違いを知る(4話~)

[第8話] 夫婦間における最大の違いは男女の違いだった!?

男女の違い―。本当の意味でそれを実感するのは、結婚して夫婦になってからなのかもしれません。

以前、とある国際カップルがこんなことを言っていました。

「振り返ってみると、私たち夫婦の一番の違いは、言語の違いでも、文化の違いでもなく、男女の違いでした」…。

 

これまで数回にわたり、性格の違いから価値観の違いに至るまで、結婚生活において経験する諸々の違いを見てきました。

が、夫婦間における最大の違いは、実は“男女の違い”なのかもしれません。

『なぜ男と女は四年で嫌になるのか』という本があります。カウンセラー兼、医学博士である著者、姫野友美さんがそこに記した冒頭の言葉がこれです。
「それは男と女だから・・・・・・だ」…(汗)

 

男女の違い―。これを理解できたなら、パートナーに対する“謎”の数々が解けるに違いありせん。

詳細については次回以降、順に見ていきたいと思いますが、今回はまず「男女は違う!!」というシンプルな事実に目を向けてみたいと思います。

 

今日のコンテンツ

★ ダーリンは宇宙人!?
★ 男女の違い あるある
★ 男女の特性は狩猟時代の名残?
★ 男女の脳に違いがある?
★ 男女は違う…ただ違う
★ 男女は違うから貴い!

ダーリンは宇宙人!?

「私の夫、宇宙人・・・なんですよねー」。奥様方から何度か聞いた言葉です。(汗) 翻訳するなら、「夫の考え方や行動パターンが極めて不可解…」というお話。

でも、それは案外、“旦那さんたちのせい”ではないのかもしれません。

アメリカの著名な心理学者、ジョン・グレイ博士は、その代表作、『ベストパートナーになるために』の中でこう述べています。「そもそも男は火星人、女は金星人だった」

要するに、男女の出会いとは“宇宙人・・・宇宙人・・・の遭遇”(!!)なのです。 相手が不可解に思えるのは当然なのでしょう。

相手の言動に、「え?うそ?なんで?」と眉間にしわを寄せているのは、旦那さんたちも同じなのかもしれません。

 

結婚前、二人の“異星人”にとって、互いの違いや未知の領域は一種の“魅力”でもありました。

ところが、地上で一緒に生活しているうちに、男女は互いが“異星人”であることを忘れ、相手に“自分と同じ性質”を求め、ぶつかり合うようになってしまった―という訳です。

男女が「互いの違いを理解する」には長い時間を要するでしょう。しかし、「互いが違うと理解する」のはすぐにでも可能です。違うという事実を受け入れるだけで済むのですから。

 

男女の違い あるある

生活習慣の違い、関心分野の違い、価値観の違い…。これまで様々な違いを見てきましたが、実は男女の違いはこうした“諸々の違いを生み出す要因”にもなっています。

分かり易く言うなら、こ~んな感じです↓ ※あくまで“傾向”の話ですが、よく言われてきた事例です。

<生活習慣の違い>
男性:理屈で動く、結論しか言わない…etc.
女性:感情・直感で動く、経緯を延々と話す…etc.

男性:一つのことに集中する、ストレスが溜まると黙りこくる…etc.
女性:同時にいろいろとこなす、ストレスが溜まるとしゃべりまくる…etc.

<関心分野の違い>
男性:モノや機械、車・ゲーム…etc.
女性:人とのつながり、家・住まい…etc.

男性:自分の趣味と人生哲学、将来の夢と男のロマン…etc.
女性:人の噂話と人間関係、生活情報と今月の生活費…etc.

<価値観の違い>
男性:強くありたい、人の上に立ちたい、世界を変えたい、競争・勝利・成長が大事…etc.

女性:美しくありたい、周りから注目されたい、幸せになりたい、協力・調和・安定が大事…etc.

男性:妻から「頼りになるわ」と言われたい、結果を誉めてもらいたい…etc.

女性:夫から「愛しているよ」と言われたい、苦労を分かってもらいたい…etc.

 

無論、全ての人にこれがそのまま当てはまるとは思いません。

しかし、例えば、“日本人の特徴”を知ることが(全てがそのまま当てはまらなくとも)日本人を理解するのに役立つように、男女の傾向を知ることは、結婚相手を理解するのに役立つでしょう。

少なくとも、あなたのパートナーが“宇宙人”ではあれ、“ごく平均的・・・な宇宙人”(!?)であることに気付けるのではないでしょうか?

  

男女の特性は狩猟時代の名残?

さて、男女の特性と傾向の違い…、一体、どこから来るのでしょうか?

男女の違いを論じる走りとなった書、『話が聞けない男、地図が読めない女』の中で、著者のアラン&バーバラ・ピーズ夫妻は、男女の違いを「狩猟採集時代」(300万年前~1万年前)まで遡って説明しています。

最初に読んだ時、「え?何?いつの時代?」と思わず、ツッコミたくなりましたが、一言で言うなら、長きにわたる過去の生き方の違いが、男女の脳の発達や特性に深い影響を及ぼしてきた、という話です。

 

例えば、上述したように、男性がモノに関心をもち、勝敗にこだわり、一つの目標を追いかけ、壮大な物語に惹かれる傾向をもつのも、言わば、男たちが皆かつて、遠方に目を向け、壮大なフィールドを駆け巡り、獲物(ターゲット)を追いかけてきたことの名残である、とのこと。

また同様に、女性が人とのつながりを大事にし、感情を汲み取ることに長け、周囲との和を尊び、生活の細かなところに目が向くのも、女性たちが周囲と円満な関係を築いて共同体を成し、日々の生活を営んできた、長きにわたる習性によるものだといいます。

 

数百万年続いてきた生き方が男女の特性の違いを生んだ―。そう考えてみると、相手が自分と異なる感覚をもっていることにも“寛容”になれるのではないでしょうか? 

