けんの首

おはようございます。台風が過ぎていき、今日から晴れのようです。

今日の話題は、けんの首についてです。

前回も少し書きましたが、けんは首の後ろの付け根あたりをマッサージすると、とてもくすぐったがります。

放デイの先生によると、これは多くの自閉症児に共通の傾向だそうです。

しかしどうしてそうなのかは まだまだ謎であり、自閉症という障害の解明が進まなければならない部分だと思います。

首といえば、「のど」も首の一部ですが、のどは、発声・発語に深く関わる機関です。

私たちはのどの力を微妙に調節しながらしゃべったり歌ったりしていますが、

けんはその調節が器用にできないようです。

だから妙に甲高い声になってみたり、のどに力が入らなくてしゃべるのが億劫だったりするのではないでしょうか。

それでも最近は気分によって「ハッピーバースデー」とか「チューリップ」の歌を歌うようになってきました。(歌詞の発音はイマイチですが、音程は取れてます)

歌うこと、しゃべること・・・。

ごく普通のことですが、良く考えてみると、生きていく上で基本的な意思疎通や問題解決をしたり、楽しみを感じたりするのに欠かせないものです。

できるだけ、けんの「生きづらさ」を解決していけたらと思います。


☟「いいね!」と思ってくださる方は、クリックをお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です