

リオデジャネイロ・オリンピック選手村でのトラブル

  • 部屋の水漏れ & 配線コードがむき出し
  • オーストリア選手団が入村をボイコット
  • トイレの故障

福原愛選手(卓球)に至っては、故障したトイレを自力で修復したという伝説が誕生。

そ、それはそれですごいぜ 大和なでしこ!


・・・さて、過去にトラブル続きの「オリンピック選手村」だが、次はいよいよ東京の番。

日本のおもてなしクオリティは世界一。国民の多くはそう信じている。組織委員会、工事受注企業、職人、ボランティアスタッフの皆さんの 情熱に期待したい。