もし奥さんが日々、あなたの些細な欠点を細かく指摘してくるとしたら、それは恐らく “300万年間続いてきた習性のせい”であり、もし旦那さんがあなたの話をじっと座って聞き続けられないとしたら、それもきっと“狩猟時代のせい”なのでしょう(!!)

 

男女の脳に違いがある?

また、35万部を突破したヒット作、『妻のトリセツ』『夫のトリセツ』を著した黒川伊保子さんは、脳研究者として、男女の特性の違いを“脳科学”及び“生殖本能”の違いから説明しています。

曰く、脳の構造そのものは男女共に“全機能搭載”であって、男女間に大きな差異が見られる訳ではないが、「脳のチューニングが異なる」(=使用部位が違う)とのこと。

ラジオで例えるなら、ニュース番組であれ、音楽番組であれ、どの周波数にチューニングするかによって聞こえる内容は変わってきます。

同じように、脳も普段どのようにチューニングされているかによって、「目標を追いかける脳」にもなれば、「コミュニケーションを結ぶ脳」にもなる、という訳です。

 

縄張りを守り、群れを守るべきオスたちの脳が主に、外界の危険を素早く察知し、問題解決(目標達成)を急ぐようにチューニングされているとすれば、子を産み、守り育てるメスたちの脳は主に、子どもたちの快不快を察し、成長のプロセスを根気よく見守っていけるようにチューニングされているのだと言います。

こうした違いから、上述したように、夫は妻の気持ちを汲み取る前から「で、結論は何?」と急かせて妻の感情を逆なでし、妻は妻で、感情を察することが苦手な夫を相手に、「言わずに察してよ~」と無理な要求を抱いては不満を募らせる―と、そんなズレが生じてしまうのでしょう(!!)

 

また黒川さん曰く、哺乳類のメスは生殖リスクが高い分、優秀な種を残すためにも「オスを厳選しよう」という意識が強く(=男を見る目が厳しい!)、ひと度、子をもったメスの母性本能は全力で子孫を保護することに向けられるため、オスに対しては子どもと群れを守るために「速やかに全能力を提供せよ」(=やっぱり夫には厳しい!!)という本能に駆られるんだそうです。 (汗)

  

男女は違う……ただ違う

さて、私は脳科学者でも生物学者でもありませんが、これまで多くの相談に応じながら、男女間には傾向や特性の違いがあること、そしてそれが大きな誤解や行き違いを生んでいることを目の当たりにしてきました。

無論、男女の違いにも“個人差”はありますし、全てをステレオタイプで捉える必要などないでしょう。

ただ、それでも、男女の特性の違いを知っているのと知らないのとでは、夫婦間のコミュニケーションに雲泥の差が生まれるのです。

具体的な解説は次に回すとして、まずは「男女は違う!!」ということのみ“肝に銘じて”おきましょう。

夫婦間・男女間の誤解や葛藤は、互いが“異星人”であることを忘れてしまうことから生じるからです!!

 

男女は違うから貴い!

最後に―。そもそも男女の違いを述べること自体に反発を覚える方々もおられるでしょう。

それは、過去の偏った価値観(男尊女卑、性別役割分業…etc.)に対する反発なのかもしれませんし、男女という枠組みが一人一人の個性や性的マイノリティーの抑圧につながると思われるからなのかもしれません。

ただ、私は素朴に思います。

家庭には男性性・女性性の両方が必要であって、家庭が円満に回る秘訣は、男女の違いを“否定すること”ではなく、その違いを“尊重し合うこと”にあるのだ、と。そうではないでしょうか? 

下記は私のイメージです。

男性性・女性性の前に大切なものは“人間性”です。過去、男尊女卑の思想は、一方の性をその人間性まで疎外してきました。それには断固、反対します。

しかし、その一方で“個性”を尊重するあまり、私たちは“男性性・女性性”の尊さを見失ってはいないでしょうか?

無論、性別によって“個の表現”が否定されたり、一方的なジェンダーロールが押し付けられていいとは思いません。

しかし、男女の特性の違いとは、単に社会が押し付けたものなどではなく、男女が互いの中に求める特性・・・・・・・・・・・・・だと思うのです。

だからこそ、男女平等を謳う現代においても、婚活の現場では“男性らしさ・女性らしさ”が強調されているのではないでしょうか?

男性が男性らしさを、女性が女性らしさを求め、互いがその違いを尊重し大切にする―。

それが、男女が共に幸せになる方法であり、夫婦円満に至る道だと思うのです。

 

ピーズ夫妻はこう言います。「男女は違う。どちらが優れている、劣っているということではなく、ただ違う・・・・のだ。」 

私はこの言葉に次のように付け加えたいと思います。

男女は違うからこそ価値があり、互いにかけがえのない存在になる

夫婦は互いの違いに直面する度に戸惑い、葛藤を経験します。でも、その違いにこそ、二人が人生を共にしている理由があるのではないでしょうか?

 

まとめ

  • 男女の違いは長きにわたる人類の発達過程に端を発するものであり、他の諸々の違いを生み出す要因にもなり得る。
  • 大切なことは「互いが違う」と知ることであり、この事実を忘れてしまうことから葛藤が生じる。(違いの捉え方)
  • 男女は違うからこそかけがえのない価値があり、違いを尊重し合うところに男女の等しい価値がある。(共通項の発見)



☟共感された方は是非クリックを^^

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

 

-違いを知る(4話~)

Copyright© 葉桜誠の結婚ライフナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.