歩け、歩け。



「歩行訓練」

我が家のけんは、小学二年生の年齢にしては、体力があると思います。

というのも、放デイではほとんど毎回、「歩行訓練」をして下さっているからです。

平均して3kmくらい。(時間にして 1時間くらい)

小学二年生にしては、まぁまぁ長いですよね。

でもお陰様で けんは体力バリバリ

ちょっとした山の中を散策しても、私が置いて行かれるほどのスピードで進んでいきます。

歩行の効果

放デイに通い始めた頃は「歩行訓練」と言われてもピンときませんでした。

でもよく運動することで脳への血流が増し、意識が明確になるのだとか。

運動直後に子ども達に課題をやらせると、集中力が全く違うそうです。

またよく運動して発散していると、家に帰ってきても機嫌がよく、夜もすぐに寝てくれます。

「耐力・たいりょく」

療育という観点以外でも、「辛くても頑張る根性」とか「克己心」とか、そういう部分が身につくように思います。

放デイの先生は「耐力」とおっしゃっていました。

あと、普通に体力がつけば「疲れて機嫌が悪い」ということも減ってきますよね。

と、いうことで 「歩行訓練」 ありがたし。

これからの けんの人生は、普通の人と同様、あるいはそれ以上に乗り越えていくことが盛りだくさん。

「周囲の理解と優しさ」も必要ですが、「本人の強さと自立度」も高めてあげたいものです。



☟「いいね!」と思ってくださる方は、クリックをお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 障がい者のいる家族へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です