掻いてほしい・・・!

おはようございます。

けんは時々、パパやママの手を引っ張って、背中やお腹を掻いてくれと要求してくる時があります。

掻いてあげると、気持ちよさそう。

さらに、「脚を掻いてくれ」「腕を掻いてくれ」と要求してきますが、

ハッキリ言って、

「そこは自分で掻け!」

と言いたくなる時もあります。

実際「自分で(掻きなさい)」と言うと、仕方なく自分でやっています。

なぜ掻いてほしいのか?

私は元々、けんが「掻いてくれ」と言ってくるのは、

痒いのだろうと思っていました。

しかしそうではなく、自閉症児は自分の身体感覚が正常と異なるため、身体を刺激されると気持ちが良いのだそうです。

東田直樹さんは『自閉症の僕が跳びはねる理由』の中で以下のように書いています。

体操をしていると、先生から『肘を伸ばして』とか『膝を曲げて』と注意されます。

手足がいつもどうなっているのかが、僕にはよく分かりません。

僕にとっては、手も足もどこから付いているのか、どうやったら自分の思い通りに動くのか、まるで人魚の足のように実感のないものなのです。

自閉症の子供が、人の手を使って物を取ろうとするのも、距離感が分かっていないために、自分の手ではどれ位伸ばせばそれに届くのか、どうやればつかめるのかが、分からないからだと思います。実際に何度も経験すればできるようになります。

しかし、いまだに僕は人の足を踏んでも分からないし、人を押しのけても分かりません。触覚にも問題があるのかも知れません。

東田直樹さんの「自閉症」と、けんの「非定型自閉症候群」は少し違うものだと私は思いますが、けんも実際、自分の身体の感覚が正常でないのは事実だと思います。

だから実際、けんはイライラした時に手のひらや腕をマッサージして刺激を入れてあげると、落ち着きを取り戻すことがあります。


掻いて欲しすぎて・・・笑

けんはスキンシップをする時、パパの「あごひげ」のジョリジョリをしつこく触ることがあります。

パパの髭が伸びている時は、いつもより刺激が強くて気持ちが良いのでしょう。

家族以外には、そこまで濃厚なスキンシップはあまりしないのですが、

家にお客さんが来てしばらくくつろいでいると

「この人はいけるな」(ニヤリ)

と思うのか、スキンシップをしに行ってしまうことがあります。

ある日、私の弟(けんのおじさん)が家に遊びに来ていた時、

けんはおじさんのあごひげ(パパより伸びてる)に注目しました。

そして何を思ったか、自分のシャツをまくり上げ

おじさんのあごでお腹をジョリジョリ~!

「あ~気持ちいい~!」

って、おい!!

一応お客さんですが、パパの弟でまだ良かったです。。。

常識と非常識はまだまだ分かっていないので、

時々、面白いことが起こってしまいます。。。笑


☟「いいね!」と思ってくださる方は、クリックをお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です